食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料(沖縄・離島を除く)

» ブランドから探す
中島
エディトリアル&デザイン 中島

MESSAGE

数年前に外房に小さな家を建て、週末田舎暮らしをしています。趣味はお茶(表千家) 。時々近所のお茶仲間と集まって茶事を楽しんでいます。とはいっても「お茶一服の後はアルコール♪」っていうことがほとんどですが …。自転車で街散策するのが好きで、東京から鎌倉まで走ったことも!! …が現在は育児中で遠出は無理(涙) 時間を見つけては「午前中近場で勝負!」でパン屋+カフェ巡りを楽しんでいます。あっ、プロキッチンホットケーキ部部長です。不定期で活動報告していまーす!

私の愛用マグ

商品コメント

夏でも安心なお弁当箱

まだ幼い娘は電車の中でおとなしくしていられません。外房の別邸へ行く時は今ハマっている折り紙と必ずお弁当持参で乗り込み、外房線に乗り換えるとお弁当タイム。普段は曲げわっぱですが、夏場は食中毒の恐れがあるので保冷フタ付きのこちらのお弁当箱にしました。冷えても美味しいサンドイッチ弁当が定番です。「クマちゃんのお弁当箱~!」とフタを開ける前から喜んでいます。

茶こしだけれど、味噌こしにもね

わが夫は味噌汁を少し残します。なぜかしら?と思いつつ10年以上経過。先日理由を聞いてみると、沈澱した麹が苦手だったそうで…。それは失礼しました。商品撮影で手にしたこちらの茶こし、予想通り3人家族の味噌こしにぴったり!わが家の姫も積極的にお手伝いしてくれます。また麦茶は麦で沸かす派なのですが、ジャグに注ぐ際、普通の茶こしでは溢れていた麦がこの深さでもれなくキャッチ!思いのほか大活躍です。

遠足のお弁当

保育園の親子遠足に行ってきました。年に数回のお弁当作り、お弁当箱は私が普段使っている曲げわっぱで代用しています。フタも開けやすく、適度な深さで食べやすいようです。娘のリクエストにこたえてお赤飯弁当に。渋いので型抜きしたチーズの花びらを散らし、可愛らしさをプラスしました。

わが家の普段使いのグラス

わが家の普段使いのグラスはアイノ・アアルトのハイボール。スタッフの間でもカルティオ派とアイノ・アアルト派に分かれるイッタラのグラスですが、決め手はこのサイズ感!私を含め水分をたっぷりとる家族のために適度な大きさのコチラに揃えました。安心感のある厚みがありながらそれほど重くない。そしてちょっとレトロな雰囲気も気に入っています。

かまどさん生活、始めました!

お店で食べた土鍋炊きのごはんの味が忘れられず、かまどさんのお取り扱いを機に購入しました。説明書通りに炊いてみたものの、焦がしてしまうこと数回。しかし今はご覧の通りふっくら美味しく炊けるようになりました。玄米やお赤飯も美味しく炊けますよ。おこげで作るおにぎりも最高です!

やっと見つけた! わが家のラーメン鉢

ラーメン鉢はかなり探しましたが、展示会で馬場商店さんから伺ったお話が決め手になりこちらに落ち着きました。縁が少し薄く作られており、スープを飲むときの口当たりが抜群!そして半磁器という材質もポイントに。磁器の丈夫さと軽さを併せ持つ半磁器は陶器好きとしてはありがたい。たっぷり盛っても安心な大きさも◎。昔ながらの素朴な模様はどれも飽きがこず、柄違いで揃えています。

朝昼晩いつでも使える万能プレート

最初のティーマは21cmを購入。朝食には便利だけれどワンプレートには小さいかなと思い26cmを買い足しました。けれど23cmが復刻したときに、これなら朝昼晩すべてに使えると購入を決意。陶器市で買った和食器とも相性がよく、シンプルで飽きのこないプレートは普段使いとしてパーフェクト~!ちなみに21cmと26cmは後輩が喜んで引き取ってくれました。

下ごしらえに便利なスッキリ鍋

ステンレス多層鍋はフィスラーで揃えていますが、実際に撮影で使用して良さを実感!機能的にはフィスラーと変わらないのですが、持ち手が着脱式になっているのがポイント。出勤前に夕飯の下ごしらえをし、そのままお鍋ごと冷蔵庫へ入れてもスッキリ収まるのがありがたい!残り物の温め直し、ブロッコリーを茹でたり、味噌汁などこのサイズがとても便利なんですよ。持っているフィスラーとの役割分担もでき、大活躍中です。

普段使いにおすすめのケーキスタンド

ケーキスタンドって平皿よりも特別感があり、乙女心!?がくすぐられます。カサゲントのケーキスタンドは手頃な大きさで陶器の素朴さもあり、日々の暮らしにも馴染む感じが◎。年初めの運試し、ガレットデロワを乗せて。ナイフを入れた瞬間に手応えがありましたが、これは私がラッキーガール?

ハレの日に色を添えるお皿

普段使いのお皿はベーシックで柄のないものが多いのですが、ハレの日は少し華やかにしたくなります。白地に赤で新年にピッタリ!今年はこちらのお皿で食卓に色を添えました。豆皿サイズはちょこっと盛り付けるのに便利です。義母から受け継いだ数の子と大根の甘酢漬けを盛り付けます。同じ柄で青も持っていて二色使いで楽しんでいます。

暮らしのひとコマ