和食器の使い始めに~SAKUZANさんに教えていただきました

投稿日: カテゴリー お客様サポートからタグ

プロキッチン 石田です。

北欧食器を思わせるカラフルな美濃焼の「SAKUZAN DAYSシリーズ

いつまでもキレイな状態でお使いいただくための
「目止め」の方法をsakuzanさんに教えていただきました。

目止めとは
新しい陶磁器などを米や小麦粉を入れた汁で煮て表面の細かい穴をふさぐこと。
煮汁の色移りや臭いがしみ込むのを防ぎます。
土鍋等の使い始めにお粥を炊いたりするのも目止めの為なんですよ。

目止めの方法


①鍋に米のとぎ汁、または米を少しと器がかぶるくらいまで水を入れます


②20分ほど弱火で煮ます


③そのまま鍋ごと冷まします


④器を洗って乾燥させます

目止めが面倒なら、使う前に水やお湯につけておくだけでも汚れをしみにくくできますよ!
土からできている分、水分を含みやすく油分や汁気がしみこみやすいのです。
長くきれいにつかっていただきたいので、お時間があったらやってみてくださいね。