【夏の知恵袋】オススメ!自家製の冷凍食品

投稿日: カテゴリー 暮らしをみがく日々

プロキッチン笹間です。

スタッフの知恵を結集した
特集「どう乗り切る真夏の台所問題!
わたしたちの5つのアイデア
」。
特集には入りきらなかった
スタッフたちの夏の知恵袋
連載形式でお届けしています。

前回は、店長みさこ
【夏の知恵袋】スタッシャーで
手を汚さず作れるタンドリーチキン
スタッシャーは冷凍もできるので
そのまま作り置きで冷凍してもいいですね。

夏の暑い日、リビングはエアコンで快適でも、
料理によってはキッチンに熱がこもって
しまって一人で暑がっていることもしばしば。

そんな時、時短になる冷凍食品は助かります。
自家製でも十分に美味しいので、
多めに作って冷凍しておくようにしています。

工程の多いコロッケは
冷凍しておくと便利なおかずの一つです。

冷凍する時のポイントは

・調理済みのものは冷めてから冷凍する
・急速冷凍する
・冷凍庫の開閉の影響を少なくする

一番気にかけるのは急速冷凍。
専用の凍結方法にはかないませんが
熱伝導の良いものを使って
とにかく食材を早く冷やします。
私が愛用してるのは
野田琺瑯のホワイトシリーズ。

冷凍3 600.jpg
一つずつラップで包んで並べます。
アルミホイルで包むとさらに早く冷えて
冷凍庫の開閉時の温度上昇の影響も
少なくすることが出来ます。
食べるまで期間がある時にオススメ。

冷凍2 600.jpg
冷凍されたら冷凍保存用の袋に入れます。

冷凍1 600.jpg
コロッケが食べたいから遊びに行く
と娘夫婦から連絡が来た時、
私のコロッケはなかなかなもんだねって
嬉しくなりました。

期待に添えるように
食べきれないほどの数を作っても
残ったら冷凍しとこうと思えば、
暑い夏にあったら助かると思えば、
面倒な作業を頑張れちゃいます。

春巻き、餃子、鶏団子、ひじきの煮物や
トマトソースも冷凍向きです。

皆さまもお試しになってみてください。

******************

さて、次の夏の知恵袋ブログリレー

スタッフ石田です。
耐熱容器で作る
肉みその作り方をご紹介します。
お楽しみに~。

プロキッチンスタッフのアイディアはこちら

summerc-top.jpg