食器と料理道具の専門店/おいしいで 笑顔をつくる お手伝い プロキッチン

送料:宅急便690円/ネコポス便270円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す
石田
色々作るのが好き 石田

MESSAGE

街歩きや旅行、映画、本屋巡り、美味しいものを食べるのも大好きです。本も好きなので家に籠るのも好きです。子育ても一段落しましたが、元気いっぱいの猫がいるおかげでにぎやかさは相変わらず。お店で食べて美味しかったものを家で作ってみたり、お菓子や果実酒・シロップなどマイペースで作っています。これからは家事に時間をとられず楽しめるよう、モノを減らし体力をつける生活を心掛けていきたいと思っています。

私の愛用マグ

商品コメント

イチゴジャム作ってみました!

店先にイチゴがならぶこの季節、思い立ってイチゴジャムを作ってみました。今回は前日にイチゴに砂糖をまぶし一晩おいて砂糖がとけてシロップになった状態で、そのシロップを先に煮詰めて作るというレシピに挑戦。イチゴを煮る時間が短いのでイチゴの形が崩れずなかなか良い感じに出来上がりました。ウェックの保存瓶だとパッキンセットを使えば密封も簡単で気軽にジャムづくりができますよ。

ほしかった民藝のお皿です

大阪出張のお土産の定番、りくろーおじさんのチーズケーキ!私も新大阪駅から帰りには少し早めに行って行列に並んで買ってくるようになりました。冷たくても温かくてもおいしいのですが、このところは冷たくしたケーキに温かいコーヒーと一緒に食べることが多いです。小鹿田焼の民藝の器に切り分けると、気のせいかりくろーおじさんもシックな感じになります。おやつだけでなく食事の際にも重宝するお皿です。

新潟で見つけた佐渡の盆ざる

新潟にある日本酒メーカー八海山の施設に行ってきました。雪室や醸造施設も楽しかったのですが、併設の雑貨ショップが楽しくって!主に台所用品を扱っているのですが新潟の燕三条の道具類はもちろんのこと、九谷焼や波佐見焼など全国のいいものが。その中で見つけたのが【佐渡の盆ざる】!プロキッチンでも取り扱いを始めたばかりのもの。思わぬ出会いに思わず写真に撮ってしまいました。

乾物をいれても可愛いですね

出社時のランチができるところを探していて見つけたお店、蔵前駅から徒歩5分くらいにあるelab (エラボ)さん。お店の前には東京近郊の農家さんから仕入れた野菜が並び、八百屋さん?と思ったほど。店内にはガラスの保存瓶に入った干した野菜や果物、お豆や茶葉が量り売りで売られていました。乾物もこうやってみると可愛いですよね。

フィンランドでみかけた白山陶器

ヘルシンキのアルテックショップに行ったとき、北欧デザインの素敵なアイテムにほうっとなっていたら、なんだか見慣れたものが視界に入ってきました。近寄ってみてみると白山陶器の平茶わん!アルテックと同じ価値観を共有する他ブランドの商品もおいているとのこと。こうやって日本のものが紹介されているのってうれしいですよね。平茶わんはいろいろな用途で使えるのもいいですよね。

トロイカのチーズケーキ

今日のおやつは岩手トロイカのチーズケーキ、おいしいんですよね。初めて食べたのはスタッフ中澤がお取り寄せをしたのをオフィスでごちそうになった時。その後、以前のプロキッチンの事務所にほど近い東銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」で販売していることを知りました。限定品なのでいつでも買えるわけではないのですが、それでもうれしい。イイホシさんのディシィーズインクブルーはツヤがあるきれいな紺で美味しさがアップする気がします。

おいしいシュークリームにこのお皿

オフィスが浅草橋になってから身近になった日本橋、以前から気になっていた人形町のシュークリームがおいしいと評判の【シュークリー】に行ってみました。1日3回の焼き上がり時間に行列ができるそうで、ちょうど夕方の焼き上がり時間に並んでゲット!おいしいお菓子はゆっくり味わいたいので14cmのパラティッシプレートにのせてみました。カリカリのシュー皮には香ばしい胡麻がたっぷり練りこんであり、中には甘さ控えめのカスタードクリームがすきまなく入っていて大満足。会社のみんなにも持っていきたいところですが翌日には皮が柔らかくなるので悩ましいところです。

絵本みたいな染付の白いお皿

白いシンプルなプレートも好きなのですが、徳永遊心さんの木立と名付けられた染付プレートは見ているだけで心が落ち着くんですよね。木立の葉っぱは、絵本に出てくるような本当にきれいな緑と青。和食器ですがチーズケーキをのせてもしっくりきます。今度はどんなものをのせてみようかと考えるのも楽しいです。

茶托とセットで使いたいお湯のみ

先日、スタッフ千秋が会社に持ってきてくれたお取り寄せの京都中村製餡所の最中。餡と皮が別々になっているもので、パリパリの皮につやつやあんこ。仕事中はマグカップでお茶も飲むことが多いのですが、今日は特別。白山陶器の湯のみ猪口は茶托を添えればきっちりした印象なり、間口が広いのでデザートを入れる小鉢としても使えるんですよ。ちなみに茶托も小皿として使える優れものです。

お皿までおいしそう!

商品撮影のためにスタッフ蟹谷が作ってきたオレオ入りマフィン。あまりにおいしそうで思わずスタッフみんなが集まってきました。このお菓子に負けてないのがSAKUZANのキャラメルブラウンのプレート。【プロキッチン別注】のカラーはブラウン系だとチョコレートブラウンとキャラメルブラウンの2色があるのですが今日のマフィンには少し明るめのキャラメルブラウンにしました。お皿までおいしそうですよね。

おうちごはん

暮らしのひとコマ