食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料

» ブランドから探す

作家さんのうつわ特集

作家さんの手作りのうつわを揃えました。

全国津々浦々、さまざまな陶器市が開催されておりますが、
プロキッチンでも素敵な作家さんたちの器を
取り扱っていること、みなさまご存知でしたか?
今回は陶器市さながらに、プロキッチンでお取り扱いさせていただいている
作家さんたちの器をまとめてご紹介いたします。

おひとりで作陶されている作家さんの作品では、
一度在庫が切れると次の入荷は数カ月後ということも。
ぜひお迎えしたい!という器に巡り合えた方は
その出会いを大切になさってくださいね。

ココチ舎

兵庫県篠山市、丹波焼の産地で作陶している市野雅利(いちのまさとし)さん。
店名のココチ舎(ここちや)には「日々の暮らしに心地よさを届けたい」
との思いが込められています。
市野さんがつくる器は土の素材感が存分に生かされ、
手仕事の痕跡がダイレクトに伝わってくるもの。
遊び心のある独特の味わいが使い手の感性を刺激します。
目止めもいらず電子レンジで温めも問題なしと、
作家ものの器ながら気負いなく使っていただけますよ。

※そのほかのアイテムはこちらをご覧ください

 

市野耕さん

兵庫県篠山市、丹波焼の窯元に生まれ育った陶芸家 市野耕さん。
幼い頃から身近に陶芸に触れる環境があったからでしょうか、
高校のときに陶芸の道に進むことを意識されはじめたそうです。
凛とした佇まいの中に手作りの温もりを感じさせる器たち。
料理と相性がよく、日々の食卓に並べやすい使い勝手を兼ね備えています。
使うほどに変化する表情を楽しみながら、自分だけの器を育ててください。

※そのほかのアイテムはこちらをご覧ください

 

石井桃子さん

愛媛県松山で作陶されている注目の若手作家、石井桃子さん。
花唐草や動植物などの文様を呉須の濃淡、線の太さのみで表現し、
繊細で丁寧ながら柔らかなテイストに仕上げた、日々の食卓に馴染む器作りをされています。
地元が砥部焼の産地であり、小紋の柄や繊細な絵付けを見るうちに
自分でも描けるようになりたいと思い始めたそう。
幼いころから目に触れてきた砥部焼の記憶が唯一無二の世界観を紡ぎだしています。

※そのほかのアイテムはこちらをご覧ください

 

kousha

kousha ceramic worksは陶芸家の飯高幸作さんと
親交の深い陶工家たちが集まって生まれたブランドで、
「毎日の暮らしに欠かせない上質な使い心地の器」を提案。
作り手たちの高い感性と技術によって作り出される器は、
独特のシルエットと美しい釉薬の色合いが目を引き、
すぐさま使うシーンを思い描いてしまうはず。
日々気さくに付き合える機能性を持ち合わせているので、自由な発想でお使いください。

※そのほかのアイテムはこちらをご覧ください

 

九谷青窯

伝統と格式をもつ九谷焼の産地、石川県能美市に窯元を構える九谷青窯。
主催者の泰耀一さんの元に全国から集った、
十数名の若き陶工たちが思い思いに作陶しています。
九谷青窯では図案のデザインからろくろ成型、焼成、絵付けまでを
一貫してひとりの陶工が行うため、陶工ごとに異なる作品の個性を楽しむことも。
ひとつひとつ異なる筆の跡や釉薬のかかり具合など、
手仕事の温もりが伝わる器たちは日々の料理を盛りつけることで輝きをましていくはずです。

それぞれの作家さんについて、詳しくはこちらをどうぞ。