食器と料理道具の専門店/おいしいで 笑顔をつくる お手伝い プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す
三木
よく食べよく飲む 三木

MESSAGE

料理をすることも食べることも同じくらい大好きで、定期的に人を集めてごはんを囲む会などを開いているせいか家に食器があふれがち。引っ越しを機に泣く泣く大量に断捨離したこともありました。外食などで、美味しい!と思ったものはどうしても家で再現してみたくて、楽しくおしゃべりしながらの食事のはずがついつい分析的になってしまうことも。休日は近所のカフェでまったり読書をしたりお花屋さんをのぞいてみたり。基本的にはマイペースなので、のんびり自分らしく暮らしをみがいていけたらな、と思って日々を過ごしています。

私の愛用マグ

商品コメント

キリッとした白ワインに

偶然見つけて立ち寄ったおいしいイタリアンのお店「Filo」さんで使われていたのがピッコロのワイングラスでした。今回は金柑とリコッタチーズの白和えと共に、マイケルジャクソンの絵がかわいいキリっと爽やかな白ワインを合わせていただきました。シュッっとすぼまった口の形状の美しさと、薄くて口当たりの良い飲み口や長すぎないステムなど理由で採用されたのだとか。カジュアルだけどきちんと感も兼ね備えたすぐれものです。

食べ飽きたお餅は干しましょう

今年も余ったお餅の消費に困っている人は少なくないのではないでしょうか?わたしのおすすめの消費方法はおかきです!お餅を適当なサイズに砕いたり切ったりして一晩以上、ヒビが割れるまで盆ざるに乗せて乾燥させ、低温の油でおいしそうな色になるまで揚げたらお好みで塩や醤油をまぶして完成です。色づいてからが早いので、油から上げるタイミングは目を離さないように!長めに乾燥させてから密封容器に入れれば日持ちもしますよ。

お豆腐も崩れにくくて混ぜやすい

調理から盛り付けまでこれ一本で完結する素晴らしいツールが家事問屋から登場しました!IHをお使いのご家庭や、重たい鉄鍋を使っている方に特におすすめしたいこの調理スコップ。鍋ふりをしなくてもフライパンの底からごっそり食材を返せるのでチャーハンや炒め物もはかどります。また、麻婆豆腐を作る際には背の部分で優しく混ぜてあげるとお豆腐が崩れにくく、上手に調味料と和えることができますよ♪盛り付けもこの調理スコップでできるので洗い物が1つ減るのもうれしいポイントです。

おやつ時間にもピリヴィッツ

フランスの一流シェフに愛用されているピリヴィッツの器。業務用だけではなく、フランスの一般家庭でも広く使われているそうです。今日は、店長美佐子が作ってきてくれた紅茶のシフォンケーキをのせて、仕事の合間のもぐもぐタイム。クチポールムーンブラックペストリーフォークとの組み合わせもばっちりでした。食事やお酒を楽しむときにはイワシの酢〆やピクルスの盛り合わせなどの前菜を盛り付けてみるのもオシャレです。

他のお鍋じゃ代用不可なうどんすき鍋

うどんすき鍋のおすすめポイントはその浅さとボウルのような形状。縁が巻かれていないので洗い物も楽ちん。浅くて角のない底面は具材をさらうときにとても取りやすいのです。しかも熱伝導率のよいアルミ製なのでお湯が沸くのも早く、卓上でしゃぶしゃぶをするのもおすすめです。今回はぷるぷるのもつ鍋を楽しみました。これからの時期に大活躍なうどんすき鍋。Φ24cmの場合、一人一鍋持っているととても便利なサイズですよ!

セットで持ちたい穴あきのれんげ

れんげスプーンの使い心地のよさはお墨付きですが、穴あきタイプもあなどれません。煮豆や煮卵、らっきょうなどの余分な汁気を切りながらすくうことができるので、カレーを食べるときはれんげスプーン、福神漬けやラッキョウをすくうときは穴あきを使ったり、担々麺のひき肉や味噌ラーメンのコーンをサルベージするときには穴あきで、スープを啜るときにはれんげスプーンというようにセットで揃えておくことをおすすめします!

まるでお店!おうちでどら焼き

見てください、このつやつやでおいしい焼き色。これ、おうちで作れるんです。銅は熱伝導率が良いので粉物や卵料理が得意です。生地を落とした時に一度フライパンの温度が下がりますが、銅の場合は下がってから熱くなるまでの時間が短いので生地の水分が蒸発する時間も短くしっとりふんわりとした生地に焼き上げることができるんです。あんこもこだわるなら是非銅のペストリーボウルであんこ作りにもチャレンジしてみてください♪

ひとりに一枚、鉄の皿

焼いたお肉をアツアツのまま食べたい方にはコレ!焼いてそのまま食卓へ。取っ手が外せるのでお皿として使えます。ステーキやハンバーグなんかは特に温かい状態で食べたいので、このSサイズを重宝しています。鉄板が蓄熱してくれているので冷めにくく、お肉も付け合わせの野菜も温かい状態で食べられるのが嬉しいポイント。一人暮らしの方はもちろんのこと、ご家族の場合は一人一枚揃えたくなるフライパンです。

ガラスの影の美しさ

見てくださいこのキラキラ!!日中の明るい光できらきらと光る様子はとても涼しげで大好きなのですが、あたりが暗くなってライトの光が当たることによってできるガラスの影はどこか温かみがあり、それも大好きです。ガラスの表面に施された細かな凹凸が、光を透過したときにとてもきれいな陰影を生み出します。私はこの徳利に麺つゆを入れてお蕎麦や素麺を食べるときにも使ったりしています。涼やかな見た目なのでとても気に入っています。

深さと絵柄の絶妙なバランス

徳永遊心さんの黒呉須の器は写真ではわかりにくいのですが、正円でなく楕円形の鉢なので真ん中に料理を置くとちょうど食材を邪魔しないように絵柄が配置されているのが素敵ポイント。今回はきゅうりの断面の絵柄なので、それに合わせてきゅうりを使った酢の物を盛り付けてみました。絶妙な深さのため、汁物を受け止めつつ、盛り付けた料理をカッコ良く見せてくれます。ついつい手に取ってしまう器です。

おうちごはん