毎日の朝食が変わる!バウルーでホットサンド

投稿日: カテゴリー 暮らしをみがく日々タグ , ,

プロキッチン見目です。

バウルーのホットサンドで毎日の朝食を変えませんか。

電気のホットサンドと違い火加減が難しそう…何を挟んだらいいかわからない…なんて方も大丈夫ですよ。私は愛用歴4年、キャンプなどのアウトドアにも持って行っているくらいよく使っています。今日は私の愛用するバウルー サンドイッチトースター ダブルについてご紹介します。

まずは基本の作り方。

具材をたくさん入れるなら8枚切りの薄めのタイプがおすすめです。バウルーの内側に油またはバターを塗ります。温めてからパンをのせてもいいですが私はいつも温める前にパンを置いています。くっつく事もあまりないのでオイルカットで油やバターを塗らないことも多いです。
バウルー2.jpg
ほうれん草、サラダチキン、ミニトマトをのせ、真ん中は区切りがつきやすいように少なめに盛りつけます。

バウルー3.jpg
チーズをのせて

バウルー4.jpg
食パンをのせる。上のパンは閉じる時に前に出やすいので少し奥側にずらしてのせます。

バウルー.jpg
横から見ると食パンが浮くぐらいたっぷり具材をのせても大丈夫です。

バウルー5.jpg
ぎゅっと挟んだら持ち手の部分にある留金を留めて弱火で2分。

バウルー6.jpg
ひっくり返して2分。あとは焼き目を確認してお好みの焼き加減で。端の部分までしっかりとくっついていて具材ももれていません。

バウルー7.jpg
真ん中の区切りでカットしてもよし、断面を楽しむなら区切りをまたぐようにカット。どんな具材でもチーズを入れるとうまくまとまります。たくさんの具材を挟んでもギュッとコンパクトにまとめてくれるので野菜をたくさん摂りたいなと思った時はおすすめ。緑や赤が入ると彩りもきれいです。

電気のホットサンドメーカーとは違い手は離せませんが、火加減も弱火で様子をみながらやれば問題ありません。なにより終わった後に丸洗いできるのが嬉しいです。以前、電気のホットサンドメーカーを持っていましたが、こぼれたチーズやソースが配線についたりと掃除が大変でした。

焼く時が簡単でも後片付けが大変って思うとあまり出番がなくなってきました。このバウルーなら丸洗いできるので後片付けもきれいにできます。また、キャンプやアウトドアにもおすすめ!

バウルー1.jpg
新色のブラック!なんていいたいところですが、これは私がバウルーをアウトドアでも使っていてススですっかり真っ黒に…。かなり年季が入った感じに仕上がってるのは、それだけ愛着があり使い込んでいるからなんです。

最後に番外編としておすすめなのが夕飯の残りを挟むホットサンドです。朝からいろんな具材を用意するのが面倒なら前日の夕飯の残りとチーズがあればなんでも合います!肉じゃが、きんぴらのような和食でもOK!むしろ和食の方が意外にあいます。私は、きんぴら、チーズ、のりを入れて作ることが多いです。

先日は八宝菜を挟みました。
バウルー8.jpg

ごはんと違ってパンでも美味しいです。少しとろみのあるソースとチーズが相性◎。いろんな組み合わせでオリジナルホットサンドを見つけるのも楽しいですよ。
バウルー9.jpg

みなさんも毎日の朝食作りに
バウルーを取り入れてみませんか。
只今、ウィンターセール開催中でお買い得に!

wintersale-key1812-(1).jpg