2018年2月のプロキッチンスケジュール

投稿日: カテゴリー プロキッチンから, 新商品の発売情報

プロキッチン 太田口です。

今年初めてのプロキッチンスケジュールです。
でも、すでに1年の12分の1は過ぎてしまったのだと思うと
時の経つのは早いなあと思ってしまいます。

先日、プロキッチンのある中央区は雪が降りました。
交通が麻痺してしまい自宅に帰るのにひと苦労。
雪の多い地域に住む方のご苦労には頭が下がります。

2018年2月のプロキッチンスケジュール

◆ 発売情報・イベント情報 ◆

【新商品】
2月2日 【プロキッチン別注】木のプレートとトレイ
2月6日 オークス 調理器具
2月13日 大矢製作所 おろし金
2月20日 フジボシ 調理器具他
2月27日 ポワン・バーグル フライパン他
2月中 マリメッコ 新アイテム

今月はオークスやフジボシの調理器具を新しく取り扱います。
実店舗のつきじ常陸屋で好評いただいているものもありますので
お楽しみに。

オリジナルの四角い木のプレートは全部で4タイプご用意しました!
ブログで完成までの道のりをご紹介していきますので併せてご覧ください。
さらに、発売記念として角プレート・丸プレートがお買い得になりますよ。
お楽しみにお待ちください!

お知らせしたスケジュールは入荷状況などの
諸事情により予定が変更になる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

【プロキッチンオリジナル】桜の角プレートがもうすぐ発売!

投稿日: カテゴリー オリジナル, プロキッチンから, 新商品の発売情報タグ ,

プロキッチン見目です。
人気のプロキッチンオリジナル木のプレートに新商品が仲間入りします。
現在扱ってる丸皿を四角いタイプにし用途に合わせて使いやすいサイズにしました。

全部で4タイプ

トーストにぴったりな「木のトーストプレート 桜 18×18cm」


マグカップが置ける「木のカフェトレイ 桜 24×15cm」


チーズや前菜盛り合わせのちょこっと盛りに「木のトレイ 桜 24×15cm」


小鉢や豆皿をのせた定食プレート「木のプレート 桜 30×20cm」

今日は新商品の紹介の前に【プロキッチンオリジナルの丸い木のプレート】がどのようにしてできたのかについてお話させていただきます。

思い起こせば、オリジナルの丸い木のプレートが完成した時は私が入社して間もなかったのでどんな風にしてできたか、商品の背景はよく知りませんでした。そこで、バイヤー小林に尋ねると2015年のブログを読ませてくれました。

そのブログでは小林が自宅で生姜紅茶と甘酒を楽しんでいる様子を書いていたのですが、アップした画像に写っていた木のコースターを見てお客様から購入希望の問い合わせがあったそうです。残念ながらプロキッチンでの取り扱いがなくお客様へ案内はできなかったのですが「こんなの欲しい!!」っていうお客様の気持ちを形にしてあげたい。さらに自分達も欲しいと思える物を形にしようと思ったのがきっかけだそうです。それが今やお弁当箱、フライパン、オリジナルカラーと他商品までどんどん開発するまでになりました。
プロキッチンの別注商品はこんな始まりだったんですね。

ただ形にするだけでなくプロキッチンのこだわりも出しました。
「国産」
「おしみなく使える価格」
「暮らしの様々なシーンで活用できるLINE UP」
当時、土佐龍さんに取材に行ったバイヤー小林とエディトリアルデザイン岩谷が中心となってこだわりの木のプレートは生まれました。


私も愛用していますが木の独特のぬくもりと使い込んでく楽しさもあっていいですよね。
このプレートはプロキッチンでも人気のアイテムになっています。

この木のプレートの四角バージョンもあったらいいなぁと私とバイヤー小林で考えたんですが、一口に四角と言っても奥が深く、アイデアが出れば出るほどいろんな考えが生まれ形にするのにとても大変でした。次回は新商品の四角のプレートができるまで「四角のプレートの断面はどうする?」についてご紹介します。

プロキッチンオリジナルの四角 木のプレートは2/2(金)12:30~新発売です。
楽しみにお待ちください。

 

プロキッチンお茶会~ガレット デロ ワ~

投稿日: カテゴリー プロキッチンからタグ

プロキッチン見目です。
正月明けでまだ仕事モードにならない中、月1恒例のプロキッチンお茶会をやりました。今回はバイヤー蟹谷のリクエスト「ガレット デ ロ ワ」がお茶会のおやつです。

みなさん「ガレット デ ロ ワ」は知っていますか。
フランスでは新年のお祝いに欠かせない伝統菓子でパイ生地にアーモンドクリームが入ったものに、一つだけ「フェーヴ(fève)」と呼ばれる焼き物が入っています。1月6日に切り分けてから食べフェーヴを引き当てた人は「王(王女)」に!その日は王冠をかぶり、みんなから祝福され一年を幸せに過ごせるそうです。最近は日本でもよく見る焼き菓子になりましたね。

今回、買ってきたガレット デ ロ ワはフェーヴの代わりにアーモンドが入っていました。私が切り分けたのですが、どこに入っているかわからないのでみんなが食べる前に切ってしまったらどうしよう…と恐る恐るカット。フェーヴを当てるより誤って切らずにカットできた方が幸運なんじゃないかな…なんて思ったりもしました。

みんな「ん?これかな?」っと探り探り食べる人もいれば、大胆に中身をあけてしまう人、みんなが発見するのを待つ人と様々でそれを見てるのも面白かったです。見事に当てたのはバイヤー蟹谷と11月に入社したばかりの幸塚、プロキッチンの今年の幸運な王女はこの二人に決まりました。(毎回、やってしまうのですが食べ始めるとカメラを置いてしまい…いつも食べる前の写真だけになってしまいます。みなさんにお伝えできずすみません。)

さてさて、今月のお茶会の話題は「鍋」についてでした。
鍋をたくさん使う時期に鍋の特集をやったらどうか!!に始まり、プロキッチンではいろんな鍋を扱っているけどどのように紹介したらいいのか、選び方、用途、使い方、違い…などなど知りたいこと、伝えたいことがたくさん出てきてスタッフ一同悩んでいました。

そんな時、スタッフ田島から「鍋の良さはわかるけど、使い方のコツがわからないんじゃない?前にフライパンを買った時、コツを聞いたら使いこなせるようになったよっ」と、以前スタッフ笹間にコツを聞いた話をしてくれました。この会話をきっかけに話の流れは鍋から離れ、主婦歴の長いベテランスタッフや道具の使い方で頼りになるスタッフ達が実際に使ってみて、お客さまに自信をもっておすすめできる商品を紹介しようということに。紆余曲折はあったものの今回の特集は、スタッフが2017年に購入した商品の中からNo.1をご紹介する「ベストバイ2017」に決定しました。

プロキッチンスタッフが昨年買った“ベストバイ”はどんな商品でしょうか。
只今、特集ページを作成中ですが中には語りだしたら止まらず掲載する字数をオーバーしてしまうスタッフも…。特集は近日公開予定。どんな商品が紹介されるのか皆さんのベストバイを予想しながらお待ちくださいね。あと、鍋についてこんなことが知りたい!などがありましたご意見お寄せください。

手づくりで楽しむ恵方巻きづくり!

投稿日: カテゴリー プロキッチンから, 暮らしをみがく日々タグ ,

プロキッチン 北村です。

もうすぐ2月3日の節分ですねー。
節分の三種の神器!?といえば、
「豆まき()」、「鬼だるま(青鬼・赤鬼)」、「恵方巻き」ですよね。
いつの間にか節分のメインイベントへと登りつめた恵方巻き、デパートやコンビニでは豪華絢爛な恵方巻きやキャラクターをイメージした恵方巻きまで、購買意欲をそそる恵方巻きが登場してます。でも、恵方巻きは自分で作った方が好きな具材を自由にアレンジできるし、節分のイベントをさらに楽しい時間にしてくれるはず!今年は手づくり恵方巻きを作ってみましょう。

タイミング良く、お米をたくさんいただいたので、スタッフみんなで一足早い恵方巻きづくりを楽しみました。(初心者のわたしは本番に向けての練習も兼ねて。。。)

美味しそうな具材が並びました。今回用意した具材はうなぎ、かんぴょう、きゅうり、蟹かまぼこ、たまご焼き、シイタケ煮、三つ葉、サーモン、ネギトロの全部で9種類。本来恵方巻きは七福神にちなんで7つの具材をつかって作るそう。しかし、くいしん坊たちはルールよりも食い気が勝ちました。

ここで、恵方巻き(太巻き作り)のポイントをおさらい。

■恵方巻きの巻き方■

・巻きすは紐の結び目を巻き終わり側にし、竹皮の残る面(緑色)を上に使う。

・巻きすの上に焼き海苔1枚をのせ、すし飯を薄く均等になるように載せる。
*ご飯は1本に250g程度が目安
*海苔の巻き終わり側は1.5cm程度、のりしろ分を空けておく
*海苔の巻き始め側から1cmは、高さ1cm程度にこんもりとご飯を山にし、土手を作る
(土手の向こう側は、具がバラつかないように、ご飯を少しくぼませる)

・土手の向こう側から具を並べる。

・両手の中指で具を押さえつつ、巻きすの手前からご飯の端に向かって一気に巻く。

・右手で巻いた太巻きをきゅっと手前に引きながら、左手で巻きすの端を向こう側へ引っ張る(左右の手を奥と手前に引き合い太巻きを締める)。

・最後はのりしろ部分に向かってコロンと奥へ転がし再度形成する。

わたしはここで失敗しました。巻きはじめの時にどうやっても具材が崩れてしまい、思い切れませんでした。さらに、ギューっと巻き締めたつもりだったのに力が弱かったらしく、きっちりと海苔がくっつきませんでした(涙)スタッフ萩原が作ったのをいただいたら、キュッと握られたものは食感もよく、具材もまとまりがあって美味しかったです。

上手に巻けたスタッフ中島の恵方巻き。(恵方巻きはカットせず丸かぶりだけど、今回は練習なのでカットして食べました!)当日は恵方である「南南東」を向いて無言でガブリっですよ。

■カットpoint■
・1~2回ごとに、包丁を濡れ布巾やキッチンペーパー等で拭くと、ご飯がべたべたつかずきれいに切れます。切るときは、一気に引きながら切る!

今回使用した巻きすは東京巻きスと呼ばれるもので、国産の竹を使って職人さんが丁寧に仕上げている手作り品。毎日使うものではないけど、あると便利な和の台所道具。直接、食材に触れるものなので安心なものを使いたいですね。

今回の恵方巻きづくりで使用した商品まとめ
【東京巻ス 8寸×8寸】
【土佐龍 四万十ひのき 一枚板まな板 27×48】
【志津刃物 ゆり 三徳】

厄除けの青鬼だるま、赤鬼だるまもお忘れなく。豆まきの掛け声は「福はうちー、鬼はうちー」ですよ。

 

 

プロキッチンお茶会~スイートポテト&ゆずのパウンドケーキ~

投稿日: カテゴリー プロキッチンからタグ , ,

プロキッチン見目です。

11月から始まった月1恒例のプロキッチンお茶会。
毎月どんな様子だったかお伝えしようと思っていたのに12月のお茶会の様子を伝える間もなく年越をしてしまいました。
師走って本当にあっという間ですね。
今日は遅ればせながら12月のお茶会の様子をご紹介します。

12月は私の手作りおやつでお茶会でした。
お菓子は「クリームチーズ入りスイートポテト&ゆずのパウンドケーキ」
私の実家はケーキ屋だったのですが、そうとは思えないほど大雑把な性格の私は分量を量るのが好きではなく…、目分量でお菓子を作ります。
この日はバター多めにしたらパウンドケーキよりスコーンのようなお菓子が出来上がりました。正確にはやわらかスコーン…という名にしようかな、というお菓子。
スイートポテトは「バニラアイスと混ぜるだけで簡単においしいスイートポテトができる」っと聞いて作ってみたく挑戦したのですが…なんと!バニラアイスを買い忘れるというサザエさんみたいな事をして、結局、普通のレシピで作りました。(もちろんこちらも目分量)

おやつ皿はお気に入りのカサゲント
このぽてっとした感じの風合いがとても好きです。

12月のお茶会は
「夏に向けたガラス製品について」、「食器の買い替え」について話しました。

一番盛りあがったのは「食器の買い替え」について。
・引っ越しやリフォームのタイミングで不要な食器を捨てる
・人がくるタイミングで揃える
・断拾離する
・割れてしまったら
など理由は様々、中には欲しい物は買ってしまい家族に見つからないように少しずつ食器棚に足したり…なんてスタッフもいました。

欲しいものがあっても限られたスペースしかないとなかなか難しいという方も多そうですね。他にも食器はあまり買い替えずに愛着を持って大切にしているっというスタッフもいました。
自分の子どもに受け継いで欲しいなと思える食器も素敵ですよね。
そういえば我が家にも小さい時に姉が使ってたミッキーのお茶碗がいまだにあります。
絵柄も少し剥げてきている部分がありますが、いつの間にか姪っ子がそのお茶碗を使っていて…そうやって自然と受け継がれていくものって、言われてみるとあるなぁと思いました。

みなさんはどんな時に食器を買い替えますか。
お客様との座談会を開いていろんな意見もきいてみたいなぁと思いました。
1月のお茶会の報告も楽しみにしていてくださいね。

 

ご褒美チョコは誰かにあげたくなるチョコ

投稿日: カテゴリー プロキッチンから, 暮らしをみがく日々タグ , ,

プロキッチン 北村です。

日常的にお菓子を食べる事がないわたしですが
チョコレートは別物です。
特に!
ピープルツリーのフェアトレードチョコは
毎日食べても食べ飽きないし(むしろ毎日食べたい!)
秋冬にしか食べられない限定もの。

初めて食べた時の感動は今でも忘れられず、
口の中でとろーんととろけていく滑らかな
舌触りやしつこくない甘さなど高級チョコにも
ひけをとらない美味しさにしびれました。
お高めチョコなので少しずつ味わおうと
思っても、気づけばペロリと食べてしまう事も
しょっちゅう。わたしにとってのご褒美チョコ。
しかも、オーガニック素材で作られているため
人にプレゼントする時も安心です。

お気に入りはホワイト・ジンジャー&レモン
ビター・レモンピールですが、
今年初登場した抹茶味も裏切らない美味しさです。

実はピープルツリーのチョコレートは
わたしも含め、スタッフみんなが
ちょこっとギフト用としてストックしています。
バレンタインデーの友チョコをお探しの方、
ピープルツリーのチョコレートは
パッケージが可愛く、フレイバーも豊富に揃ってますよ。
“秋冬限定”ってのも、とっておき感を演出です(笑)

01101418_58746e9de0d69.jpg01101320_587460f0e364e.jpg

冬物雑貨の最終値下げ開催中!

クリッパンラプアンカンクリツイードミル
3ブランドのブランケット類を通常販売価格より
最大50%OFFでご紹介しています。
この価格で購入できるのはプロキッチンだけかも?な
お安さなんです。

ひらめき税込10,800円→税込5,400円

どのブランドも品質のよさは折り紙つきですが、
特にラプアンカンクリのブランケットは
薄手で軽く、身体に負担を感じさせない
使い心地がポイント。
身体の凹凸に添うようにブランケットが
密着するから、温かさを逃さず快適なんです。
日本人デザイナー「鈴木マサル」さんが手掛けた
可愛らしい羊の柄は、ご出産祝いにもおすすめ。
赤ちゃんの外出ブランケットや授乳中のママにも。
朗らかな時間を届けてくれるモチーフデザインです。

気付けば売り切れ。。。そうならないように
タイミングよくお買い物してくださいね。
新春SALEは明日の11:59までです!

イッタラ・アラビア たくさん再入荷です!

投稿日: カテゴリー 再入荷情報

プロキッチン 田島です。
今年初の投稿となります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

早速ですが、イッタラ、アラビアがたーくさん再入荷です!
なかでも人気の商品をご紹介します。

■ アラビア ムーミン トゥルートゥーイッツオリジン マグ
ar100386_bl.jpg

ずーっと人気のムーミンマグ。
こちらはちょっとシックな図柄です。
カラフルな方が人気があるんじゃない?なんて思っていたのですが、
販売開始するとあっという間に完売!
キャラものっぽさがあまりないので、男性へのプレゼントにもよさそうです。

■ イッタラ ツールズ ダールシュトロム98 キャセロール 5L
ii162552_bl.jpg

憧れのイッタラのお鍋。
温かいものが恋しくなるこの季節は特に活躍してくれそうです。
ステンレスとアルミニウムの複層構造なので、大きいサイズですがお料理が素早く仕上がります。
大家族の方はおでんをたくさん煮込んだり、我が家のような二人家族はパスタを茹でる用にと
いろいろとお使いいただけますよ。

そのほかの再入荷品は、
・ イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション キャンドルホルダー クリア
・ イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション キャンドルホルダー グレー
・ イッタラ オリゴ プレート 26cm オレンジ
・ イッタラ オリゴ ボウル 500cc ベージュ
・ イッタラ カステヘルミ キャンドルホルダー グレー
・ イッタラ カステヘルミ ケーキスタンド 31cm クリア
・ イッタラ カステヘルミ スタンドボウル 350ml クリア
・ イッタラ カステヘルミ タンブラー デザート
・ イッタラ カステヘルミ プレート 24.8cm クリア
・ イッタラ カステヘルミ プレート 31.5cm グレー
・ イッタラ キビ キャンドルホルダー グリーン
・ イッタラ キビ キャンドルホルダー サンド
・ イッタラ キビ キャンドルホルダー ペールピンク
・ イッタラ サルヤトン ボウル 680ml レッティ パールグレー
・ イッタラ サルヤトン ボウル 680ml レッティ ホワイト
・ イッタラ サルヤトン マグカップ 360ml レッティ ホワイト
・ イッタラ タイカ コーヒーカップ&ソーサー ブラック
・ イッタラ タイカ コーヒーカップ&ソーサー ブルー
・ イッタラ タイカ コーヒーカップ&ソーサー ホワイト
・ イッタラ タイカ マグカップ 0.4L ブラック
・ イッタラ チッテリオ98 デザートナイフ
・ イッタラ ツールズ ダールシュトロム98 キャセロール 3L 蓋付
・ イッタラ ツールズ ダールシュトロム98 ソテーパン 1L
・ イッタラ ティーマ スクエアプレート 12cm ホワイト
・ イッタラ ティーマ プラター 16×37cm ホワイト
・ イッタラ ティーマ プラター 24×32cm ホワイト
・ イッタラ ティーマ プレート 17cm パールグレー
・ イッタラ ティーマ プレート 26cm パールグレー
・ イッタラ ティーマ ボウル 15cm パールグレー
・ イッタラ ムーミン タンブラー 210ml ムーミン

すべて再販日時は ≪ 2018年1月16日(火)12:30 ≫ です。

ご来店お待ちしております。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【 ウォッシュママ 価格改定のお知らせ 】

ウォッシュママの販売価格(税抜き)をそれぞれ200円ずつ値上げすることとなりました。
(プレイスマットは据え置きとなります。)
2018年1月15日(月)10時より随時改定いたします。
何卒ご理解くださいますよう、お願い致します。

ウォッシュママ ブランドページ

新春SALEは間もなく終了!

投稿日: カテゴリー イベント情報タグ ,

プロキッチン 北村です。

1月4日から始まった新春SALEも16日(火)11:59までとなりました。皆さんお買い逃しはないですか?まだ購入を迷っている・・・と言う方のために、今日はスタッフのおすすめ商品をご紹介させていただきます。まずはわたしから、丸直製作所のお気に入りポイントをお話させていただきます。

mnsot_3.jpg

丸直製陶所の器に初めて触れた時は
たまごの殻のような薄さに感動しました。
ちょっとでも力を入れたらパリンとなりそうな
繊細さ、そして光にかざした時の透明度。
これは美しい器だわーと言うのが率直な感想。

特に惹かれたのが銅版転写と呼ばれる方法で
絵付けされた和柄模様です。
どれも古典柄をベースにしているらしく
可愛らしい名前が付けられています。
小さい柄がいくつも連なる様は、柄物が苦手な
方にもおすすめです。おもてなしの際に
使えるキチンと感も備わっているため
色々なシーンで輝いてくれそうです。

———————-

そして、次はお客様サポートスタッフの萩原が
あったかブランケットについて語ってくれますよ!

kl-225102_1.jpg

プロキッチン萩原です。
私のおススメはあったか冬物ブランケット類です。

これから2月にかけて、
まだまださむーい日が続いていきます。

毛布を足すとモコモコしすぎて寝苦しい…
でも、あともうちょっと、あったかくして眠りたい!
そんな時にぴったりなのが、大判のウールブランケットです。

クリッパンのモスグリーンのブランケットなら、
あったかさに加えて、落ち着いた緑色が気持ちを静かにさせてくれます。
大きなブランケットの中には、静寂に包まれる森林の絵柄と
ポツリと建つ小さな家と一匹の動物の姿。

その柄を眺めていると、リラックスして
思わずふぅ~っと大きな深呼吸が。
なんだかいつもよりも、ぐっすり眠れそうな予感です。

欲しいけれど、どうしよう……と迷っていた方、
どうぞこの機会に、お買い物を楽しんでくださいね。

ウールブランケットは、
ベッドやソファにかけたり、
一枚あると、いろいろ使えて便利ですよ~。

———————-

いかがでしたか?皆さんの背中、押せましたか??
他にも素敵な商品がお買い得価格で登場しています。
お時間のあるときにのぞいてみてくださいね!

今年の目標は家事への参加です。プロキッチン廣田

投稿日: カテゴリー 社長ブログ

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
プロキッチンの代表で、わが社では唯一の男性社員の廣田です。

今年の目標はプロキッチン ブログデビューということで、ブログを書こうと休み前に決意し2018年何を書くかについて考えてきました。

それは「家事への参加」です。

というのも、実は私4人姉妹(2歳~8歳)の父親で、料理道具店の代表なのに、平日は子供が起きてる時間には”ほぼ”帰らない、料理は食べる専門、食べたらすぐ寝る(片づけしない)という、話をぼそっと社内でしたところ、それはどうなのかという雰囲気を察知したため、払拭すべく今年は料理などの家事にチャレンジしようとおもっています。

企画の話を皆にしたところ、「ぜひ奥様のコメントもらって欲しい」という提案をいただいたので(涙)

また、妻からのコメント付きで、その様子をご紹介できればと思います。
今年も一年間どうぞよろしくお願いいたします。 

9日発売!SAKUZANのプロキッチン別注カラーができるまで②

投稿日: カテゴリー プロキッチン別注企画, 新商品の発売情報タグ ,

プロキッチン見目です。
1/9(火)12:30~新発売の【SAKUZAN Days saraシリーズ別注カラー】が発売します。
まずは私達がどんな思いを込めたかこちらのブログをご覧ください。
【9日発売!SAKUZANのプロキッチン別注カラーができるまで①】
今日はバイヤー小林、蟹谷が作山窯へ訪問した様子をご紹介します。

別注カラーのテーマを「使いやすく、合わせやすい、ちょっと大人の食卓」と決め、作山窯さんを訪ねたのは2017年5月。
事前に渡していた企画書から作山窯さんがイメージに近い色でサンプルを作ってくれていました。

少しずつ色の違いから私達のイメージに近い色を選んで別注カラーを形にしていきます。


光の当たり具合、角度を変えるとどんな風に見えるのか。
バイヤーの小林、蟹谷が真剣に何度も何度も確認していました。


私も一緒に考えていたのですが見れば見るほど、少しの差が難しく…。販売している既存のカラーと比較したり、どんな料理が映えるか考えてブルーとグレーは釉薬が決まりました。
イエローは私達がイメージする色味とは少し違ったのでもう一度、サンプル作りを依頼。何度かサンプルを作ってもらったのですがどうしても納得のいく色にたどりつけず、今回の別注カラープロジェクトでは商品化することができませんでした。
釉薬を作るのはただ色をまぜるだけでなく焼き上がりの仕上がり、濃淡など様々な条件が揃って出来上がります。SAKUZAN Days saraシリーズはカラフルな色がたくさんありますがこうやって商品化するのは大変だったのではと改めて感じました。
こうしてグレー×ブラックのディムグレー、ブルー×グレーのネイビーブルーの2色が完成しました。
私達が考えた別注カラー、みなさんの食卓で活躍していただけたら嬉しいです。

SAKUZAN Days saraシリーズのディムグレー、ネイビーブルー
1/9(火)12:30~新発売です。楽しみにお待ちください。