食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料全国一律540円 税込10,800円以上送料無料

» ブランドから探す

保存容器のカテゴリページ

調味料やパスタ、コーヒー豆のストックなどは、鮮度を損なわずに保存できる機能性にすぐれたものを使うことがポイントです。また、キッチンに欠かせない保存容器はデザインのかわいらしさもセレクトの大切なところ。小さなサイズから大容量までたくさん揃えました。

保存容器の商品

プロキッチンスタッフ 保存容器のコメント

忙しい朝も準備はOK♪

忙しい朝も準備はOK♪

朝のヨーグルトも前日にWECKに入れて冷蔵庫に準備しておけば、ゆとりが出来てちょっとうれしい。いちごの断面を見せてヨーグルトを入れ、真ん中にはちみつ、上にグラノーラ。フタをして冷蔵庫に。ドライフルーツを入れておけば翌朝とろりとデザートになりますよ!

小林
MD&バイヤー
小林
ぴったりでした!

ぴったりでした!

毎朝必ず飲んでるグリーンスムージー。うちでは朝一番で作ってそのまま冷蔵庫に入れておきますが、ボデガとデュラレックスに蓋してみたら、なんとぴったり!!今までウェックを買ってもガラス蓋の出番は少なかったのですが、意外な発見で毎日使うようになりました。

蟹谷
MD&バイヤー
蟹谷
パーフェクト!

パーフェクト!

文句のつけようがありません!小ぶりのサイズ感も、少量ずつ醤油を注げるところも、中まで洗えるところも、全く液だれしないところも、とにかくパーフェクトの醤油さし。ちょっとレトロなデザインも愛着がわいてきます。

北村
エディトリアル&デザイン
北村
梅仕事の保存用に

梅仕事の保存用に

いつも梅シロップは4Lの瓶で漬け、砂糖が溶けたら梅の実を取り出してシロップはこの1Lの瓶に入れます。1Lの瓶は冷蔵庫に入るのでシロップの保存に最適です。梅仕事のものだけでなく、ピクルスを大量につける時にも使います。右側は7年ものの梅酒です。

武内
お客さまサポート
武内
ロングセラーのしょうゆさし

ロングセラーのしょうゆさし

製造されてからもう50年以上になるそうです。食器を選ばずに食卓になじむデザインは今でも現役。デザインだけでなく機能的なところも◎なしゅうゆさしです。くびれ部分がとても持ちやすかったり、蓋の穴を指で塞いでさす量を調節出来たり、とても使いやすいですよ。

笹間
お客さまサポート
笹間
並べてもかわいいですよ

並べてもかわいいですよ

梅シロップを作るのに、きび砂糖とはちみつを使ったもの、どちらも作ってみたかったので2Lサイズ2本でそれぞれ作ってみました。ゴロゴロ転がして青梅と砂糖を混ぜるのにも、ちょうどいいサイズです。

石田
お客さまサポート
石田
私も梅仕事

私も梅仕事

プロキッチンでもぞくぞくと梅仕事報告があがっていますが、わたしも例年通り梅シロップを作りました。我が家は氷砂糖ですっきりした味にするのが定番です♪ 子供たちも好きなのでひと夏分、梅1キロで作りました。氷砂糖を使う場合4Lサイズだと梅1.5キロ、氷砂糖1.5キロくらいで満杯までいくと思います、参考まで~

岩谷
エディトリアル&デザイン
岩谷
今年は梅仕事、しようかな。

今年は梅仕事、しようかな。

数年前(いつか忘れました。)にブランデーで仕込んだ梅酒。あとちょっとしか残ってないけど、いい色になってます。甘さ控え目がいいなと思い、氷砂糖をかなり少なめにしたな~。自家製だと自分好みにできるのがいいところですね。今年は久しぶりに漬けようと思い、スーパーへ行くたびに梅を物色しています。

田島
海外MD
田島
アーモンドバターを入れました

アーモンドバターを入れました

ハワイへ行ったときスーパーに好きなナッツを選んで自分でナッツバターを作る機械がありました。ナッツバーターは購入するものと思っていた私はびっくり。それを思い出して家にアーモンドがあったので蜂蜜をちょっと加えてフードプロセッサーでグィーンとやってみました。ナッツバターと呼ぶには粗めになってしまいましたが素朴な味がおいしい。ウェックのキャニスターに入れるとちょっと可愛く出来た気がして自己満足です。

太田口
国内MD
太田口
ケーキの型にも。

ケーキの型にも。

バナナが1本だけ余っていたので、久しぶりにバナナケーキを作りました。我が家のお菓子型はどれも大きくて薄いケーキになりそうだったので、食器棚をガサゴソ。。。以前、バター保管用に使ってた野田琺瑯を発見!サイズもちょうどよく、お手入れも簡単。一人分のラザニアとかもいけそうです。

田島
海外MD
田島

保存容器の注目商品

台所道具

食事道具

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!新着ブログ
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp