【新春セール】山中漆器の木地師が作るお椀と茶筒

投稿日: カテゴリー 店長ブログ

プロキッチン 店長みさこです。

今日ご紹介したいのは、山中漆器の
我戸幹男商店のお椀と茶筒。

まずは、私が石川県の山中温泉にある
我戸さんを訪ねた時のことをお話します。

gato-1-600.jpg

山、川、自然に囲まれた場所に
突如現れたモダンな建物。

こちらが、我戸幹男商店さん。

出迎えてくれた方は代表の我戸さん。
我戸幹男さんではないのですが
苗字は我戸さん。ガトってガトーショコラ
みたいなおいしそうな苗字ですね。
なんて言ったら怒られそう・・・いや
笑ってくれそうな優しい方で、大きい方です晴れ

gato-10.jpg
※こちらは展示会の時の写真です!

gato-2-600.jpg
お茶はこんな素敵な木の湯呑で出て
来ましたよ。これは持っても熱くなく
軽くて口あたりもよくて素敵~きらきら

さて、我戸さん、山中漆器について
図を描いて説明してくださいました。

gato-4-600.jpg
一般的には、器をつくるために使う木は
横木で作るのですが、山中では
縦に木を使う「縦木取り」で作るので
背の高いものが出来るし、頑丈に出来る
ので、渕を薄くすることができるなどの
特徴があるそうなんです。

gato-3-600.jpg

gato-5-600.jpg

置いてある商品を見ても、口元が薄くて
とても繊細なもの、デザインもモダンな
ものがたくさんあって、ため息がでちゃうほど。

その中から、私たちは普段使いに使える
MATEVARI】を選びました。

gato-14.jpg

シンプルだけどちょっと他にはないデザイン
手に持った時の底にあたる指のおさまりも
いい感じです。

gato-11.jpg

gato-12.jpg

この【MATEVARI】は、形は
プロキッチンでも人気の【ソノベ めいぼく椀
に似てますが、厚みは薄く、重さは軽い!

ぜひ、普段使いにお使いいただきたい
お椀です。5種の木材の中から、私は
「サクラ」と「カエデ」が気に入りました~
同じサクラでも、プレーンと拭漆では
雰囲気が違うので、私と夫はシックな拭漆を、
子供達には少しカジュアルなプレーンを購入
するつもりです。

そしてもう一つ、目に留まったのが
スープボウル 羽反

gato-6-600.jpg

底にむかってシャープなラインと
口元が沿っている羽反(はぞれ)。

かっこいい~!ステキ~きらきら
これもやりたいね!!

ということで、注文したかったのですが
こちらはその時、まだ新商品で市場には
出回っていなくて、まだ名前も決まって
いないかったんですよ。
今は発売していて社内でも使っています!
使いやすさに感動して購入するスタッフも♪

MATEVARIより量が多く入るので、具沢山の
味噌汁や、お汁粉なんかに使っている
そうですよグッド

高級感があって箱も素敵なので
プレゼントにも喜ばれるとおもいますプレゼント
スープボウル 羽反

最後に「これ、欲しい!」と思った茶筒

gato-8-600.jpg

これを作れるのは、我戸幹男商店の職人さん
しかいない!!という逸品。

まず、木を縦に取れないと、この高さは
作れないし、周りに引かれた線(筋)も
山中独自の技術で、山中の木地師にしか
できない技術なんだそう。

見た目も素敵なんだけど、なんといっても
蓋を開け閉めした時のス~っと滑るように
合わさる感じ。

これなら茶葉が湿気にくいよね~と
思わせてくれる密閉性を感じました。
そして、この細く均一に彫られた筋の
お陰で、滑らず開けやすいんです。

ちょっとお高いと思ったけど、長い間
使って、飴色に変化した様子も見たいなと
思っているのですが、これをお迎えする前に

「断捨離して丁寧な暮らしができるように
なってから!」

と思い続けていまだに買えないでいますわからん
トホホ。

だけど、特に最近はおいしいお茶を飲むのが
楽しみになってきて、いい茶筒が欲しい
そして今ならセール中なので、
思い切って買おう!!
と書きながら決心しましたちょき

新春SALEは16日(木)まで開催中!
ほかにも素敵な商品が、いつもよりお買い得に!
この機会にぜひ、お買い求めくださいね~

akachan.jpg