食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す
幸塚
MD 幸塚

MESSAGE

赤ちょうちんやバル大好き。呑み屋が立ち並ぶ中央線沿線に長らく住んでいましたが、ワンコを飼い始めたため、郊外へお引っ越し。エネルギー補充は、週末の友人達との公園&家呑みです。お料理より道具愛の方が強いコレクター気質。パンを美味しく食べたいので、ホットサンドベーカー・トースターから焼き網、ホームベーカリーまで持っていたり。周りから、いいと聞くとついつい買ってしまいます。お皿もベーシックなものよりも、絵柄やカラーに惹かれるミーハー体質。日々の暮らしに、料理が楽しく美味しくできる調理道具やお皿を日々、コレクションしています。

私の愛用マグ

商品コメント

レンチン♪でお手軽マグプリン

ムーミンのマグは、オーブンもOK。なので、「マグでオーブン料理できるんじゃない?」と思ったので、まずはチキンポットパイを作ろうと思い立ったのですが、もっとお手軽なのはないかな~と調べてみたら、なんと、電子レンジでプリンが作れるんだそう!早速、卵と牛乳とお砂糖で、出来上がりまで10分程。熱々とろとろたっぷりプリンの出来上がり!可愛いムーミンマグで作ったら、ちびっこにも喜ばれそう!お手軽すぎて、毎夜のお楽しみになりそうです♪

チョコホリックになる1枚

こちらは「1口だけ。。」と思いながら、はっと気付くと「!!半分も食べてる!」という恐ろしいチョコ。食べ終わって、また数日経つと、「あのラムチョコ食べたいなぁ」とぼんやり思うほど、美味しいです。先日、「Craft Chocolate Market」というイベントで、「チョコは練り上げる時間が重要で、口どけが違うんですよ」ということをチョコの作り手さんに教えてもらったのですが、こちらのピープルツリーのチョコは最大72時間もかけて丁寧に練られているそう。確かに口どけがなめらか~!ラム酒好きの友人にあげたら、大好評でした!

新年をいいグラスで乾杯!

シンプルながら、直線的なフォルムがスパイスになっているイッタラエッセンスシリーズ。ステムも上に向かって、すっと細くなっているのが気に入っています。赤用と白用をそれぞれ、2客づつ揃えているので、自宅に遊びに来たプロキッチンのスタッフで乾杯!(左が赤用2客・右が白用2客になります)

あるとないとだと、味に違いが!

料理上手の一歩は味見から。と聞いてから、とにかく味見をキチンとするようになりました。家事問屋のアイテムはとにかくかゆいところに手が届くアイテムがたくさん。長めの細い柄が、鍋を加熱している時でも、アチチとならずにおつゆがすくえます。反対側の串も2股になっているのがすごーく便利。根菜の煮物が好きなのですが、煮え具合が難しいところ。こちらをお迎えしたら格段に「煮え具合、ちょーどいい!」と自分を褒めることが多くなりました。

新年は新しいお茶碗で

以前から、白山陶器の平茶碗を愛用しています。新年を迎える前に、すっきりとした縦じま柄の「十草」にしてみました。広めの口が、鉢としても使えるのが気に入ってます。スタッフの三木に教えてもらったまいたけの炊き込みご飯を大盛りにしても上品にみえて、盛りつけたお料理を引き立ててくれます。毎日使うお茶碗を変えるだけで、食卓が新鮮になりました。

メラミンスポンジを可愛く収納!

シンク周りのお掃除や、食器の茶渋を綺麗にしてくれるメラミンスポンジ。ちょこちょこ使うのに、いちいちシンク下から取り出すのがめんどくさくなったので、シンク周りに置いていたのですが、一気に生活感だ漂う見た目に。なので、WECKのキャニスターに入れてみました!このすっきりとしたデザインに、500mlサイズが大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいい!キッチンの飾り棚に置いてもおかしくないくらい、すんなり溶け込みました。

クリスマスには、幻想的なプレートを

ローストビーフを焼くのが、最近のお気に入り。フライパンで焼き目をつけて、BALMUDAのトースターで焼くだけの楽ちんレシピなんですよ!赤ワインに合うこのローストビーフの迫力に負けないプレートといえば、こちらのタイカのプレート。一気にクリスマスらしさを演出してくれます。隠れているけど、中央には幻想的な鳥が描かれていて、食べ進むにつれて見えてくるのもお気に入りです。

家族にも3台プレゼントした程、愛用トースター

他のトースターと比べても、はっきり違いがわかるほどバルミューダのトースターは美味しい!「チーズトースト」や「クロワッサン」など、パンの種類に合わせて熱源を制御しているので、仕上がりの違いがあるんですよ!例えばチーズトーストは最後に一気にチーズをいい感じに焦げるように加熱するし、コンビニのクロワッサンもサックサク。パン以外にも、ローストビーフはフライパンで焼き目をつけて、ホイルでくるんでこのトースターで加熱すればできちゃうので、おすすめです。

目でも味わいたい時に

「小布施の名産は?」というLINEが母から送られてきて、後日お土産としてもらった栗の落雁。よくみると栗の形になっていて、ほっこり。こんな風に目でも楽しめるお菓子は、SAKUZANの小皿に乗せて、目でも楽しんでから、あったかいほうじ茶と一緒にいただきました。