食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料

» ブランドから探す

食器のカテゴリページ

家庭料理の基本である、茶碗・お椀・箸のひと揃えから、目でも楽しめる豪華なワンプレートディナーまで、どのような食事の時間に使っても、食卓においしさと楽しさと彩りをそえるアイテムをバラエティ豊かにそろえました。食器やカトラリー、グラス類は季節に添わせて、またシーンに合わせて使い分けることで暮らしに潤いをあたえてくれます。

食器の商品

プロキッチンスタッフ 食器のコメント

氷のようなキラメキがきれい!

氷のようなキラメキがきれい!

はじめて見たときから、わー!きれい!と思っていましたが、スタッフ笹間の家で使われているのを見て断然欲しくなって買いました。ガラスの小皿は、カステヘルミ10cmプレートを持っていますが、これは少し大き目で窪んでいるので使い勝手がいいんです。カレーの付け合わせや、フルーツなど、とにかくきれいなので使うのが嬉しくなっちゃいます。

ケーキをのせても

ケーキをのせても

和食器にも通じる色合いのオスティンディアのプレート。エスニックなお料理にとっても合うお皿ですが、そこはスウェーデンのブランド。ケーキだって美味しそうに見えますよ。1枚あるといろいろ使えるお皿です。

石田
カスタマーエンゲージメント
石田
オフィスでも愛用してるケメックス

オフィスでも愛用してるケメックス

プロキッチンのオフィスでは、ケメックスのコーヒーメーカーを愛用中。ガラスのハンドルがしっかりと大きくて持ちやすいんです。シンプルに美しいので、ミネラルウォーターにミントやレモンを入れたり、朝食時にオレンジジュースをサーブする、デキャンタとしてもおすすめです。

懐の深い器です

懐の深い器です

たっぷりの煮物を入れられる器が欲しくてお迎えしたこちら。和洋問わず受け止めてくれるニュアンスカラーとシンプルな形状がお気に入りです。フチに入ったホワイトのラインがアクセントになり、テーブルをキリッと引き締めてくれます。取り皿としてSサイズのボウルもシリーズ買いしちゃおうかな~と検討中です。

加藤
マーケティング
加藤
和洋問わず使えるどんぶり

和洋問わず使えるどんぶり

雑炊やうどんをはじめとしたどんぶりメニューならなんでも受け止めてくれます。どんぶりって和食器ばかりでぽってりしたものが多いのですが、北欧テイストの小花柄が和の趣を感じさせるので、わりとマルチに使えます。我が家のどんぶりメニューの定番アイテムです。家族分揃えるのがおすすめですよ。

見目
マーケティング
見目
セラドンとの相性が◎

セラドンとの相性が◎

段々と秋めいてくると、なんとなく栗の入っているものが食べたくなります。一切れのパウンドケーキを食べるのにちょうどよい大きさのSAKUZANのロータス小皿。モスグリーンの器にはクチポールのGOAセラドンがお似合いです。「ちょっと一息」がお気に入りの食器で特別なおやつの時間に変わります♪

三木
カスタマーエンゲージメント
三木
優秀なカレー皿

優秀なカレー皿

近所にあるカレー専門店でもオーバルプレートを使っていますが、やはりカレーにオーバルプレートはぴったりですね。KINTOのトレイにも載せても、上にちょこっとサラダを置く余裕もあります。縁の立ち上がりがカレールーを受け止めてくれるのでありがたい。カレーライスにはKOKOオーバルで決まりです!

中島
バイヤー
中島
フィーカタイムに

フィーカタイムに

私は基本的にはシンプルなものが好きなのですが、アクセントをつけるためにもときどき柄物の器を使いたくなります。マリメッコといえばこのUnikko柄。ミルクティーベージュとブルーが上品です。ティーマC&Sのカップとクッキーをのせてほっと一息つきましょう。際限なく食べてしまうので(汗)クッキーはここにのるだけでストップします。

武内
カスタマーエンゲージメント
武内
一目惚れの器

一目惚れの器

大皿料理が好きな私が一目惚れした鉢です。茶色一色の地味な煮物も散りばめられた花の絵柄がいい塩梅に際立たせてくれます。深さがあるので盛り付けも自然と高さがうまれ盛り付け上手になった気持ちになります。煮物鉢として我が家の定番皿に仲間入りです。

見目
マーケティング
見目
なにを盛りつけてもステキです

なにを盛りつけてもステキです

手にすると「ステキ~」と思えるガラスのボウル。最初はこの大きさって何に使う?と思いましたが、実際使ってみるとなんでもOK。朝のヨーグルトには大きいけど、シリアルにはピッタリ。丁寧に扱おうと思う器。底が緩やかにへこんでいるのが持ちやすいんです。

食器の注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!新着ブログ
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
2019年9月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp