レモンはグリグリじゃなく、ぎゅーっと絞る

投稿日: カテゴリー 新商品の発売情報タグ , , ,

プロキッチン 北村です。

普段はあまり食べないマクドナルド。
でも、月見バーガーだけは別枠で
CMを見ると「あ〜今年もこの季節が
来たんだなぁ、買いに行こう〜」と
意識も足もマクドナルド方面へ。
秋の風物詩ですもんね。

もうすぐ十五夜のお月見なので、
(9月21日火曜日)
月見バーガーを食べながら
満月を愛でたいと思います。
(お月見団子じゃなくてすみません)

そうそう、お月見が近くなると
人気になるのがうさぎの抜き型
とてもしっかりした作りで、
耳や手などの細かい部分もきれいに
抜くことができる、職人技が光る
抜き型です。まさにオススメの逸品!

さて、前置きが長くなりましたが
今日はかもしか道具店から届いた
レモンのしぼり器をご紹介します。

na1412-0314-201_img2.jpg

この道具のコンセプトは

「タネが混ざらず、料理に使いやすい」

レモンを絞るときにネックになる
タネの処理問題をスッキリ解決
してくれる工夫が施されていて
果汁の受けは片口の器として
そのまま食卓で使うことができます。

わたしは基本的に料理に酸味を
求めるタイプだから揚げ物や
焼き魚に絞ったレモン果汁を
たっぷりかけて食べています。
そのときに面倒になるのがやっぱり
タネを取り除くひと手間なんですよね。

ここが解消されるだけで、
市販のレモン果汁から卒業する方が
増えるんじゃないかなと思います。
何と言っても搾りたての香りの高い
フレッシュさは格別ですからね。

しぼり器の部分は(わたしが使用
しているのより)やや小ぶりですが、
レモンだけでなく、オレンジや
グレープフルーツにも対応できる
大きさです。実際、この商品を見た
スタッフ三木はグレープフルーツを
絞るのに良さそう♪と
つぶやいていました。

では早速使ってみましょう!

na1412-0314-201_img3.jpg

半分にカットしたレモンを
しぼり器に合わせてぎゅっと
握るように絞ります。
ここで、グリグリ回しながら
絞ると白い房の部分が押し付けられて、
苦みや濁りが果汁に流れて
しまいますのでご注意を。

na1412-0314-201_img5.jpg

はい!ご覧の通りタネが下に
落ちていませーん。
このままフライにかけたり
調味料を合わせて自家製の
ドレッシングを作っても美味。

na1412-0314-201_img4.jpg

タネと果肉は受けにしっかり
留まっています。
果物の果汁を絞ってジュースを
作るときも喉越しの良いジュースが
味わえますよ。ゴクゴク。

na1412-0314-201_4.jpg

使い終わったらしぼり器を
こんな風に裏返してセット。
コンパクトに収納していただけます。

ただ、
タネは下に落ちづらいのですが
絶対に落ちないというわけでは
ございません。タネの形、大きさに
よっては穴をすり抜けて下に落ちて
しまう場合もあるので、その辺は
大らかな気持ちで受け止めて
あげてくださいね。お願いします。

色はの2色からお選びください。
白の方が果汁の状態がひと目で
わかるかなーとは思いますが、
ここは好みで選んでいいと思いますよ。

レモンや柑橘系の果汁は
お菓子作りや魚の臭み取り、
自家製のポン酢、手作りドレッシング、
レモンハイボールなどなど、
いろいろな場面で欠かせない
いわば風味の決め手となる名脇役。

せっかくなら美味しい果汁を
使う直前に絞って、新鮮な香りと風味を
堪能していただきたいと思います!

これからの季節のお楽しみは・・・
脂ののった秋刀魚にかぼすやすだちの
フレッシュ果汁をジュワッとかけて。
はぁ、たまりません。

aiyu775227_img2.jpg

最後の告知を!
ただいま決算セール開催中!

kessan-key2109.jpg

サンキュー送料無料キャンペーンもご利用ください!