この秋はフォトジェニックなグレーでテーブルを飾ろう

投稿日: カテゴリー 新商品の発売情報タグ ,

 

プロキッチン 北村です。

ここ数年、テーブルウェアの定番カラーとして定着してきたのが「グレー」。どんな器や料理とも好相性だし、何よりグレーのアイテムがあるだけで、テーブルにこなれ感が生まれるんです。そんな優秀カラー「グレー」がクチポールにも登場。プロキッチンでは8月24日(金)12:30からお取り扱いが始まります!

グレーの色味、ブラックと比較するとこんな感じです。(こそっと隠し撮りしたので、ちゃんとした画像でなくてすみません!)ブラックほどかっちりしてないし、ブラウンほどナチュラルでもないソフトな印象の明るいグレーです。色々な表情を見せてくれるので、ここぞと言う時に使えるカラーですよ。

人気のディナーセット 3PCS (箱なし)もスタンバイ中。ディナーセットはやはり同じカラーで揃えておくと重宝しますね。逆にデザート系は好きな色を数本ずつ揃えて行くと楽しいですよ。秋冬はイベントが多くなる季節ですので、グレーのカトラリーを主役にしたテーブルコーディネートを考えてみてはいかがでしょうか。

最後にプチニュースを。
2018年の「世界のベストレストラン50」のうち、半数くらいのレストランがクチポールを使っているそうです。GOAの各カラーを揃え、シーンごとに使い分けるのが最近のレストランの流行だそう!有名レストランと同じカトラリーを使っているってなんか嬉しいですね。*「世界のベストレストラン50」とはイギリスの雑誌「レストラン」主催のレストラン・アワード。日本のレストランも選出されています!

大人の『ワインかき氷』を作ってみました!(後編)

投稿日: カテゴリー プロキッチンからタグ ,

プロキッチン見目です。

みなさん、「大人の『ワインかき氷』を作ってみました!(前編)」はご覧いただきましたか。

ワインかき氷ってどんななの?
ワインを凍らすとどうなるの?
っと、気になってた方も多いと思います。

種類やアルコール度数によって異なりますが、ワインは凍らせるとアルコール分が凍らずに半溶けの状態になり、型から外すとすぐに溶け始めてしまうので時間との勝負になります。

 

削りたては普通のかき氷と変わりませんが、ちょっと時間が経つと崩れてしまいました…。

 

時間が勝負ということで、まずは白ワイン

このクラムボンボンの白ワインは甘すぎず、さっぱりとした味わい。デザートとしてはもちろん肉料理の後など口直しにさっぱりとして◎。かき氷機で削ると口当たりのやわらかいシャーベットのようでした。ひんやりとした冷たさがアルコールをあまり感じず、パクパクと口に運んでしまい気がつくとボトル半分ぐらいの量をぺロリ。
これは食べすぎ要注意です!

次に赤ワイン
アルコール度数が高いので、白とロゼに比べるとほとんど凍っていませんでした。

固まっていないのでかき氷機で削ることができずスプーンで崩すことに。

デザートと言うよりは肉料理と合わせて食べるのがおすすめ。渋みが強く口に残るため、りんごジュースやぶどうジュースと混ぜて凍らせると「フローズンサングリア」になって食べやすくなると思いました。

次にロゼワイン
固さは白ワインと赤ワインの中間くらい。

甘みがあって「デザートならロゼで決まり!!」っと、一番人気。
食後のデザートは甘い物♪という方にはぜひ、ロゼかき氷を食べてもらいたいです。

3種を比較すると

<凍る固さ>
白ワイン>ロゼ>赤ワイン
アルコールの度数にもよりますが、かき氷機で削るなら白ワイン、ロゼワインがおすすめです。

<味>
白ワイン:さっぱり
赤ワイン:渋みが強い
ロゼ:甘い

<人気度>
白ワイン★★★★☆
赤ワイン★★☆☆☆
ロゼワイン★★★★★

プロキッチンスタッフにはロゼワインが人気でした。ワイン通の廣田社長もロゼが一番おいしかった!と絶賛。私も甘さがデザートっぽいロゼが好みでした。

実は、削る以外にかき氷のシロップとしてかける事もやってみました。しかし、氷の上にかけると薄まってしまうので、少し味がボケてしましました。

ワインを凍らせるのは大胆でもったいない気もしますが、やるならワインを凍らせてやるに限ると思います。また、普段残ったワインの使い道に悩んだら、タッパーに入れて凍らせて、翌日晩酌代わりに楽しむのもいいですね。

みなさんもぜひワインかき氷やってみてくださいね。

親子で楽しめる特集【こどもも大人も楽しい一緒にかき氷】もご覧ください。

 

 

メディアで話題のスタッシャー、17日発売!

投稿日: カテゴリー 新商品の発売情報タグ , ,

stasher-rtop1808.jpg

プロキッチン 北村です。

夏季休業中はご迷惑をおかけいたしましたが
明日から通常営業に戻ります。
お問い合わせなどの返信は順次対応させて
いただきますので今しばらくお待ちくださいね。

しかし、あっという間に15日。
今日でお休みが終わってしまうかと思うと
体が重くなってきました(笑)

ちょっとずつ告知をしていたスタッシャー
お取り扱いが、いよいよ17日(金)12:30に!

スタッシャーはアメリカ発のブランドで
プラスチックフリーを掲げています。
素材となる100%ピュアプラチナシリコーンは
医療用器具や食品用品質として認められるほどの
高い安全性を持ち、臭いなどもありません。
繰り返し使え、加熱しても有害物質がでないなど、
とことん環境に配慮した製品なんです。

しかも、耐油性、耐酸化性、耐熱性に優れ
電子レンジ・オーブン・湯せん調理に対応し、
耐用温度は-18~250℃まで!
保存容器としてだけでなく調理具としても優秀なのです。

ジッパー付きの保存袋を使っている方は
多いと思いますが、その手軽さと耐熱性の
保存容器のいいとこどりがスタッシャー!
話題になるのもうなづける使い勝手の良さです。

サイズは全部で3種類。

ペンケース型のSサイズ
sta-stmk05_1.jpg

幅広い用途で使えるMサイズ
sta-stm06_1.jpg

大容量のLサイズ
sta-sthg03_1.jpg

プロキッチンオリジナルのSMLセットをお作りしました
sta-sml00_1.jpg

SとMはカラフルな6色展開になっていて
カテゴリ別に色分けすることもできますよ。
使い終わった後は食洗器で洗うこともでき
汚れが気になったら漂白剤をシュシュッでピカピカに!

おすすめしたいポイントが多すぎてどんどん
長いブログになりそうなので、今日はこの辺で
終わりにしようと思います!

もっと詳しく知りたいーと言う方は
8月17日(金)12:30に集合です。

プロキッチンオリジナル抜き型発売~後篇~

投稿日: カテゴリー 新商品の発売情報タグ ,

nukigata-key1808 (1).jpg

プロキッチン 見目です。

8/10(金)にプロキッチンオリジナル抜き型が発売されました。
「プロキッチンオリジナル抜き型発売~前篇~」で紹介したお客さまからの応募から採用したデザインと一緒にプロキッチンスタッフが考えた抜き型も一緒に発売されます。

今日はプロキッチンスタッフが考えた抜き型をご紹介いたします。

『チューリップ』
ありそうでなかったチューリップ。赤ピーマンや卵焼きなどカラフルな食材を抜いたり、苦手な野菜を抜いたら可愛さで頑張って食べれるかも。真ん中の山をカットしたらネコにも見えますよ。
hi-nuki-churippu-m_1.jpg
hi-nuki-churippu-m_4.jpg

『おばけ』
ちょっと早いですがハロウィンには大活躍!!お弁当だけでなくゼリーを抜いてもとっても可愛いお化けになります。星と合わせて使うと夜のお化けの完成~。
hi-nuki-obake-m_2.jpg
hi-nuki-obake-m_4.jpg

『あひる』
可愛い!!プロキッチンスタッフがまず口を揃えて言ったほど可愛らしい抜き型。大小あり、大きなサイズと小さいサイズを合わせると親子のように見えて可愛さUP!!涼しげなゼリーの上に泳がせたり、にんじんを抜いてシチューに入れて子どもが発見する!なんていうのも楽しそうです。
hi-nuki-ahiru-m_2.jpg
hi-nuki-ahiru_size.jpg

暑さで気乗りしないお弁当作りもこんなに可愛い抜き型があったら作るのも楽しくなりますね。みなさんはどの抜き型が気になりましたか。

 

プロキッチンオリジナル抜き型 発売決定!~前篇~

投稿日: カテゴリー プロキッチンから, 新商品の発売情報タグ ,

プロキッチン 見目です。

さかのぼること8ヵ月前、プロキッチンでは「オリジナル抜き型のアイディア」をみなさまから募集しました。当初は、春のお弁当作りに合う抜き型を発売できるように準備していましたが、たくさんのご応募いただき、選考に時間がかかってしまったため春を通り越して、もうすっかり夏。

なぜ時間がかかってしまったかというと素敵なデザインを厳選するだけでなく、サンプルを作成した後、実際に使用しながら細かな修正を加えていく作業を繰り返していたら、満足のいく抜き型が完成するまでに8ヵ月かかりました。どんな食材を抜いたらいいか、子どものお弁当に入ってたらどんな使い方をするかなど、使い方もじっくりと考えて選考いたしました。

抜き型の発売を楽しみにしていた方、大変お待たせいたしました。
ではさっそく、みなさまの応募から選ばれたデザインを紹介します。

『クロス』
向きを変えて使えば「プラス」にもなる形です。チーズやハムを抜いてごはんの上に模様としてのせたり、小さいクロスはたくさん抜いて紫陽花にもなりますね。使い方が多様に広がる抜き型はお弁当作りも楽しくなりそうです。
hi-nuki-cross-m_1.jpg
hi-nuki-cross-m_4.jpg

『イカ』
意外にいない海の生き物たち。実はサンプル作りではイカの足を広げてみたりパターンを変えてみましたが、使いやすさを考慮してこの形になりました。プロキッチンでは既存品でを扱っていますが蟹と合わせて使うのもおすすめです。はんぺん、卵の白身、チーズなど白い食材もお弁当に使いやすく、子どもに人気がでそうですね。
hi-nuki-ika-m_2.jpg
hi-nuki-ika-m_4.jpg

今回は2つのデザインを採用いたしました。
送られてきたいろんなデザインを見て、今後もお客さまと一緒に考えたアイディアを商品化できたらいいなぁと考えています。ご応募いただいたみなさま、ありがとうございました!

そしてプロキッチンでは他にもスタッフが考えた抜き型も一緒に商品化し発売します。

プロキッチン考案の抜き型は【プロキッチンオリジナル抜き型発売~後篇~】でご紹介します。

 

 

 

みつろうクリーム ワークショップのお知らせ

投稿日: カテゴリー プロキッチンからタグ , , ,

プロキッチン バイヤー蟹谷です。

早速ですが、先日のブログでお伝えしました、
尾山製材の「みつろうクリーム」を使った
木製品のメンテナンスのワークショップ開催の詳細をお知らせしたいと思います!

4580320430047.jpg

「みつろうクリームで木製品のメンテナンス」

日 時 : 2018年9月8日(土)
1回目 13時~ / 2回目 15時~ ※所要時間 各1時間程度

場 所 : つきじ常陸屋浅草 店内
(まるごとにっぽん 2階 住所:〒111-8535 東京都台東区浅草2-6-7)

参加費 : 税込 2,000円(木の丸い小皿2枚・みつろうクリーム代込み)

材 料 : 木の丸い小皿2枚 or ご持参いただいた木製品
※ご自身でお使いになっている木製品(木の器や木製カトラリー)をご持参いただくか、参加時にお渡しする木の丸い小皿、どちらかで作業していただけます。

定 員 : 各回5名 ※お子様の参加も可

お申込み方法 : 応募フォーマットにご記入ください。
※定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

尾山製材の尾山嘉彦さんにお越しいただき、
みつろうクリームやオイルを使って木製品の
メンテナンスの方法を教えていただきます。

ご自身で普段使われている木製品をご持参いただくか、
プロキッチンオリジナルの木の丸い小皿を使って、
サンドペーパーで磨き、みつろうクリームを
塗りこんで仕上げるワークショップです。
みつろうクリームの使い方や木製品の日頃のケア方法を学べます。

お子様とご一緒の参加も可能です。
お子様と一緒に作業をしていただけますのでお気軽にご参加くださいスマイル

みつろう.jpg

みつろうクリームのワークショップに参加してきました。

投稿日: カテゴリー バイヤーコメントタグ , ,

こんにちは、バイヤー蟹谷です。

ちょっと前に
D&DEPARTMENTで行われていた、
尾山製材さんの「みつろうクリーム」のワークショップに参加してきました。

みつろう.jpg

尾山製材さんのみつろうクリーム
発売当初からプロキッチンでも人気の商品ですが、私自身、正しい木製品のお手入れの仕方がわからず・・今回は実際にみつろうクリームでお手入れができるということで、楽しみに行ってきました!

木の表面をやすりで削ったりクリームを塗り込む作業に黙々と没頭すること数十分…色味が変わっていくのも、自分で育てていくようで楽しい!

みつろうWS.jpg
(↑実際に塗りこんだ後の木の様子。最初はもっと白っぽい木でした)

さて、今回指導してくださった「尾山製材」の尾山嘉彦さん、とにかくお話しがおもしろくて、ワークショップで初めて会った人たちなのに、みんな最後は尾山さんのお話しを通して和気あいあいと楽しい時間を過ごせました。

尾山さん、実は製材屋さんです。
森林が豊富な富山県の6割は広葉樹なのに、ほとんど木製品としては利用されておらずそのままの状態。それらを普及させたいという思いもあり、その木材を使った製品を作り出したり、その木製品を長く使ってもらうためのお手入れするケア商品として、このみつろうケアシリーズを開発されたそうです。

4580320430047.jpg

素材にもこだわりがあります。
人にも自然にも安全なものを作りたい、という気持ちから、100%天然素材にこだわり、食器やカトラリーなどにも使えて万が一なめても大丈夫な素材として、みつろうクリームを思いついたそう。なんと、自ら蜂を育ててみたことも!さすがにそれは大変だったのでやめたとのことですが…

他にもたくさん、尾山さんの一風変わった(?)開発秘話を聞きながら、みつろうクリームでの作業後は、参加者と尾山さんとの質疑応答タイム。

「オイルとクリーム、どちらがおすすめですか?」との参加者からの質問では、
オイルはカトラリーやプレートには塗りやすくておすすめ、さらにクリームを塗ると撥水性を高めるから食器などのメンテナンスに向いてるとのことでした。ふむふむ・・では両方買った方がいいんですね!

みつろうオイル.jpg

さて、このみつろうクリームの使い方や木製品の日頃のケア方法も学べるワークショップ、実はプロキッチンでも開催させていただくことになりました!!!

すでに購入したけど、正しい使い方がいまいちわからない、実際に使ってみてから購入したい、開発者の尾山さんに会ってみたい!!などなど、普段木製品をお使いの方やみつろうクリームに興味のある方にぜひご参加いただけたらと思います。

【日時】9月8日(土)午後2回(13時~、15時~)
【場所】つきじ常陸屋浅草店 (まるごとにっぽん2階)

ワークショップの内容については、次回ブログにてご紹介させていただきます!

 

大人の『ワインかき氷』を作ってみました!(前編)

投稿日: カテゴリー 暮らしをみがく日々

プロキッチン見目です。

みなさん、特集『こどもも大人も楽しい 一緒にかき氷』はご覧いただきましたか?
こどもも大人も楽しい、をテーマに
いろいろなかき氷の提案をしたこの特集ページ。
実はこのかき氷特集には、裏企画があるんです。
“大人の『ワインかき氷』を作ってみました!(前編)”の続きを読む

夏季休業のお知らせ

投稿日: カテゴリー プロキッチンから

いつもプロキッチンをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、8月11日(土)から8月15日(水)までの5日間を夏季休業とさせていただきます。

この間もオンラインショップは営業しており、ご注文やお問合せはお受けしておりますが受注確認メールの送信、お問合せ等へのご返答、商品の発送は休止させていただきます。

夏季休業前後のご注文の希望配送日時にはそえない場合もございます。商品発送をお急ぎのお客様は、事前にサポートセンターまでお問い合わせください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご了承賜りますようお願い申し上げます。

《 商品発送日程 》

8月9日(金)12時までにご注文完了で在庫がすべて揃っている場合。
⇒8月10日(金)出荷予定です。

8月9日(金)12時以降にいただきましたご注文。
⇒可能な限り8月10日(金)までに出荷いたしますが、8月16日(木)以降の出荷になる場合がございます。ご了承くださいませ。

在庫確認、商品の発送、商品に関するお問合せ等につきましては、8月16日(木)以降に順次対応させていただくこととなります。

《 銀行振込・コンビニ払いのお客様へ 》

8月9日(木)10時までにご入金完了の場合、8月10(金)に出荷いたします。
配送指定日8月10日(金)~17日(金)までのお客様につきましては8月9日(木)までにご入金をお願いします。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

サポートセンター
TEL : (03)-6219-5621
MAIL : info@prokitchen.co.jp

夏のお弁当の悩みを解決!保冷付きお弁当箱ジェル・クール!!

投稿日: カテゴリー 暮らしをみがく日々, 未分類タグ ,

プロキッチン 見目です。

夏休みも中盤になってきて、
お子さんのお昼ご飯や学童に持たせるお弁当に
頭を悩ませてる方も多いのではないでしょうか。
メニューを考えるだけでなく、こんなに暑いと
持ち運びの事も考えると本当に憂鬱。

そんな時はこのジェル・クール弁当がおすすめです。

実はプロキッチンスタッフも半数以上が愛用中。
自分用に、家族用に、と様々なシーンで使う
スタッフの普段使いをいくつかご紹介します。

【夏にはさっぱり麺ランチ弁当】
黒岩さんジェルクール.jpgスタッフ増田は
ジェルクール ラウンド 400ml ランチボックスを愛用。

この日はサラダうどん弁当で付属のすのこが活躍!
うどん→すのこ→ラップに包んだ具の順で入れます。
食べる時は具を取り出し、
くっついてしまったうどんをお水でほぐしたら、
すのこを使って水切り。つるんと美味しく頂けますよ。
これは私もおもわず、真似したくなります!!

【そのまま冷やしてデザートに】
ジェル・クール 中島さん.jpg

スタッフ中島は
お弁当のデザート容器に
ちょうど良いサイズのスクエアSを愛用。

フルーツを入れるのに便利ですが、
直接ゼリー液を流し込み、
お手製ゼリーを持っていったりもしてるそうです。
ランチタイムまで適度なひんやりを保ってくれますよ。
暑い日にはこんなデザートがあったら幸せですね~。
私も自分ご褒美に作ろうかなと思いました。

【木のお弁当箱と組み合わせて】
美佐子さんジェルクール2.jpg

美佐子さんジェルクール.jpg

バイヤー小林は
プロキッチンオリジナルの杉のお弁当箱と組み合わせて
ジェルクール スクエア SGサイズ用 保冷ブタ ダークブラウンを愛用。

こちらの蓋は
ジェルクール・スクエアSG用/スクエアメンズ用
保冷フタを活用しています。

プロキッチンオリジナルの杉のお弁当箱
同じサイズなので、
夏は蓋だけ保冷フタに変えて使っています。
プラスチックのお弁当箱より
木の物がいいなぁっという方は
夏だけこんな使い方をするのもおすすめですよ。
また、「蓋を冷凍し忘れた~」なんて時のために
予備蓋として買っておくのも◎です!

プロキッチンではジェル・クール弁当箱を
カラー、サイズを豊富に取り揃えています。
まだまだ、暑い日が続きますので夏のお弁当にいかがですか。