アイスを手放す子供続出!スイカ”だけ”でつくれる!?この夏おすすめの簡単スイカアイス!

投稿日: カテゴリー 干し野菜をはじめようタグ , ,

〜果物は半生”セミドライ”でジューシーに保存〜

廣田 有希です。

あっという間に梅雨が明け、
紫陽花は最後の力を振り絞って咲いています。
夜には名残の蛍が部屋に訪れ、新盆も近づき、
何となしにご先祖様に思いを馳せることも多い今日この頃です。

そして八百屋さんに並び出すスイカ。
“スイカは干しちゃいけない”と、
とある有名な八百屋さんに言われてから、
それを鵜呑みにしていました。
でも、何で干しちゃいけないのか、
試しに干してみると・・・!!!!!!
美味しいじゃないか!!!!

プロキッチンのサイトをご覧の方は
ご存知かと思いますが、
スイカを干すとこのうえなく美味しくなるのです。

一般に売られてる、ドライフルーツは、
常温保存できるように機械で
しっかり乾燥しているため
水分がなくジューシーさや風味も少ない。
また、砂糖で煮てから乾燥させてるものも実は多いのです。

その点、自分で干せば
砂糖を使わずに、生の果物の持つ、
”みずみずしく甘い水分”を濃〜く保存することができるのです。

水分が少ない分、甘さが濃く感じられるので、
いつもの果物がもっともっとあまーく感じられます。

今回は、大好物のスイカ。
暑い日が続くとどうしてもスイカが手放せない。
生の状態でも食べきってしまうところですが、
スイカを干したものを食べると、
子供も大人も、この甘さにびっくり!

そして、干したスイカを冷凍庫に入れるだけで
”スイカアイス”の出来上がり。
アイスを手放す子供続出、 びっくり仰天の美味しさ。
ぜひお試しください

●スイカの干し方

1.スイカを皮ごと1.5cm程度のスライスに切る
(2cmくらいになっていることもあります)。

2.表面の水分をキッチンペーパーなどで取り除き、
干しカゴに直接並べて、晴天の日(風があればなお良い)に干す。

3.1日程度でしんなりとしたら出来上がり。
(色が濃く、半透明になっています)
干せば干すほど乾燥します。(2−3日)
好みの干し加減で取り込みましょう。

※カラッと晴れている日に干すのがポイントです。
曇天・雨の日は、
カビの原因になるので干さないでください。
次の晴れ間に、ぜひ干してみてください🎶

●干したものの食べ方

・そのまま食べたり、冷凍しておき、半解凍状態だとシャーベットのように食べられる

・ワタの部分は、ウリと同じようにして食べられるので、身の部分を食べたらぜひ、炒め物などに使ってみてください!味噌炒めや味噌汁にも最適です。ゴミが減る!!!

・保存は冷蔵・冷凍で。

<<干しフルーツにおすすめのアイテムはこちら>>

<茨城県鹿嶋市の農家さん>
Soil life
https://www.instagram.com/soil_life2003/

まるで岩清水のような喉越し。この世の幸福をぎゅっと絞ってジュワ〜っと浴びたような感覚になるスイカ。

自分の生命力とあめつちひかりで育つ無肥料・無農薬の野菜や果物。まだまだ市場には少ないのですが、この農法の友人が作るスイカが何とも言えないほどに美味しい。通常のスイカは20回以上の農薬散布、大量の肥料を使います。より大きく、より甘く、より早くを求めて。でもその裏では、地力が減り、水や自然に負担がかかっていることもあります。自然栽培と言われる農法をして13年目の友人が作るスイカは、地球にタネに農家さんに感謝したくなる味わい。未来の子供に、力ある土を残していきたいですね^^

 

・Instagram
sunvege_lab

・FBpage
干し野菜研究室 Lab. for Sun-Dried Vegetables

 

「セミドライパイン」を作ろう Vol.3

投稿日: カテゴリー 干し野菜をはじめようタグ , ,

〜果物は半生”セミドライ”でジューシーに保存〜

廣田 有希です。

温かい房総では、
蛍が最後の力を振り絞って光を放っています。
蛍は陸に上がってからは2週間で命を
終えてしまうとのこと。
命の尊さの輝きを感じます。
蛍の終焉を迎えると同時に梅雨到来。
梅雨入りしたとはいえ、たまに訪れる猛暑日。
そんな時には南国に行きたくなります。
最近ではパイナップルが当たり前に
手に入るようになったのですが、
ドライパインを簡単に作れるのをご存知でしょうか?

一般に売られてる、ドライフルーツは、
常温保存できるように機械でしっかり乾燥。
だから、ジューシーさや風味も少ない。
また、砂糖で煮てから乾燥させてるものも多いです。

自分で作れば、生の果物の持つ、
”みずみずしく甘い水分”を干すことで、濃~くできる。

水分が少ない分、甘さが濃く感じられるので、
いつもの果物がもっともっとあまーく感じられます。

今回は、1つだと、大きくて買うのに躊躇することも
しばしば・・・の

”パイナップル”の干し方をご紹介します。

料理に入っているパイナップルは、
水分が他の素材を邪魔していることもあるので、
なかなかどうりで苦手なのですが、
この半干しパインだと”カモン!!!”と
言いたくなるほど、料理との相性がよくなります^^

パイナップルの皮を剥き、5mm程度のスライスか、
好みの大きさに切って干しカゴに直接並べて、
晴天の日(風があればなお良い)に干す。

1日程度でしんなりとしたら出来上がり。
干せば干すほど乾燥します。(2−3日)
好みの干し加減で取り込みましょう。

※カラッと晴れている日に干すのがポイントです。

次の晴れ間に、ぜひ干してみてください🎶

 

<<干したものの食べ方>>

・そのまま食べたり、冷凍しておき、半解凍状態だとシャーベットのように食べられる

・炒め物のアクセントに入れても、パイナップルがべちゃっとしないのでおすすめ!!!!

保存は冷蔵・冷凍で。

 

・Instagram
sunvege_lab

・FBpage
干し野菜研究室 Lab. for Sun-Dried Vegetables

「セミドライキウイ」を作ろう Vol.2

投稿日: カテゴリー 干し野菜をはじめようタグ , ,

〜果物は半生”セミドライ”でジューシーに保存〜

廣田 有希です。

早いところでは田植えが始まり、
新緑が目に鮮やかになって来ました。
小汗をかく陽気の日も少しずつ増えてくると
欲しくなるのは甘酸っぱいものではないでしょうか。

いつも食べる果物、フルーツジュースにしても
良いのですが、半生に干すと、
お砂糖を使わないでも満足できる
セミドライフルーツができてしまうのです。

一般に売られてる、ドライフルーツは、
常温保存できるように機械でしっかり乾燥。
だから、ジューシーさはありません。
また、砂糖で煮てから乾燥させてるものも多いです。
でも、自分で作れば果汁を残しつつ干すことができます。

生の果物の持つ、
”みずみずしく甘い水分”を干すことで、濃〜くする。

水分が少ない分、甘さが濃く感じられるので、
いつもの果物がもっともっとあまーく感じられます。

今回は、前回に引き続き季節問わず手に入れやすい、
”キウイ”の干し方をご紹介します。

キウイの皮を剥き、5mm程度のスライスか、
好みの大きさに切って干しカゴに直接並べて、
晴天の日(風があればなお良い)に干す。

表面が乾燥し、しんなりとしたら出来上がり。
干せば干すほど乾燥します。
好みの干し加減で取り込みましょう。

※曇りの日は、薄黒くなるので、カラッと晴れている日に干すのがポイントです。

次の晴れ間に、ぜひ干してみてください🎶

<<干したものの食べ方>>

・そのまま食べたり、冷凍しておき、半解凍状態だとシャーベットのように食べられる。

・甘麹にカカオ、水切り豆腐、練りゴマを混ぜ、干したキウイを合わせて冷凍させれば、砂糖不使用のキウイ&チョコレートアイスのできあがり。

保存は冷蔵・冷凍で。

<お知らせ>

6月3日(日)
SLOW MARCHE に出店予定です〜。
https://www.slow.gifts

販売予定商品は
●干しカゴと盆ざる
●砂糖不使用、米で作ったチョコレート
●無肥料・無農薬のサクサクお煎餅やお米

その他ちょろちょろ。
マルシェは11−18時ですが
私は11~16時までおります。
みなさん、ぜひ遊びにきてください。

「セミドライバナナ」を作ろう Vol.1

投稿日: カテゴリー 干し野菜をはじめようタグ , ,

〜果物は半生”セミドライ”でジューシーに保存〜

廣田 有希です。

りんご、桃、梨、柿にイチジク。
日本の豊かな大地に恵まれた、色鮮やかな果物。
これを、ほんの1日か2日で
半生、ジューシーな状態にできること、
ご存知でしょうか?

一般に売られてる、ドライフルーツは、
常温保存できるように機械でしっかり乾燥。
だから、ジューシーさはありません。

でも、自分で作れば
果汁を残しつつ干すことができます。
生の果物の持つ、
”みずみずしく甘い水分”を干すことで、濃〜くする。

そして、歯ごたえもしっかりする。

水分が少ない分、甘さが濃く感じられるので、
いつもの果物がもっともっとあまーく感じられます。

そして、干した果物は、砂糖よりも満足感の高い甘さ。
だから、砂糖なしで、た〜くさん、
美味しいおやつも作れちゃいます。

今回は、季節問わず手に入れやすい、
”バナナ”の干し方をご紹介します。

バナナの皮と筋を剥き、5mm程度のスライスか、
好みの大きさに切って干しカゴに直接並べて、晴天の日に干す。

表面が乾燥し、しんなりとしたら出来上がり。
干せば干すほど乾燥します。
好みの干し加減で取り込みましょう。

※曇りの日は、薄黒くなるので、カラッと晴れている日に干すのがポイントです。

<<干したものの食べ方>>

・そのまま食べる

・ココナッツオイルでソテーして、シナモンを振りかける

・美味しい小麦粉や米粉で作るパンケーキやパウンドケーキには、砂糖を入れずに、セミドライバナナ、コリアンダー、ピンクペッパー、カルダモン、などのスパイスを混ぜて作るのがオススメです。砂糖は使わないでも美味しいことがわかるはずです🎵

保存は冷蔵・冷凍で。

干し野菜研究家・廣田有希さんの連載がはじまります!

投稿日: カテゴリー プロキッチンから, 干し野菜をはじめようタグ ,

プロキッチン 北村です。

当店で人気の干しかごを製作し、自身も干し野菜研究家として講師や著書を出版、精力的に活動している廣田 有希さんの連載ブログが月イチでスタートします。


有希さんは大きなくりっとした瞳と小柄な可愛らしさでありながら、パワフルに活動している素敵な干し野菜研究家です。
思わず、「やってみたい」っと思わせる、干し野菜の講座はすぐに満席になるほどの人気講座。

有希さんのプロフィールにはこんなことが書いてありました。*********************
毎日、空を見上げていますか?
干し野菜をすると、美味しさを感じるだけでなく、
何となく毎日が楽しくなっていることに気づくと思います。
干し野菜をはじめて
空を見上げる生活、
るんるんした毎日を送ってみませんか?
太陽のパワーで、とっても甘く、美味しくなるのが干し野菜なのです。
*********************
なんだかわくわくしますね。干し野菜が気になってた方、もっと干し野菜を知りたい、そんな方にも楽しんでもらえると思います。
干し野菜の魅力を伝えつつ、季節のコラムとしても楽しめる内容になっていますので、お便りが届く感覚で読んでいただけたらと思います。
まずはおやつにも楽しめる干しフルーツからご紹介します。お楽しみに。

干し野菜セットはこちら