食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す

リサ・ラーソン/Lisa Larsonのブランドページ

Lisa Larson/リサ・ラーソン
Lisa Larson/リサ・ラーソン

リサ・ラーソン/Lisa Larson

スウェーデンを代表する陶芸家のリサ・ラーソンはスティグリンドベリにその才能を見出され1954年にグスタフスベリに入社し数多くの作品を発表します。1979年に同社を退社した後フリーデザイナーとして活躍したリサは、90年代に再びグスタフスベリに工房を持ち(セラミック・スタジオ・グスタフスベリ社を設立)これまで手掛けた作品の復刻や新作の創作など、意欲的に制作活動を続けています。代表作は「小さな動物園」「世界の子供たち」など。彼女の作品には独特のユーモアと温かなメッセージが込められていて、手に取った人々を笑顔にさせる魅力をもっています。

リサ・ラーソン/Lisa Larsonのシリーズ

動物

リサ・ラーソンが手掛ける動物たちのオブジェは、ほのぼのした作風ながらも力強い生命力や生き物の体温や息遣い、そしてデザイナーの惜しみない愛情が作品に込められているように思います。ライフワークとなっているアニマルシリーズはヴィンテージの人気も高く世界中にコレクターがいます。

花瓶

1990年代から制作がスタートしたワードローブシリーズは、洋服がモチーフになったユニークな花瓶。陶器の持つ質感と懐かしさをまとった洋服のデザインがリサ・ラーソンならではの雰囲気を醸し出し、花を挿すだけでまるで洋服にコサージュを付けたような装いに。そのままリビングに置いても自然と目を惹く存在感。

キャンドルホルダー

リサ・ラーソンのキャンドルホルダーはろうそくに炎を灯して空間を彩るだけでなく、インテリアオブジェとしても愛らしい佇まいを持ちます。クリスマスシーズンに大忙しになりそうなサンタや眺めるたびに癒される小鳥など、日々飾りながらも特別な日にはまた違った表情でわたしたちを楽しませてくれることでしょう。

ヴィンテージ

今回プロキッチンでは、リサ・ラーソンのヴィンテージ作品と呼ばれる オブジェを集め、皆さまにご紹介させていただきます。 愛嬌のあるフォルムや表情、ヴィンテージ作品ならではの趣きを 楽しんでいただきたいと思います。全て1点ものです。 気になる作品がございましたら、ぜひお迎えしてあげてくださいね。

リサ・ラーソン/Lisa Larsonの商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ リサ・ラーソン/Lisa Larsonのコメント

一瞬でリラックス

一瞬でリラックス

オフィス勤務で一息つくとき、自然に足が向くのがこのコーナー。特に贔屓目で見てしまうリサのふたごの猫は2匹並んでいる姿がたまらなく好きで、目があった瞬間にリラックスさせてくれます。できれば2匹一緒にお迎えしたい!けどスペースがない!ということでしばらくはこの写真を見て癒されようと思います。

北村
植物を愛でる日々
北村
お家の中で季節を愛でる

お家の中で季節を愛でる

お花の定期便で、花のある暮らしを楽しんでます。ちょこっと投げ込むだけで、素敵に見える。そんなフラワーベースです。オブジェとしても可愛いので、窓辺や玄関にも飾っています。この写真を母に送ったところ、青紫の儚げな花を「あら松虫草ね」と教えてくれました。早秋の高原を彩る花だそう。お家の中で季節を楽しむことが出来そうです。

幸塚
花も団子も好き!
幸塚
母の日のカーネーション

母の日のカーネーション

今年の母の日は娘が真っ赤なカーネーションをプレゼントしてくれました。花瓶は数本でも素敵にまとめてくれるこちらをセレクト。ライトブルーの優しい色が穏やかな空間を作り出してくれます。「ドレス」から顔を出すカーネーションに「これ、ママみたいだね」と娘が一言。しばらく食卓に飾り楽しみました。

中島
動物占いは一匹狼
中島
小さいお花も

小さいお花も

部屋の隅においたリサ・ラーソン ワードローブ ドレスの花瓶。小さいお花はガラスのコップに入れて飾ることが多かったのですが、そのままポンとうつしてみたらとってもいい感じになりました。これからも、いろいろなお花で楽しんでみたいです。

石田
色々作るのが好き
石田
気軽に活けられます

気軽に活けられます

ミモザやチューリップがお花屋さんにならびはじめると、もうすぐ来る春を感じてうきうきしますね。リサ・ラーソン ワードローブの花瓶は1輪だけぽいっといれてもサマになるのがうれしいところ。今日はラナンキュラスをお持ちかえりしました。

武内
万年料理修行中
武内
いろんな表情に見えるライオンです

いろんな表情に見えるライオンです

リサ・ラーソンのオブジェが好きでいくつか持っていますが、動物はネコ科ばかり。以前に猫を飼っていたためか、つい手元に置きたくなってしまいます。このライオンとトリは持っている中でも結構な存在感。トリを背中に乗せたライオンは、何かあっても動じない威厳を感じたり、穏やかな優しい顔に見えたり。私の気分によっても変わるようで、飽きないオブジェです。

笹間
お母さん的存在
笹間
わが子が一番

わが子が一番

この子をお迎えしたのは今から5年以上も前。ずっと憧れていたリサのライオンだったので、このサイズでいいかな、どんな顔の子が来るのかな、注文してから届くまでずっとドキドキワクワクしっぱなしでした。その気持ちは月日が流れても変わることがなく、いつ見てもかわいいなぁと親バカぶりを発揮しています。ホントにかわいい~♪

北村
植物を愛でる日々
北村
ポイっといれるだけでかわいい

ポイっといれるだけでかわいい

梅雨時期、ベランダのラベンダーを剪定してリサにポイっと。リサの花瓶は生けるとか活けるとかじゃなく、ポイっと入れるだけでも十分かわいい!と思います。さらに野の花系はリサシリーズと相性◎だな!とも思ってます。花が終わった後もそのまま飾れる(出しっぱなし)のもお気に入りポイントです。

増田
おおらかなO型
増田

リサ・ラーソン/Lisa Larsonの注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!新着ブログ
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
オンライン来店はじめます!
2020年12月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
※現在お電話でのご対応は
 休止しております。
MAIL:info@prokitchen.co.jp