食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料

» ブランドから探す
クリスマス

北欧食器で朝昼晩のコーディネート

ただいま開催中の北欧食器デビューキャンペーンでご紹介している、名窯の食器たち。見ているだけでも妄想が膨らみ「自分ならこんな料理を盛り付けてみたいな」、というイメージがわいてきます。ただ中には使い方に迷ってしまうデザインも。お客さまアンケートでも個性的な食器は「コーディネートの仕方がわからない」、「どんな食器を合わせたらいいの?」と言った声が多々聞こえてきました。そこで、今回はビジュアル系のテーブルウェアを中心に朝・昼・晩のシーン別コーディネートをご提案。実際に料理を盛り付けたり、他の食器と組み合わせると、また異なった表情をみせてくれました。



時間を気にせずのんびりと過ごせる休日の朝。このシーンに登場するのは爽やかなブルーのエステリシリーズです。ブルーの色味が若干重ためなので、テーブルに重たさを感じさせないようにホワイトのテーブルクロスや、透け感のあるガラス素材を取り入れてみました。ドッテドブルーとの相性もよく、白とブルーの配色を1:1にすると朝らしいコーディネートが完成です。

1973年にARABIA社100周年を記念して一年だけリリースされたエステリ。2007年のフィンランド独立100周年を記念して復刻されました。清潔感のある色使いと装飾性の高いモチーフデザインが特徴で、食卓に花を飾ったような華やかさがあります。
朝食メニューはパンとスープ、そして目玉焼きやソーセージなどのおかずをワンプレートにまとめてカフェっぽく。ロールパンをのせたサービングプラターは、実はプレート以上に用途が広く、しかもテーブルをおしゃれにみせてくれるアイテムです。
まずはプレートを…と思いがちですが、ビジュアル系アイテムこそサービングプラターを狙ってみましょう。収納もコンパクトですよ。スープボウルに使ったボウルはサラダや果物、ヨーグルトなどなど、出番が多いアイテム。重ねて収納すると可愛い青い花が満開に!


平日は忙しくて一緒に食事を楽しむ時間が持てない二人にとって休日のランチは特別な時間。そんな夫婦の休日ランチに選んだのはタイカのディーププレートです。メニューは簡単だけど間違いなくおいしい!にんにくとトウガラシを効かせたピリ辛のペンネを食卓でも温かさをキープしてくれるロッジで取り分けスタイルに。取り皿に選んだドッテドグレーはテーブル全体をキリッと引き締めてくれる名わき役。

タイカのモチーフは大胆でデコラティブ。それだけで食卓の主役になる食器です。ただ実際には自分らしく使いこなせるか不安に感じる方は多く、レベルの高いシリーズと思われがち。そこで提案したいのが無地のプレートとの組み合わせ。
今回はティーマのパールグレー26cmをアンダープレートに使い、タイカの個性を少しだけトーンダウンさせてみました。単品づかいよりもやさしい印象に見えませんか?しかも立体感が生まれてセンスのあるスタイリングに。
タイカシリーズは料理を盛り付けた時の柄の出方がすごく計算されていて、食事の時間を邪魔することがありません。タイカだけに目を向けるのではなく全体のトーンを統一するようにまとめるといいですよ。


家族団らんの晩ごはんは、わが家の定番を取り入れたほっとくつろげるスタイリングがベストです。プロキッチンがセレクトした晩ごはんの北欧食器はパープルパラティッシのオーバルプレート。くすんだ紫と緑色は和食器との相性も良く、トレイの中に収まりが良いオーバルにしてみました。トレイをつかうと出自が違う食器でもまとまりが生まれ、さりげなく北欧テイストを取り入れることができます。

いつもの食卓に華やかさをプラスしてくれるパープルパラティッシは、和食や和食器との相性がよく、家族みんなが大好きなしょうが焼きやハンバーグ、とんかつ、魚料理なども快く受け止めてくれます。また、オーバルのフォルムは丸に近い楕円形で、実に使いやすいフォルムです。
料理のポジションが分かりやすく、どのように料理を並べても盛り付け上手にしてくれる器。食卓での省スペース化にも貢献してくれます。


最後はリンゴのモチーフがかわいいエデンでおやつタイム。焼き立てのワッフルにホイップクリームとブルーベリーなどのフルーツを添えて、とことんかわいいスタイリングを目指しました。

合わせたのはミルキー色のティーマのライトブルーと小さな水玉模様がキラキラ輝くドッテドブルーのマグ。リンゴの色とさりげなくリンクさせ、統一感を持たせてみました。また、ラグジュアリー感満載のクチポールのホワイト×ゴールドもこうして組み合わせてみると大人かわいいテーブルづくりにひと役買ってくれています。