食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料

» ブランドから探す

保存容器のカテゴリページ

調味料やパスタ、コーヒー豆のストックなどは、鮮度を損なわずに保存できる機能性にすぐれたものを使うことがポイントです。また、キッチンに欠かせない保存容器はデザインのかわいらしさもセレクトの大切なところ。小さなサイズから大容量までたくさん揃えました。

保存容器の商品

プロキッチンスタッフ 保存容器のコメント

毎日の汁物つくりに

毎日の汁物つくりに

リクエストして商品ラインナップに加えてもらった大きいサイズの丸型ストッカー、早速毎日の汁物つくりに大活躍です。丸形なのでお玉のあたりも普通のお鍋と遜色ないし、我が家はIHですが使ちゃってます(メーカーではIH不可となっていますが、自己責任で使ってます)。余ってしまってもさっと冷蔵庫にしまえるところも助かります。

岩谷
エディトリアル&デザイン
岩谷
オリジナル調味料ボトルに

オリジナル調味料ボトルに

昆布・かつお節・鷹の爪・ニンニクを入れてお醤油を入れただけの簡単だし醤油なのですが、割といろんな料理に使えてオススメです。私はこのだし醤油をワンプッシュ便利びんにいれておいて、かけたい分だけちょろっとかけています。注ぎ口や蓋などのパーツはすべて取り外して洗えるところが気に入っています。

三木
カスタマーエンゲージメント
三木
陶器のおひつで温野菜

陶器のおひつで温野菜

陶器のおひつは残りご飯をレンジで温められるのもいいんですけど、他にも便利に使えちゃうんです。例えば温野菜。塩を少々、お水を少し入れて蓋をしてレンジで3~4分。甘みが感じられてそのままでペロリと食べられちゃいます。他にも簡単なレシピ付きなので色々活用できますよ!

夏は冷蔵庫のドアポケットに常備!

夏は冷蔵庫のドアポケットに常備!

毎年夏を乗り切るためにジンジャーシロップを作ります。普段はショウガをすりおろして作りますが、今回はジンジャーシロップのスパイスを見つけたので、これで作ってみました。出来上がったシロップはこの調味料びんに入れ、冷蔵庫のドアポケットに常備。帰宅後の火照った体に強炭酸水で割ったジンジャーエールを流しこむと生き返る気がします。

中島
バイヤー
中島
2日目がおいしくなる

2日目がおいしくなる

悩みに悩んで、木のおひつをお迎えしました。木のほのかな香りとか、たたずまいが素敵とか、お気に入りポイントはいろいろありますが、1番は2日目のごはんがおいしくなること!炊飯器で保温しておくのとは違い、木の調湿作用でお米の瑞々しさをキープしてくれます。保存容器ではなく、もはや調理道具なのかも・・・!?と思うほどです。

加藤
マーケティング
加藤
レンジOKなのがうれしい

レンジOKなのがうれしい

我が家は炊飯器がなくルクルーゼのお鍋でご飯を炊いています。いつも3合炊いて2日にわけて食べているのですが、タッパーに保存しておくとべちゃっとなったりレンジで加熱した時に一部かぴかぴになってしまい…。このおひつを導入したところ、レンジで温めなおしてもふっくらご飯が食べられるようになり、保温力もあるのでおかわりのときもあったかいまま。かつお手入れも簡単。いいお買いものになりました。

武内
カスタマーエンゲージメント
武内
ひとつで三役!

ひとつで三役!

炊き立てご飯も美味しいですが、程よく水分調節された「おひつご飯」は、お米一粒一粒の甘味と弾力を感じ、それはそれは美味しいんですよ。展示会で栗久さんからお勧めされたのが、夏のそうめん鉢としての活用法。水漏れしない!と太鼓判を押されました。浅型なので手巻き寿司の時には飯台代わりに酢飯を入れて食卓へ。ひとつで三役!少しお高いけれど納得の買い物でした。

中島
バイヤー
中島
塩が固まりにくいです

塩が固まりにくいです

雑誌とかで料理上手の台所特集をみてると大抵コンロのそばに素敵な塩壺があり、ずっと憧れていたんですが「固まっちゃう!?」とずっと導入を見送っていました。そんな折にこの塩壺を使ってみたところ大正解。塩が固まることなく、ささっと使えるようになりました。ふりかけるタイプの塩も併用していますが、おにぎりを作るときに重宝してます。

武内
カスタマーエンゲージメント
武内
サッと開けて湿気も取るソルトジャー

サッと開けて湿気も取るソルトジャー

毎日のおにぎりつくりに必要な塩。このソルトジャーに入れてから塩が固まらないし、出しっぱなしにしてもかわいい!付属のスプーンで塩をとって水でぬらした手に伸ばしてにぎるので、水気が入ってしまうこともあるのですが、木が湿気をとってくれるみたいです。

保存容器の注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!新着ブログ
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
2020年4月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp