撮影チームの撮影裏話〈揚げもの編〉

投稿日: カテゴリー 撮影スタッフの撮影裏話タグ , ,

プロキッチン 中島です。

今日は先日特集した
【揚げもの特集】の撮影の様子をご紹介します。

撮影場所は
揚げものマスターのスタッフ小林邸。
この日は野田琺瑯のバット
それに丁度良い工房アイザワの網
そして売上好調のラバーゼの揚げ鍋
一回り大きいサイズが撮影対象商品です。

前回一回り小さいサイズの撮影をしたので、
ラバーゼの揚げ鍋の使い勝手の良さは実証済み。
琺瑯バットは衣付けにぴったり。
そしてそれにピッタリのアイザワの網!
揚げもの特集として一か所で見られるようにして、
揚げたくなっちゃうようなページに!?
仕上げることにしました。

今回はポテトコロッケを作ります。

まずは当店でお取り扱いする前から
琺瑯バットを愛用していた
スタッフ笹間から使い心地を調査。
大きさにもよるけれど、
揚げものはキャビネサイズに粉と卵を入れ、
もう少し大きめのバットにパン粉を入れるとのこと。

agemono_1

ふむふむ。
私はホワイトシリーズの浅型を使っていましたが、
確かにバットの方が縁が斜めになっていて、
衣もつけやすいし、洗いやすい!
実際に使ってみると良さが分かってしまうので、
ホント物が増えてしまい困っちゃうんですよね…苦笑

スタッフ小林の家庭料理はいつ見ても美味しそう。
今回のポテトコロッケも手際よく作っていきます。

agemono_2

agemono_3

agemono_4

agemono_5

agemono_6

あー、このままお買い上げしたい! 笑

それにしてもこの流れるような手さばきは、
主婦歴の長さもですが、
専用の道具を使っている…ということもあるのかな。
衣付けもバッドがきれいに揃っているから付けやすい。
そして揚げもの専用鍋なので、
油の飛びはねも気にせず、取り出しも一度で簡単に。

あまりにも簡単に
美味しそうなコロッケが出来上がったので、
数日後にわが家もポテトコロッケを作りました。
つい敬遠していた揚げもの。
今までコロッケや天ぷらはお店で買ってました…私
でもやっぱり手づくりは美味しい!
中島、揚げもの生活はじめましたー!

「琺瑯バットで作るお菓子レシピ」の本が
書店で何冊か並んでいるのは御存じですか?
プロキッチンのスタッフにも
何人か持っている人がいるですよ。
でもホワイトシリーズの浅型で作ってみて、
仕上がりがちょっと薄いなーって思っていたそうです。

そうなんです。
これは琺瑯バットのキャビネサイズが正解!
なのでケーキも焼いてみることに。

agemono_7

今回はレモンケーキ。
さっぱりとした甘さでGOOD!
残りは事務所にいるスタッフに差し入れしました。
もちろん大喜び!

今回も美味しい撮影でした。
アレ?これで結びの言葉あってる? 笑