【特集】和のしつらえで夏のおもてなし

投稿日: カテゴリー プロキッチンからタグ , ,

 

プロキッチン 北村です。

夏の入口が見えはじめ、日に日に
暑さが増してくるようになりました。
向こう3か月の予報によると
関東地方の気温はほぼ平年並みとか。
今年も猛暑の日々が待っているようです。

6月に入ってからプロキッチンには
夏の食卓を軽やかに演出する食卓小物が
たくさん入荷しています。
購入前に少しでもご自宅で使っている
イメージを膨らませてもらいたい!と
商品ページを作成していますが、
とっても素敵な商品ばかりなので
特集ページを作成してご紹介することに。

タイトルは
「和のしつらえで夏のおもてなし」

kk18464_img1.jpg

今回のテーマは和を意識した
おもてなしのテーブルコーディネート。
「暑い中、足を運んでくれたお客さまに
美味しい料理と会話を楽しんでもらいつつ
目でも涼を感じてもらい
清々しい時間を過ごしてもらいたい」
こんなシーンをイメージして撮影しました。

メインの料理は公長齋小菅の
六つ目かごで作る花籠膳です。

六つ目かごとは六つ目網と呼ばれる
編み方で作られた蓋つきのかごです。
亀の甲羅のような形が特徴で
中に小鉢や豆皿を入れて使います。
今回セレクトしたのはテーブルで
邪魔にならない直径22cmほどの
サイズなので、どなたでも気軽に
お使いいただけるはずです。

画像では
石井桃子さんのひょうたん豆皿
ぎやまんの高台珍味
白山陶器の花天目平皿4号を
セッティングしています。
器自体の魅力も十分あるんです…
あるんですが…六つ目かごの中に
並ぶだけで、一段と輝きが
増しているように見えませんか?

こんな素敵なテーブルセッティングが
自宅で楽しめるなんて!
今のところ誰かをもてなす予定は
皆無ですが、妄想が止まりません。

to13602_img1.jpg

こちらの器も素敵です。
トウジキトンヤのぎやまんです。
菊の花をモチーフにしているので
花びらのようなふんわりとした形が
可愛いですよね。

さて、気になるのは器だけでなく
美しく盛り付けられた料理も
気になりますよね。
早速、料理担当の笹間に聞いてみたところ
なすといんげんを和えたものに刻んだ
赤ピーマンをトッピングしているそうです。
醤油・砂糖・ごま・お酢で味を調えた
ごはんのおかずになる一品で撮影に参加
したスタッフが口々に美味しかった~と
報告してくれました(感想より食べたい)

kk30649_img1.jpg

kk16986-2_img2.jpg

おもてなしには心遣いが大切。
手が汚れた時にすぐ使えるよう
おしぼりを入れておく籠や
気後れせずに料理を取り分けられる
取り分け箸なども、忘れずに用意して
おきましょうね。

kou-a-4_img1.jpg

おなかがいっぱいになった食後には。

ガラスの茶器も涼しげですが、
あえておすすめさせて頂きたいのは
コウシャ・フタックのターコイズブルー!
蓋を茶托として使えば、おもてなしの席にも
ぴったりだし、爽やかな色合いも夏の
おもてなし向きです。
きーんと冷やした緑茶と和菓子で
クールダウンしてもらいましょう。

この夏のおもてなしは
粋な風情を感じさせる和のスタイリングに
挑戦してみてください!

公長齋小菅の新商品については
バイヤー中島が、
トウジキトンヤのぎやまんについては
店長みさこが、
それぞれブログでご紹介しています。
ぜひ、ご覧ください!