食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す
サカナイフ

サカナイフで食育

いま、日本では“魚離れ”がささやかれています。子どもたちの中には食卓に並ぶ切り身の魚と海で泳ぐ魚が結びつかない子も多いとか。毎日の調理を一手に引き受ける立場からすると子どもに新鮮な魚料理を食べさせたい気持ちは大きくても、肉料理に比べ魚の調理に手間が掛かってしまうというのは正直なところかも…。
そんな方におすすめしたいのが、これ1本でどんな魚も簡単にさばける、と話題のサカナイフです。魚をさばいたことがあるけど上手くいかなかった方や魚をおろしてみたいけど上手にできるか不安と思っている方でも簡単に魚をおろすことができるナイフです。

子どもと一緒に魚をさばきながら興味と感心を深め、魚料理を食べることの大切さとおいしさを伝えてみませんか?鮮度の面からも魚まるごと一尾を買ってきて調理直前にさばくのが一番。自分でさばけば魚を最大限に活かして、まるごといただくことができます。

初心者でもこれ1本でさばける

魚をさばくときは出刃包丁や柳刃包丁を使うのが一般的です。しかし、刃の幅が広く厚みがあったり、鋭利な刃先は不慣れな方には怖いもの。もし、これらの包丁を使うのが不安で魚をさばくことを敬遠してるなら、道具の力で解決しちゃいましょう。

コンパクトなサカナイフならうろこ取りから三枚おろしまで魚をおろす工程をスムーズにこなせ、「少しずつ削ぐ」という手順でさばくので魚の大きさ・種類に関係なくこの一本で簡単にさばくことができます。初心者さんにも手取り足取りサポートしてくれているような優しい使い心地で、俄然やる気が湧いてくる調理道具です。

サカナイフ

魚のさばきかた

魚をさばくときは「うろこを取る」、「おろす際のトレースラインをつける」、「頭を落とす」、「身を削ぐ」の工程が重要なポイントになります。サバイバルナイフのような形状をしたサカナイフは、それぞれの工程ごとに使用する刃を使い分けることで難しい…、手間がかかる…、と感じていた工程を驚くほど簡単で楽しい作業にしてくれます。

うろこを取る

1.うろこを取る

魚のうろこが残ったままだとさばくときにナイフが上手に入りません。また雑菌が付着してることが多いため衛生面からもうろこはきれいに取り除いておきましょう。うろこ取りで一番厄介なのは飛び散りではないですか?サカナイフのうろこ取りは、うろこ取りに最適な角度をつけた形状にすることで、うろこが取りやすく、さらに懸念材料だった飛び散りを最小限におさえてくれます。また、刃全体を湾曲させることにより魚のヒレなどに手があたることがなく、力が入れやすくなっています。

トレースラインをつくる

2.トレースラインをつくる

魚を三枚におろすときはまず「腹→背、背→腹」に4本のトレースライン(魚を三枚におろすためのアシスト、包丁で切る箇所を誰でも分かるようにする重要なライン)を入れていきます。使用する刃は先端のJの形をした専用刃。先端の刃を魚に刺し、骨に沿って押しながら裂くことにより、内臓を傷付けずに腹の皮を切っていくことができます。実際に使用してみるとこの専用刃の尖り具合がかなり作業を快適にしていて、初心者でも簡単に最初の工程をこなせるよう配慮されています。

頭をおとす

3.頭をおとす

胸びれを立て後方からサカナイフを入れて頭をおとします。頭をおとすときに使用する刃はのこぎりのような波刃で、硬い骨も軽い力で切り落とすことが可能。ポイントは一気に切り落とすのではなく、ナイフを動かしながら少しずつ切っていくこと。力作業だったこの工程も楽々クリアです。

サカナイフ

4.身を三枚におろす

いよいよ最後の工程、魚の三枚おろしです。従来の包丁は面で切るため、骨に身が残りやすく出来上がりにがっかりしてしまうことも。サカナイフは刃の形状をRの形にすることで点で身を削いでいくため細かな作業がしやすく、骨に身を残さずに三枚おろしができます。三枚におろすときはR形状の刃を魚の背骨に沿わせて少しずつ身を削ぎ落としていきます。ポイントは中骨に当たる感触と「カタカタ」という音を感じながらおろすこと。骨に身がたくさん残らずキレイな三枚おろしが完成します。

身を残さず骨に分けることが…できるはず!

魚をおろすのはハジメテというスタッフ岩崎がサカナイフを使ってむつを三枚におろしてみました。

サカナイフ

【使ってみた感想】「魚をさばく」という行為自体が初めてだったので、付属のDVDを見ながらのチャレンジでした。感動したのはウロコの取りやすさ!ウロコ取りといえばガリガリと飛び散るイメージでしたが、初挑戦でもスムーズに取れたのでは?と自画自賛できるほどの印象でした。工程によって使用する刃の部分が変わってくるので、最初は使い方を見ながらやるのをオススメしますが、数回さばけば見なくてもできるようになるのでは?と思います。(岩崎)

あると便利な道具

せっかく上手に魚をおろせても骨が残っていたらおいしさも半減しちゃいますし、ますます食べるのが面倒ということにもつながります。特に小骨が多いアジなどはほね抜きを使って丁寧に取り除くとおいしくいただけます。りぐるをまな板の上に敷いておけば、汚れ防止にもなりますし、汚れを洗い落とした後の水切りにも大活躍。調理の下ごしらえには家事問屋のバット、魚の三枚おろしに自信が出たら柳刃包丁でお刺身も楽しみましょう。



サカナイフの購入はこちら