食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す
中澤
包丁砥ぎなら私に! 中澤

MESSAGE

見た目そのままに食べることが大好きなので、おいしいものを食べている時と、おいしいもののことを考えている時がいちばん幸せです。築地場外市場のおいしいものは、ほとんど網羅しました。つきじ常陸屋の社長に弟子入りして、数年間包丁の研ぎ方を習いました。包丁を研いでいる時間は無になれるので、もやもやしていた気持ちも削ぎ落とされる気がします。余計なことを考えていると、かえって危ない目にあうこともあるので、貴重な精神統一の時間です。 基本は家でのんびり過ごすのが好きですが、時々器を見て歩いたり、スポーツ観戦に出かけたりもします。

私の愛用マグ

商品コメント

手軽な和え物にも

テイクアウトのお弁当では野菜が足りていないな…と思ったので、蜂の巣ジュジュで人参をシリシリしてスタッシャーに入れ、塩少々とシェイク。水分が出たらスタッシャーの中で絞り、ごま油とすりごまで和えてモリモリ食べました。少し加熱すると人参の甘みが引き立ちます。手軽にサラダや和え物ができるスタッシャーはずぼらな私の味方です。

普段使いのマグカップ

普段ブラックパラティッシのマグカップをメインで使っていますが、気分を変えようと思いパープルパラティッシのマグをお迎えしました。色が加わるだけで毎日のお茶タイムがより明るくなりました。出番の多いマグカップはいくつあっても良いですね。ティーマ、ムーミン、パラティッシと私のマグカップコレクションが少しずつ増えていきます。一緒にいただいたビクトリアケーキ、とても美味しかったです。

常備菜、常備果物に

無性にパイナップルが食べたくなることがあり、冷蔵庫に保存するときはkaicoの保存容器を使っています。ホーロー製なので匂い移りや色移りがなく、洗いあがりもさっぱりして、とても使い勝手が良いです。見た目のかわいさもあり、毎回開けるときに食欲以上にうきうきします。常備菜用にサイズ違いでもう一つ買い足そうと思っています。

憧れのナイフ

凛とした佇まいに惹かれ、憧れ続けてきたこのナイフ。使うのがもったいないと思いつつ、さっそくオレンジを切りました。果汁がほとんど出ないほどシュっと切れます。卓上でリンゴや梨などの皮をむいたり、スイーツなどを切り分けたりするときに使いやすいサイズです。お気に入りのナイフで気分よくお料理が出来そうなので普段からジャンジャン使っていきたいと思います。

カトラリーの下の力持ち

シンプルな形ですが3通りの使い方がある優秀なカトラリー置き。洋食のときはフォークとナイフをならべたり、和食のときもお箸とれんげスプーンをならべたりして使えます。箸置きだけでなく、カトラリー置きも陰ながら役に立つアイテムなのだと気がつきました。ステンレス製なので、食洗機やカトラリーケースのなかで多少荒く扱っても大丈夫ですよ。

ちょっとした贈り物にも

気軽なお土産やちょっとしたお礼用に、いつもストックをしているかや織ふきん。贈る相手をイメージして何種類かを選んでいます。鳥獣戯画の柄は性別問わず贈れますし、贈った相手と絵巻の内容や展覧会の話ができるので気に入っています。私は台拭きとして使っていますが、食器拭きやお手拭きにも使いやすいサイズです。

お上品などんぶり

しもぶくれのぷっくりとした形を、いつも両手で愛でています。たくましくかき込んで食べたくなる丼ものも、この茶漬碗に盛り付けると不思議と「ゆっくり品よく食べなければ」という気持ちになります。普段使いの器ですが、きちんと感があるところが食卓を豊かにしてくれます。フォーなどのライスヌードル、お雑煮、汁物などにも使っています。

リピーターさんが多いです。

「贈り物にいただいて、とても使いやすかったから」とご自分でお買い足しされたり、さらにお友達に贈ったり、じわじわと輪が広がって「花ふきん」はとても有名になりました。長く愛用しているので、くたくたになっていますが、もうしばらく食器用のふきんとして使い、そのあとは台拭きや雑巾にして最後まで使う予定です。次は何色にしようかな~と迷っています。

この上なくシンプルかつ万能

ありそうでなかったシンプルな、れんげ兼スプーン。カレーも丼もスープも食べやすく、普段から最初に手に取っていることが多いです。おかずの取り分けや盛り付けに使うのも便利ですよ。装飾がないので洗いやすくて清潔なところも、丈夫で長持ちするところも◎な万能カトラリーです。

モノトーンでコーヒーを

美味しいと噂の生チョコレートをコーヒーのお供に。牛乳たっぷりのコーヒーも、つやつやのブラックのマグカップでかっこよく決まります。カップを変えると気分も変わりますね。秋冬はチョコレートの新作が続々と登場するので、お店を眺めるのが楽しみです。