食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料(沖縄・離島を除く)

» ブランドから探す

つきじ常陸屋のブランドページ

つきじ常陸屋
つきじ常陸屋

つきじ常陸屋

プロキッチンの前身である「つきじ 常陸屋」で取扱いのある厳選した道具の中から、プロキッチンのお客様におすすめしたい選りすぐりの商品をご紹介いたします。「つきじ 常陸屋」では「国産・手づくり」にこだわって商品を選定しています。昔から愛されている道具からは日本の風土、食文化、伝統技術が魂のように込められており、使えば使うほど手になじみ、表情がでてきます。道具の背景にある職人さんや素材のこと、道具が誕生するまでの全ての工程を丁寧に紡いでいきながら、料理に欠かせない道具のことをより多くの方に知っていただきたいと思います。

つきじ常陸屋のシリーズ

こす道具

味噌汁を作るときに欠かせない味噌こしや澄んだ紅茶を楽しめる茶こしなど「濾すための道具」は、網目が丈夫でお手入れしやすいものを選ぶといつも気持ちよくお使いいただけます。手間を惜しまず丁寧に濾すことで、美味しさが格段に増してくるはずです。

すくう道具

揚げ物に使うかす揚げなどの「すくう道具」は用途に合ったサイズ・網目の大きさを選ぶことで、調理がはかどり時短につながります。業務用ならではの細かなサイズ展開、頼もしい機能性は私たちの暮らしの中でもなくてはならない存在になるはず。多く持つものではないからこそ、確かなモノ選びを。

きる・おろす道具

道具が変わるだけで料理の味わいや食感は驚くほどに変化します。職人さんが丹精込めて作る銅のおろし金でおろす大根おろしは時間をおいても水っぽくならず水分をしっかりと残したままふわっとした食感に。ベンリナーでスライスしたキャベツの千切りはそれだけで立派なおかずに生まれ変わります。良い道具と言うのは使い捨てでなくメンテナンスをしながら長く愛用できます。

まぜる道具

ホイップクリームを泡立てたり、クリームを混ぜる時の必需品。しっかりと握れて素早く泡立てられるものがベストです。業務用の泡だて器はワイヤーの本数が多く、優れた強度を持つため、じゃがいものマッシュなどにも使えるほど。力を入れても握りやすいよう太く短めのハンドルです。

つかむ道具

料理の美味しさを左右するのは盛り付けの美しさが一役買っています。美しく盛り付けられた料理はそれだけで華やかさが増し、目で楽しみながら食事をいただけます。繊細な盛り付けができる盛り付け箸、食卓で料理を取り分ける時は皆が使いやすい竹のトング。用意しておくだけで食事の時間がちょっと豊かになります。

料理道具

古き良き日本の台所道具は、いまなお私たちの暮らしに息づきたくさんの事を気づかせてくれます。職人さんが代々受け継いできた高度な技術や手仕事だからこそ伝わるぬくもり、暮らしの中で見落としがちな季節のうつろいなど、良い道具には伝える力があるのです。もちろん、道具としても優秀でいちど使うと手放せなくなる魅力をもっています。毎日の食卓を豊かで満ちたりた気持ちにしてくれるこだわりの道具を、時間をかけてゆっくりとお選びください。

ざる

昔から日本の台所で活躍してきた竹ざるは、抗菌効果にすぐれ、扱いも簡単。しかも水切れが良く、食材にやさしいのが特徴です。また、水切りざるとしてだけではなく、茹でた蕎麦やお鍋の食材を彩りよく盛り付けて、テーブルの上へ運んでも風情のある雰囲気で使いこなすことができます。作りがしっかりしているので表舞台に出しても美しいのです。

容器

味の決め手となる調味料やフライパンの油ならし用の油は、すぐ使えるよう専用の容器に入れておくと流れ良く作業が進みます。シンプルな容器は使いかけの食品などの一時保存にもよく、同じデザインのもので統一することでキッチンがすっきりするのはもちろん、使い勝手もよくなります。

カトラリー

箸はつまむ・挟む・切る・すくうなどをの繊細な動作をこなし、日本人が一番よく使う食事道具とも言われています。美しい木目と木の温もりを残し触れた時に優しさが伝わるもの。太さ・長さ・箸先など自分の好みに合ったもの。これらを大切に選ぶことで食事の楽しさが大きく広がっていくはずです。他にも食卓周りに添えるとキリッと締まる和の小物ございます。

生活雑貨

昔から日本各地で優れた手仕事の生活雑貨を作り続けている作り手たち。手間ひまかけて作られた道具は暮らしに根付き、時の変化と共に味わいが増してきます。日本の山に自生するしなやかで丈夫なスズ竹を使って丁寧に編んだ市場かごもそんな道具のひとつ。市場かごという名のとおり、もともと市場で料理人が買出しの際に使っているかごと同じ作り方で耐久性も抜群です。根菜類の保存かごやお部屋の整理かご、ピクニックのお弁当を入れてもよく、しっくりと暮らしになじむ佇まいです。

干しかご

「つきじ 常陸屋」オリジナルの干しかごです。手作りならではのこだわりが詰まった干しかごは、日本製の素材を使って製作されています。麻をイメージしたナチュラルな網は漁でつかう網を使い強度や耐久性をもたせ、扇状に縫い付けたファスナーはざるや食材を出し入れしやすいように、と小さなことに目を向けることで、おしゃれで使いやすい国産干しかごが完成しました。干しかごはひとつひとつが手作りで作られているため、干しかごが完成するまでに手間も時間もかかります。作り手のぬくもりや思いがつまったこだわりの干しかごを通じて、干し野菜の楽しさを発見してください。

抜き型・物相型・ライス型

わたしたちは昔から四季折々の風情を暮らしに取り入れることを楽しんできました。それは、食卓でも同じことです。抜き型で抜いた鶴をお碗に忍ばせ、めでたさを演出したり、 物相型で形作ったごはんに桜でんぶや、うぐいす型のにんじんを散らして春の訪れを感じたり、食卓に広がる季節の風景がわたしたちの心を和やかにしてくれます。 また、常陸屋の刻印が入った抜き型は、高い技術をもつ職人さんが丁寧に作っています。繊細な部分もきちんと抜くことができ、しっかりとした造りに感動を覚えるほどです。「カタで抜く」 この一手間が食事に遊びを添え、心を豊かにしてくれると思います。

つきじ常陸屋の商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ つきじ常陸屋のコメント

ひと手間で大喜び

ひと手間で大喜び

なんでもない土曜、子供と2人のお昼ごはん…悩みの種でした。で、物相型を投入!メニューはいつもと同じ残り物+αでも、見た目が違うだけで「これ、ボクの?食べていいの?やったー!」←尋ね方がちょっとせつない(笑)大喜びでしたよ。

増田
エディトリアル&デザイン
増田
ぐっとかわいくなります

ぐっとかわいくなります

キノコスープにおうちのカボチャをトッピング。残り物の朝食がぐっとかわいくなりました。5mmくらいの固いカボチャもサクッと抜けましたよ。

増田
エディトリアル&デザイン
増田
栗仕事には欠かせない!

栗仕事には欠かせない!

包丁で栗の皮むきはとっても大変。この栗くり坊主があれば簡単に皮むきができます!一年のうちでちょっとしか出番がありませんがこれがあるだけで栗仕事が変わりますよ。今年もたくさん栗ごはんを楽しみたいと思います。

見目
マーケティング
見目
アツアツも早めにいただけます!

アツアツも早めにいただけます!

この大きさの盆ざるは、1人分のざる蕎麦や天ぷらを乗せるのに大活躍ですが、この日はリベイクしたドーナツを。おからと豆乳で作ってある「はらドーナツ」は私も息子も大好きなドーナツ。息子はちょっとでも熱いと食べてくれないけど、このざるに乗せておくと、わりと早く冷めてくれるので本当に助かります!

蟹谷
MD&バイヤー
蟹谷
人参しりしり

人参しりしり

人参しりしりを作るのにかかせない道具です。包丁や通常のスライサーの千切りと食感が異なり、口当たりが柔らかになります。一本分の人参を一人でペロッと美味しく頂くことが出来ます。サンドイッチに挟んでも美味しいですよ。

笹間
お客さまサポート
笹間
抜き型でアクセント!

抜き型でアクセント!

いろんな抜き型を持っていますが、その中でもお気に入りのカニさん。一つ一つ丁寧に作られているから、カニの足やハサミの細かい部分まできれいに型が抜けるんです。さすが職人技! いつものカレーも、カニさんがいるだけで、見た目も楽しくよりおいしくなる気がします♪

蟹谷
MD&バイヤー
蟹谷
お弁当づくりに欠かせません

お弁当づくりに欠かせません

先日は保育園のお別れ遠足でした。毎日作っているわけではないのでお弁当づくりはかなりのプレッシャー…。「キャラ弁を作って」とはまだ言われないものの、型抜きしたにんじんをいれたら食べるときに「わー!お花のにんじんだよー!」と叫ぶほど喜んでいたらしいので、抜き型は必須アイテムとなりました。

武内
お客さまサポート
武内
私のおすすめトースト皿

私のおすすめトースト皿

私の大好きな喫茶店、松本の「喫茶まるも」のモーニングセットでは、トーストがざるにのせられて出てきます。まるもはトーストサイズの角ざるでしたが、家にある盆ざるで再現!陶磁器と違い、焼きたてトーストのカリッと感が損なわれず美味しく頂けますよ!

中島
エディトリアル&デザイン
中島
本当に便利です!

本当に便利です!

おろし金やすり鉢についたわさび・しょうが・ゆず・にんにくをかきとったり、洗ったりするのに大活躍します。離乳食をつくるときにおろし金とすり鉢と一緒にフル稼働しました。ちいさいヤツですが働き者!

武内
お客さまサポート
武内

つきじ常陸屋の注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!新着ブログ
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
2018年5月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp