木のカフェプレート、こんな風につかってます!

投稿日: カテゴリー オリジナル, プロキッチン別注企画タグ , ,

プロキッチン小林です。

新発売の木のプレート、おかげさまで大人気!
今日は、4つのサイズのうち、真ん中の「木のカフェトレイ」と「木のトレイ」をご紹介します!

このサイズは、マグカップが置ける窪みがついた「カフェトレイ」と窪みなしの「トレイ」の2タイプ。1つめの「カフェトレイ」は、名前の通り、お家でカフェ気分を味わうイメージで作ってみました。 マグカップが置ける窪みとクッキーなどのちょっとしたおやつからケーキや朝食のパンなんかをセットで置いてちょうど良いサイズ。ビーンズプレートよりちょっとラフに使えるかなー、というイメージです。

そして、他のサイズのプレートは、丸プレートと同じ薄さにしたんだけど、これはしっかりと厚みをもたせて、木の存在感を出しましたよ。というか、カップ置きの窪みをつくると、あの薄さでは危険だったんですけどね。カップ置きがあると簡単にカフェっぽさを出せますよね。


きなこ餅を【瑞々 小鉢4寸 青白】に、お茶を【白山陶器 染付地紋 そば猪口 十草 イ】に入れて、和テイストもいいです!

でも、マグじゃないものを置きたい時は、トレイのほうが色々置けていいかもしれませんねー。

こんな風に四角いプレート【SAKUZAN Sara スクエア S】にサラダを載せたり。


倉敷意匠 kata kata 印判手豆皿 黒猫】にイチゴを載せたり♪

いろんな使い方ができますよ!

国産の桜の木を使って、日本で作られているのに、この価格もうれしいポイント!ぜひ、みなさんの暮らしに、ほっこりする木のプレート、取り入れてみてくださいね~。

木のプレートで定食ごはんを楽しもう

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画タグ ,

プロキッチン見目です。

先日発売した木の角プレート、みなさんチェックしましたか。
発売を記念して2/13(火)11:59まで木のプレートが20%OFFとお買い得です。

今日は私が一押しの木のプレート 桜 30×20cmについてご紹介します。
このプレートは私が欲しい!と熱いリクエストをして商品化してもらいました。
「副菜を豆皿にのせて定食プレートを楽しみたい!」
そんな気持ちで作ったのがこのプレートです。


大根の煮物、しらす和え、お浸し、などちょっとした副菜や夕飯の残り物が豆皿にのせるとなんだか様になる!

豆皿、小鉢だと3枚が横並びにおけます。
メインの魚やお肉料理はそのままのせると定食プレートのできあがりです。

トーストとおかずのワンプレート朝ごはんにも◎

数枚持っていれば家族分の定食プレートに。大皿としてテーブルの真ん中に家族分のおにぎりやお稲荷さんをどーんと盛り付けるのもいいですね。
2/13(火)11:59までお買い得の木のプレート、みなさんもいかがですか。

【プロキッチンオリジナル】角プレートの断面はどうする?

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画, 新商品の発売情報タグ , , , , , ,

プロキッチン見目です。

現在発売中の【プロキッチンオリジナル】木のプレートに新しく角プレートが仲間入りしました。発売を記念して2/13(火)11:59まで期間限定で木のプレート全商品が20%OFF!!とお買い得になっています。
まずはこだわりのプレートが生まれたきっかけについて、こちらの「【プロキッチンオリジナル】桜の角プレートがもうすぐ発売!」をご覧ください。

今日は角プレートができるまでをご紹介します。
まずはバイヤー小林と二人で用途、サイズを考えました。
小林は「お茶の時間を楽しむトレイ」と「トーストの時に使えるサイズ」が欲しい。
私は「ワンプレートで定食のようなお膳ができ、豆皿も載せれる大きいプレート」が欲しい。

欲しい用途からベストなサイズを考えて大きさはすぐに決まりました。なかなか決まらなかったのは厚みと側面のカットです。しっかりとした厚みが欲しいけど重さがでると使いづらい…。側面は斜めにカットすることでテーブルとの隙間ができ持ち運びしやすいが、上下左右と4面にカットするか、左右の両サイド2面だけカットするかとても悩みました。


左右2面だけ斜めにカットし、上下はカットなしのタイプ


上下左右4面斜めにカットしたタイプ


正直、真上から見たらどちらも同じに見えます。


裏面にするとカットの違いが少しだけわかりますね。
それくらい少しの差なんですが、だからこそ悩みました。
スタッフ内で話しても意見が割れて、好みの違いを感じたり、
「両方発売してみたら?」なんて意見もでました。

プロキッチンオリジナルの商品だからこそ商品の細部までこだわりたいと
じっくり話した結果、上下左右の4面カットをした商品を発売することに。


理由は、丸いプレートの角プレートバージョンを出したいという思いから生まれた商品なので、
・全体を斜めにカットしている丸いプレートに合わせる。
・四面カットの方が指をどこからでもかけやすく持ち運びしやすい。
・テーブルとの接地面が少なくなるので少し影がでてスタイリッシュに見える。


こうして木の角プレート&トレイができました!!
私達がじっくり考えて作ったこだわりのプレート、ぜひ皆さんも使ってみてくださいね。

次回はおすすめの使い方をご紹介します。

 

 

【プロキッチンオリジナル】桜の角プレートがもうすぐ発売!

投稿日: カテゴリー オリジナル, プロキッチンから, 新商品の発売情報タグ ,

プロキッチン見目です。
人気のプロキッチンオリジナル木のプレートに新商品が仲間入りします。
現在扱ってる丸皿を四角いタイプにし用途に合わせて使いやすいサイズにしました。

全部で4タイプ

トーストにぴったりな「木のトーストプレート 桜 18×18cm」


マグカップが置ける「木のカフェトレイ 桜 24×15cm」


チーズや前菜盛り合わせのちょこっと盛りに「木のトレイ 桜 24×15cm」


小鉢や豆皿をのせた定食プレート「木のプレート 桜 30×20cm」

今日は新商品の紹介の前に【プロキッチンオリジナルの丸い木のプレート】がどのようにしてできたのかについてお話させていただきます。

思い起こせば、オリジナルの丸い木のプレートが完成した時は私が入社して間もなかったのでどんな風にしてできたか、商品の背景はよく知りませんでした。そこで、バイヤー小林に尋ねると2015年のブログを読ませてくれました。

そのブログでは小林が自宅で生姜紅茶と甘酒を楽しんでいる様子を書いていたのですが、アップした画像に写っていた木のコースターを見てお客様から購入希望の問い合わせがあったそうです。残念ながらプロキッチンでの取り扱いがなくお客様へ案内はできなかったのですが「こんなの欲しい!!」っていうお客様の気持ちを形にしてあげたい。さらに自分達も欲しいと思える物を形にしようと思ったのがきっかけだそうです。それが今やお弁当箱、フライパン、オリジナルカラーと他商品までどんどん開発するまでになりました。
プロキッチンの別注商品はこんな始まりだったんですね。

ただ形にするだけでなくプロキッチンのこだわりも出しました。
「国産」
「おしみなく使える価格」
「暮らしの様々なシーンで活用できるLINE UP」
当時、土佐龍さんに取材に行ったバイヤー小林とエディトリアルデザイン岩谷が中心となってこだわりの木のプレートは生まれました。


私も愛用していますが木の独特のぬくもりと使い込んでく楽しさもあっていいですよね。
このプレートはプロキッチンでも人気のアイテムになっています。

この木のプレートの四角バージョンもあったらいいなぁと私とバイヤー小林で考えたんですが、一口に四角と言っても奥が深く、アイデアが出れば出るほどいろんな考えが生まれ形にするのにとても大変でした。次回は新商品の四角のプレートができるまで「四角のプレートの断面はどうする?」についてご紹介します。

プロキッチンオリジナルの四角 木のプレートは2/2(金)12:30~新発売です。
楽しみにお待ちください。

 

オリジナルの木のプレートできました

投稿日: カテゴリー 新商品の発売情報タグ , ,

プロキッチン 北村です。

プロキッチンではこれまでに「ちょこっとまな板」、「ビーンズプレート」とオリジナルの商品を手がけてきました。どの商品もお客さまに喜んでいただけているようで、わたし達も嬉しい限りで!そこでもっとお客さまに喜んでいただきたいと手掛けたのが・・・・ “オリジナルの木のプレートできました”の続きを読む