「20cmのフライパンで出来ること」

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画, 暮らしをみがく日々

プロキッチン 三木です。

私のちょこっとフライパン。

だいぶ育ってきて
お肉や卵もくっつかず、
わが家の狭いキッチンで
大変活躍してくれています。

昨年の7月からプロキッチンに入社して
はじめて迎え入れた鉄フライパンが

“「20cmのフライパンで出来ること」”の続きを読む

【プロキッチン別注】はじまりはビーンズプレート

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画, 店長ブログタグ

プロキッチン 店長みさこです。

プロキッチンには、プロキッチンでしか
買えない、別注品がいくつもあります。

こんなの欲しいんだけど、売ってないよねー
とか、ここがもうちょっとこうだったら
いいんだけどなーとか、普段キッチンで
お料理している私達スタッフの声を反映
させて生まれた商品。

その始まりが「ビーンズプレート」です。

“【プロキッチン別注】はじまりはビーンズプレート”の続きを読む

【プロキッチン別注】こどもの包丁ができるまで

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画タグ ,

プロキッチン見目です。

子どもってパパやママと
同じことをするのが好きですよね。

パパがビールを飲むように
ジュースを「ぷはぁ~」
と声を出してのんだり、
ママになりきって見よう見まねで
洗濯物をたたんだり、
重たそうな椅子を運んできては
その上からキッチンで何をしているのか
好奇心に満ちあふれた目で
じーっと観察なんてことありませんか。

このタイミングで
「料理のお手伝いしてくれる?」と聞くと
「やりたい!」と元気な声が。
じぶん専用のエプロンを着たら
小さな料理人の誕生です。

最初は玉ねぎの皮むきなど
包丁を使わない作業から。
エプロンを付けバンダナをキュッと結んだ姿は
可愛らしさと頼もしさがあって
本当に愛くるしいもの。

次はママのトントントンっとまな板で
食材を切るリズムがいい音が聞こえたら
包丁に興味津々。
「まだ、危ないから…」
とさけていても止まらない好奇心に
子どもは包丁にもチャレンジしたくなります。

実は大人が使っている包丁は
子どもの手には柄が大きく
刃先の長さと鋭利な先端が怖く
持たせるのが不安です。

しかし、よく見かける子ども包丁は
安全だけど切れ味が悪く、力加減が
わからないのでハラハラすることもしばしば。

そこで、プロキッチンでは子どもも大人も
納得のいく子ども包丁を自分たちで
作ることにしました。

わたしたちの想い

【親子二世代で使ってほしい】

大人になっても愛着が持てるように。
子ども包丁からステップアップできるように。
そんな思いを込めて、
プロキッチンで扱っている
志津刃物さんにオリジナル包丁の制作を
お願いしました。

【子どもにも本格的な包丁を】

子ども包丁は切れ味よりも安全性を重視した
商品が多く、力で切る感じになってしまうので
余計に危ないのでは?と考えました。
安全性も大事だけど、
正しく扱うことで危険ではない
ということをわかってもらえるような、
子ども用だけど本格的な包丁を目指しました。

【作ることで学ぶ食育】

自分で作る、食べる。
料理を作ることを通じて食への興味関心を持つ
きっかけになってくれたら。
そして食事の時間がより楽しくなるといいなぁと思いました。

そんな気持ちを込めて
プロキッチンオリジナルの
子ども包丁を作ることになりました。

実は作ると決めてから完成まで約1年。
サイズ、柄の木の種類、パッケージなど
こだわり続けたら1年もかかりました。

どんなこだわりが詰まっているかは
次回のブログでご紹介します。

【プロキッチン別注】こどもの包丁は3/7(木)12:30~発売予定です。

【新春企画】お年賀りぐるプレゼント!

投稿日: カテゴリー プロキッチンから, プロキッチン別注企画タグ ,

プロキッチン見目です。

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
2019年も食器と料理道具の専門店としてたくさんの素敵な商品をご紹介できるよう、そして、みなさまの暮らしをみがくお手伝いができるよう、スタッフ一同頑張って参りますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。

それではさっそく、新年のご挨拶も兼ねまして、毎年恒例のあの企画のご紹介です。

***********************************

【新春企画】お年賀りぐるプレゼント!

新年のご挨拶と日ごろの感謝を込めましてお年賀りぐるをプレゼント致します!

対象2019年1月4日(金)10時~のご注文で、
5400円(税込)以上お買い上げのお客様
商品【三彩 りぐる 美活クッキング (キッチンペーパー)】をプレゼント(当店非売品)

※数量限定となり、なくなり次第終了となります。予めご了承ください。
※ご注文者様とお届け先が異なる注文、ラッピングをご希望のご注文には同梱致しません。
※お年賀りぐるご不要の方は、ご注文時の備考欄にご記入ください。
※配送方法が宅配便ご希望の方のみ対象となります、ネコポス配送の注文は同梱いたしません。

*****************************

こちらの【三彩 りぐる 美活クッキング (キッチンペーパー)】はプロキッチンスタッフも愛用者が多いキッチンペーパーです。実際に使ってみて良さがわかる!お客さまにも知って欲しい!と言う思いから毎年、お年賀に配布していたふきんを今年はりぐるに変更!
薄手で和紙の風合いがある不織布のクッキングペーパーは業務用としてプロの料理人に高い評価をうけてきました。樹脂などの接着剤をつかわずに繊維同士をからませ、水で薄いペーパー状に圧着しているので赤ちゃんの口周りを拭いたり化粧水をしみ込ませコットン代わりもOK。
濡れても破れにくく、豆腐やゆで野菜の水切り、油こしやだし取り、お刺身のドリップ、蒸し料理、揚げ物の油切り、薬味の保存などに重宝し、食べ物に直接触れても安心して使えます。肉や魚を美活クッキングで包んでから保存すると食材の鮮度が保たれ、シートをはがす際も食材に繊維が残りません。

みなさまの2019年が素敵な1年となりますように!という思いを込めて、プロキッチンからの新年のご挨拶です。どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

また1/4(金)12:30~1/16(水)11:59まで
新春セールがスタートします。
詳しくは明日アップのブログでご紹介いたします。

木のカフェプレート、こんな風につかってます!

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画タグ , ,

プロキッチン小林です。

新発売の木のプレート、おかげさまで大人気!
今日は、4つのサイズのうち、真ん中の「木のカフェトレイ」と「木のトレイ」をご紹介します!

このサイズは、マグカップが置ける窪みがついた「カフェトレイ」と窪みなしの「トレイ」の2タイプ。1つめの「カフェトレイ」は、名前の通り、お家でカフェ気分を味わうイメージで作ってみました。 マグカップが置ける窪みとクッキーなどのちょっとしたおやつからケーキや朝食のパンなんかをセットで置いてちょうど良いサイズ。ビーンズプレートよりちょっとラフに使えるかなー、というイメージです。

そして、他のサイズのプレートは、丸プレートと同じ薄さにしたんだけど、これはしっかりと厚みをもたせて、木の存在感を出しましたよ。というか、カップ置きの窪みをつくると、あの薄さでは危険だったんですけどね。カップ置きがあると簡単にカフェっぽさを出せますよね。


きなこ餅を【瑞々 小鉢4寸 青白】に、お茶を【白山陶器 染付地紋 そば猪口 十草 イ】に入れて、和テイストもいいです!

でも、マグじゃないものを置きたい時は、トレイのほうが色々置けていいかもしれませんねー。

こんな風に四角いプレート【SAKUZAN Sara スクエア S】にサラダを載せたり。


倉敷意匠 kata kata 印判手豆皿 黒猫】にイチゴを載せたり♪

いろんな使い方ができますよ!

国産の桜の木を使って、日本で作られているのに、この価格もうれしいポイント!ぜひ、みなさんの暮らしに、ほっこりする木のプレート、取り入れてみてくださいね~。

木のプレートで定食ごはんを楽しもう

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画タグ ,

プロキッチン見目です。

先日発売した木の角プレート、みなさんチェックしましたか。
発売を記念して2/13(火)11:59まで木のプレートが20%OFFとお買い得です。

今日は私が一押しの木のプレート 桜 30×20cmについてご紹介します。
このプレートは私が欲しい!と熱いリクエストをして商品化してもらいました。
「副菜を豆皿にのせて定食プレートを楽しみたい!」
そんな気持ちで作ったのがこのプレートです。


大根の煮物、しらす和え、お浸し、などちょっとした副菜や夕飯の残り物が豆皿にのせるとなんだか様になる!

豆皿、小鉢だと3枚が横並びにおけます。
メインの魚やお肉料理はそのままのせると定食プレートのできあがりです。

トーストとおかずのワンプレート朝ごはんにも◎

数枚持っていれば家族分の定食プレートに。大皿としてテーブルの真ん中に家族分のおにぎりやお稲荷さんをどーんと盛り付けるのもいいですね。
2/13(火)11:59までお買い得の木のプレート、みなさんもいかがですか。

【プロキッチンオリジナル】角プレートの断面はどうする?

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画, 新商品の発売情報タグ , , , , , ,

プロキッチン見目です。

現在発売中の【プロキッチンオリジナル】木のプレートに新しく角プレートが仲間入りしました。発売を記念して2/13(火)11:59まで期間限定で木のプレート全商品が20%OFF!!とお買い得になっています。
まずはこだわりのプレートが生まれたきっかけについて、こちらの「【プロキッチンオリジナル】桜の角プレートがもうすぐ発売!」をご覧ください。

今日は角プレートができるまでをご紹介します。
まずはバイヤー小林と二人で用途、サイズを考えました。
小林は「お茶の時間を楽しむトレイ」と「トーストの時に使えるサイズ」が欲しい。
私は「ワンプレートで定食のようなお膳ができ、豆皿も載せれる大きいプレート」が欲しい。

欲しい用途からベストなサイズを考えて大きさはすぐに決まりました。なかなか決まらなかったのは厚みと側面のカットです。しっかりとした厚みが欲しいけど重さがでると使いづらい…。側面は斜めにカットすることでテーブルとの隙間ができ持ち運びしやすいが、上下左右と4面にカットするか、左右の両サイド2面だけカットするかとても悩みました。


左右2面だけ斜めにカットし、上下はカットなしのタイプ


上下左右4面斜めにカットしたタイプ


正直、真上から見たらどちらも同じに見えます。


裏面にするとカットの違いが少しだけわかりますね。
それくらい少しの差なんですが、だからこそ悩みました。
スタッフ内で話しても意見が割れて、好みの違いを感じたり、
「両方発売してみたら?」なんて意見もでました。

プロキッチンオリジナルの商品だからこそ商品の細部までこだわりたいと
じっくり話した結果、上下左右の4面カットをした商品を発売することに。


理由は、丸いプレートの角プレートバージョンを出したいという思いから生まれた商品なので、
・全体を斜めにカットしている丸いプレートに合わせる。
・四面カットの方が指をどこからでもかけやすく持ち運びしやすい。
・テーブルとの接地面が少なくなるので少し影がでてスタイリッシュに見える。


こうして木の角プレート&トレイができました!!
私達がじっくり考えて作ったこだわりのプレート、ぜひ皆さんも使ってみてくださいね。

次回はおすすめの使い方をご紹介します。

 

 

【プロキッチンオリジナル】桜の角プレートがもうすぐ発売!

投稿日: カテゴリー プロキッチンから, プロキッチン別注企画, 新商品の発売情報タグ ,

プロキッチン見目です。
人気のプロキッチンオリジナル木のプレートに新商品が仲間入りします。
現在扱ってる丸皿を四角いタイプにし用途に合わせて使いやすいサイズにしました。

全部で4タイプ

トーストにぴったりな「木のトーストプレート 桜 18×18cm」


マグカップが置ける「木のカフェトレイ 桜 24×15cm」


チーズや前菜盛り合わせのちょこっと盛りに「木のトレイ 桜 24×15cm」


小鉢や豆皿をのせた定食プレート「木のプレート 桜 30×20cm」

今日は新商品の紹介の前に【プロキッチンオリジナルの丸い木のプレート】がどのようにしてできたのかについてお話させていただきます。

思い起こせば、オリジナルの丸い木のプレートが完成した時は私が入社して間もなかったのでどんな風にしてできたか、商品の背景はよく知りませんでした。そこで、バイヤー小林に尋ねると2015年のブログを読ませてくれました。

そのブログでは小林が自宅で生姜紅茶と甘酒を楽しんでいる様子を書いていたのですが、アップした画像に写っていた木のコースターを見てお客様から購入希望の問い合わせがあったそうです。残念ながらプロキッチンでの取り扱いがなくお客様へ案内はできなかったのですが「こんなの欲しい!!」っていうお客様の気持ちを形にしてあげたい。さらに自分達も欲しいと思える物を形にしようと思ったのがきっかけだそうです。それが今やお弁当箱、フライパン、オリジナルカラーと他商品までどんどん開発するまでになりました。
プロキッチンの別注商品はこんな始まりだったんですね。

ただ形にするだけでなくプロキッチンのこだわりも出しました。
「国産」
「おしみなく使える価格」
「暮らしの様々なシーンで活用できるLINE UP」
当時、土佐龍さんに取材に行ったバイヤー小林とエディトリアルデザイン岩谷が中心となってこだわりの木のプレートは生まれました。


私も愛用していますが木の独特のぬくもりと使い込んでく楽しさもあっていいですよね。
このプレートはプロキッチンでも人気のアイテムになっています。

この木のプレートの四角バージョンもあったらいいなぁと私とバイヤー小林で考えたんですが、一口に四角と言っても奥が深く、アイデアが出れば出るほどいろんな考えが生まれ形にするのにとても大変でした。次回は新商品の四角のプレートができるまで「四角のプレートの断面はどうする?」についてご紹介します。

プロキッチンオリジナルの四角 木のプレートは2/2(金)12:30~新発売です。
楽しみにお待ちください。

 

SAKUZANのプロキッチン別注カラーができるまで②

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画, 新商品の発売情報タグ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

プロキッチン見目です。
1/9(火)12:30~新発売の【SAKUZAN Days saraシリーズ別注カラー】が発売します。
まずは私達がどんな思いを込めたかこちらのブログをご覧ください。
【9日発売!SAKUZANのプロキッチン別注カラーができるまで①】
今日はバイヤー小林、蟹谷が作山窯へ訪問した様子をご紹介します。

別注カラーのテーマを「使いやすく、合わせやすい、ちょっと大人の食卓」と決め、作山窯さんを訪ねたのは2017年5月。
事前に渡していた企画書から作山窯さんがイメージに近い色でサンプルを作ってくれていました。

少しずつ色の違いから私達のイメージに近い色を選んで別注カラーを形にしていきます。


光の当たり具合、角度を変えるとどんな風に見えるのか。
バイヤーの小林、蟹谷が真剣に何度も何度も確認していました。


私も一緒に考えていたのですが見れば見るほど、少しの差が難しく…。販売している既存のカラーと比較したり、どんな料理が映えるか考えてブルーとグレーは釉薬が決まりました。
イエローは私達がイメージする色味とは少し違ったのでもう一度、サンプル作りを依頼。何度かサンプルを作ってもらったのですがどうしても納得のいく色にたどりつけず、今回の別注カラープロジェクトでは商品化することができませんでした。
釉薬を作るのはただ色をまぜるだけでなく焼き上がりの仕上がり、濃淡など様々な条件が揃って出来上がります。SAKUZAN Days saraシリーズはカラフルな色がたくさんありますがこうやって商品化するのは大変だったのではと改めて感じました。
こうしてグレー×ブラックのディムグレー、ブルー×グレーのネイビーブルーの2色が完成しました。
私達が考えた別注カラー、みなさんの食卓で活躍していただけたら嬉しいです。

SAKUZAN Days saraシリーズのディムグレー、ネイビーブルー
1/9(火)12:30~新発売です。楽しみにお待ちください。

 

SAKUZANのプロキッチン別注カラーができるまで①

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画タグ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

プロキッチン見目です。

バイヤー小林、蟹谷と行った5月の北陸出張から8ヵ月。実は北陸出張の目的は新しく商品を探したり、プロキッチンで扱ってる商品の製作現場を見学に行くだけでなく、別注プロジェクトのために作山窯にも行っていました。
作山窯さんとじっくりと納得のいく色に出来上がるまで時間をかけたSAKUZAN Days saraシリーズのプロキッチン別注カラーがようやくできあがりました。
今日は1/9(火)12:30~新発売の【プロキッチン別注】SAKUZAN saraシリーズをご紹介します。

まず、プロキッチンが別注商品を考える時に大切にしていることがあります。

1)プロキッチンがセレクトした商品の良さ・価値・背景を伝えていきたい
 プロキッチンは、それぞれのライフスタイルを持つ女性たちが集っている会社です。
 そんなスタッフたちがセレクトした品物・企画して作ったオリジナルの品物をより多くの
 お客さまに使ってもらいたいという思い。

2)一人ひとりの暮らしがより心地よくなるようなオリジナル商品の提案
 既存の商品の取り扱いだけではなく、「こんな商品あったらいいな」と思うものを作り、
 多くの方々の暮らしに提案していきたいという思い。

3)プロキッチンというお店のロイヤリティを高める
 プロキッチンらしさや良さ、特色を築いていきたいという思い。

こうした思いを大切にしSAKUZANの別注カラーを考えました。
さかのぼること8ヵ月前、バイヤー小林、蟹谷と
自分だったらどんな色が欲しいか?
プロキッチンのお客さまにはどんな色が似合うか?
使いやすく、料理が映える色はどんな色か?
そんな事を考えながらまずはこの別注カラーについてのテーマを決めました。

SAKUZAN DAYS カラフルで明るく食卓を華やかにする
「料理のための美しい器」

    +
PROKITCHEN 自分らしく暮らしをみがくをテーマに
「自分にとって大切なもの、心地よいもの」を見つける大人の女性

それぞれのコンセプトに合ったテーマは
「使いやすく、合わせやすい、ちょっと大人の食卓」

料理を際立たせるカラーに落ち着きのあるグレーをプラス。
プロキッチンのお客さまは30~50代が多く大人の
女性に向けに普段使いしやすく、どんな料理にも合わせやすいダークイエロー・ディムグレー・ネイビーブルーの3色を考えました。


こうしてできたのがディムグレー、ネイビーブルーのプロキッチン別注カラーです。
あれ?ダークイエローがない…。
その理由はバイヤー小林と蟹谷が企画書を持って作山窯さんを訪問した次回のブログでご紹介します。