秋の炊き込みご飯は長谷園のかまどさんで

投稿日: カテゴリー 暮らしをみがく日々タグ , , ,

プロキッチン見目です。

暑さ、寒さも彼岸まで、というように
ようやく秋らしくなってきましたね。

プロキッチンが毎週配信している
メールマガジンに
「スタッフの暮らしのひとこま」
というコーナーがあります。
スタッフの日常を紹介しているのですが
先日の暮らしのひとこまで
スタッフ田島
よく「●●の秋」と言いますが、私の辞書には
「食欲の秋」しか載ってないみたいです。
皆さんの「●●の秋」は何ですか?
と書いていました。

私は…一緒です!!!
って読みながら思っていました。

そんな私の食欲の秋、何が一番食べるかなぁと
考えると今の時期は、「炊き込みごはん」です。

白米の時は茶碗一杯で十分なのに
炊き込みごはんとなると
三杯くらいペロリっと食べちゃいませんか?
それくらい炊き込みごはんって
胃を自動拡張モードにする力がある気がします笑

そんな話をスタッフとしていたら、
炊き込みごはん気分が高まり
お昼に炊くことに。

メニューは「鮭としめじの炊き込みごはん」

旬の素材を使うのはもちろんですが
美味しさアップの秘訣は長谷園のかまどさんで炊くこと。

土鍋ごはんはちょっと難しそう…。
なんて思っている方、今日は誰でも簡単にできる!
かまどさんで炊き込みごはんを紹介します。

研いで水気を切った米を「かまどさん3合
に入れて20分浸水し、
麺つゆ、酒、塩を加えてよく混ぜる。

P9280001.JPG
上にきのこ・鮭をのせ、

P9280005.JPG
中ふた・上ふたをセットする。

ここまでは炊飯ジャーで炊く
炊き込みご飯の準備と変わらないですね。

次に中強火で約12分炊き
(ふたの穴から蒸気が勢いよく出て1分が目安)、
火を止めて20分蒸らす。

これだけです。
気づきました?
火加減の調整がないんです!!!

蒸気が勢いよく吹き出したら1分という、
目で見てわかりやすい合図も簡単なポイントです。

でも蒸気ってどれくらい?
と疑問に思う方もいるので
蒸気が出始めたタイミングから
勢いよくでている様子を写真で紹介します。

P9280028.JPG
少しずつ、蒸気が出てきました。

P9280032.JPG
先程に比べると勢いがありますが
まだまだもう少し!

P9280037.JPG
勢いよく蒸気がでてきました。
言葉にすると汽車からポッポーと
蒸気が出るような感じが
勢いよく出る蒸気です。

そして1分後、火を止めて20分蒸らします。
火を止めても蒸気はしばらく止まらないので
あわてずに。

P9280041.JPG
上ふたをあけて、次に中ふた。
この中ふたがあるおかげで
吹きこぼれが防止できます。

P9280044.JPG
ふたを開けた時のふぁっと香る
香ばしさがなんとも言えないです。

P9280057.JPG
小骨と皮を取り除いてよくかき混ぜます。

P9280067.JPG
おこげもちらっと見えます。

P9280078.JPG
炊きたてを茶碗に盛って。
秋らしく秋にぴったりのデザイン
九谷青窯 高祥吾 色絵遊び葉 飯碗 小
お気に入りの茶碗に盛り付けると更に美味しそうに見えますね。
プロキッチンでは茶碗も種類豊富に取り揃えていますよ。

いかがでしょう。意外と簡単にできると思いませんか。
みなさんも秋から土鍋ごはん始めませんか。

nagatanien-top1710b.jpg

おすすめ特集
gohan2017-rbn1709.jpg

goh6idea-key1809.jpg

ohitsu-key1901.jpg