毎日愛用中。愛着を持って使える汁椀

投稿日: カテゴリー 暮らしをみがく日々

プロキッチン 加藤です。

日に日に寒さが厳しくなり、
温かい汁物が冷えた身体に染みわたる季節に
なってきましたね。

我が家でも、毎日何かしらの汁物が
食卓に並びます。

愛用している汁椀は、こちらのめいぼく椀
meiboku_0.jpg
主人はけやき、わたしはさくら
サイズはふたりとも中を使っています。

もともと我が家では、陶器のスープボウルを
汁椀として使っていました。
和食器を思わせる質感のころんとした形で
わたしは気に入っていたのですが、
主人からは飲み口が厚く、
ややつぼまっているせいで飲みにくいと
ブーイングが。
しかも陶器なので汁物を入れた際に
中の熱が伝わり、持つ手が熱く感じるのも
お気に召さないとのことでした・・・。

汁椀は毎日使うものなので、
お互いに気に入ったものを使おうと
買い替えを決めました。

主人のポイントは

・飲み口がよいこと
・持っていて手が熱くならないこと

わたしのポイントは

・持った感じが手にしっくり馴染むこと
・お味噌汁にもスープにも使えること

わたしたちのこの4つのポイントを
満たしてくれる汁椀は何だろう?と
悩みに悩んだ末に辿りついたのが
このめいぼく椀でした。

職人さんが丁寧にろくろ木挽きで
形づくっているため、口当たりはソフト。
持った感じもすべすべした質感で
手に良く馴染みます。

毎日のお味噌汁はもちろん
meiboku_4.jpg

容量400mlとたっぷりサイズなので
お茶漬け椀としても使うことも。

meiboku_3.jpg

ぽってりとしたフォルムは可愛らしい
だけでなく、厚みがあるので持った時に
手に熱さが伝わりにくいのです。
meiboku_2.jpg

お鍋が多くなるこれからの季節には
とんすいとして使うのもよさそうだな、
と思っています。

風合いを感じる穏やかな木目は
ポタージュなどの洋風のスープを
入れてもしっくりきますね。
meiboku_1.jpg

わたしと主人、お互いの大事にしたい
ポイントを満たしてくれる器なので
ふたりで愛着を持って使うことが
できています。

みなさんの大事にしたいポイントは
何でしょう?
ぜひ考えてみて、納得のいく物選びを
されてくださいね。

プロキッチンではこちらのめいぼく椀
他にも、さまざまな汁椀を扱っていますよ。

我戸幹男商店 MATEVARI
g1254-3283_3.jpg

人気のMATEVARI 楓 椀 plain
久しぶりにまとまった数量が再入荷に。
家族分揃えたい方は在庫が潤沢なうちにどうぞ。

我戸幹男商店 欅 スープボウル 羽反
g3124_3.jpg

デザインのアクセントになっている
外側に反った口元を”羽反”と言います。
口をあてた時に優しくフィットし
飲みやすいのが特徴です。

石川漆宝堂
is-iss105_3b.jpg

使い勝手がよく、長く愛用でき、
使うほどに変わっていく漆の表情。
他の器とはまた違う食事の楽しみを
伝えてくれる道具です。

気になるものはありましたか?
みなさんにこれだ!と思えるものに
巡り合っていただければなぁと思います。