食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す
おいしくご飯を食べる6つのアイデア
おいしくご飯を食べる6つのアイデア
おいしくご飯を食べる6つのアイデア

ひと口食べるごとに「あー幸せ」と思わず呟いちゃう、おいしいご飯を食べるための6つのアイデアをご紹介いたします。手の込んだ料理よりも、おいしく炊き上げたご飯は何にも代えがたいごちそう。家族みんなを笑顔にしてくれます! ほんのひと手間かけるだけで、ご飯がみるみるおいしくなりますよ。



美味しく炊く

お店で食べたおいしい土鍋ご飯、毎日自宅でも味わえたら幸せですよね。土鍋はお米にじっくりと熱を伝えるので炊飯器で炊くよりもふっくらつやつや、そして旨味の強いご飯が炊き上がります。土鍋は扱いが面倒そう?それなら、羽釜をモデルに作られた無水鍋や内部の対流によってお米を踊らせて炊くストウブのごはん鍋がおすすめ。コンロが塞がるのが悩ましい方は常備菜づくりや下ごしらえの時間を有効活用したり、炊き上がったらコンロからおろして別の場所で蒸らしておけば問題なし。どれも使い慣れれば炊飯器よりも快適に、しかも極上のご飯を毎日堪能できますよ。まずは時間に余裕のある週末に「鍋炊きご飯」してみませんか?

土鍋で炊く


お水を変える

おいしいご飯を炊くための2つ目のアイデアがお水。実はお米は水に浸けた瞬間から一気に水分を吸水しはじめると言われていて、中でも研ぎ始めのお水は大切。冷やしたミネラルウォーター(軟水)や浄水器を通したものを使うとお米の芯までしっかりと水分が行きわたり、お米が持つ甘みや香り、粘りなどを引き立たせてくれます。また不純物や匂いも吸ってしまわないようにおいしいお水で手早く研ぐことがポイントです。おいしいご飯を炊くには研ぐとき、炊くときのお水にもこだわって。

松屋漆器,運動会のお弁当,フルーツサンド,サンドウィッチ


おひつに移す

炊きあがったご飯はおひつに移して保存しましょう。調湿性のあるおひつに保存しておけば、時間がたっても炊き立てご飯のおいしさをそのまま味わえます。おひつに入れたご飯は本当においしいですよ。しかも、冷めたご飯も最高。冷やご飯の旨さは炊き立てとはまた違った格別さがあります。そのまま食卓に出せばおかわりの度に席を立たなくてもいいですし、電子レンジで温めができるタイプもございます。ご飯好きなら迷わずおひつを用意しましょう。

おひつに移す


お茶碗と汁椀を変える

こちらも大切、お茶碗選び。材質、色、形、バリエーション豊かなお茶碗の中からその日の気分に合わせてセレクトすると食事の時間が豊かになるだけでなく、食卓の彩りも変わってきます。スーッとしたシルエットのシンプルなオリメの茶碗、食卓がふわっと色づく九谷青窯の色絵の飯碗、そして、お茶碗のよき相棒、汁椀は使いやすさはもちろん、使うほどに風合いが増す経年変化が楽しめるものを選びたい。毎日使うものだからこそ、少しずつお気に入りを揃えてみてください。さぁ、今日はどのお茶碗と汁椀でご飯をいただきましょうか。

お茶碗を変える


せいろで蒸す

保存しておいたご飯の温めはレンジよりも断然せいろがおいしく仕上がります。使いはじめにせいろを水で濡らし(焦げ付き防止と匂いや水分が染みるのを防ぐため)、鍋にお湯を沸かします。せいろにクッキングペーパーやりぐるを敷したら、その上にご飯をのせ蓋をしてから蒸し始めます。(りぐるを使う時はご飯が冷めてしまうとくっついてしまうので早めに移してくださいね)。ご飯の量にもよりますが、中火で3分~5分ほどで炊き立てのようなふっくらしたご飯が完成です。せっかくおひつで美味しく保存したのだから、温めもおいしくしたいですよね。温めにわざわざせいろ?わざわざの価値ありです。

蒸篭でむす


お気に入りのご飯の友を用意する

それだけでもごちそうになっちゃう土鍋ご飯ですが、ご飯の旨みをグンと引き立たせる「ご飯のお友」があれば、他におかずがいらないほど贅沢な食卓に!我が家の味が色濃く出るだし巻きたまごは大根おろしも忘れずに、白米の旨みを引き立てるこだわりの梅干し、箸休めにぴったりな野菜のピクルスや香の物、旬の魚はまずは塩焼きで。とっておきのご飯のお友を器に盛り付けたら、ご飯と一緒にいただきます!でも、食べすぎ注意ですよ。

お気に入りのご飯の友を用意する