食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料

» ブランドから探す

つきじ常陸屋のブランドページ

つきじ常陸屋
つきじ常陸屋

つきじ常陸屋

プロキッチンの前身である「つきじ 常陸屋」で取扱いのある厳選した道具の中から、プロキッチンのお客様におすすめしたい選りすぐりの商品をご紹介いたします。「つきじ 常陸屋」では「国産・手づくり」にこだわって商品を選定しています。昔から愛されている道具からは日本の風土、食文化、伝統技術が魂のように込められており、使えば使うほど手になじみ、表情がでてきます。道具の背景にある職人さんや素材のこと、道具が誕生するまでの全ての工程を丁寧に紡いでいきながら、料理に欠かせない道具のことをより多くの方に知っていただきたいと思います。

店舗情報


つきじ常陸屋のシリーズ

こす道具

味噌汁を作るときに欠かせない味噌こしや澄んだ紅茶を楽しめる茶こしなど「濾すための道具」は、網目が丈夫でお手入れしやすいものを選ぶといつも気持ちよくお使いいただけます。手間を惜しまず丁寧に濾すことで、美味しさが格段に増してくるはずです。

すくう道具

揚げ物に使うかす揚げなどの「すくう道具」は用途に合ったサイズ・網目の大きさを選ぶことで、調理がはかどり時短につながります。業務用ならではの細かなサイズ展開、頼もしい機能性は私たちの暮らしの中でもなくてはならない存在になるはず。多く持つものではないからこそ、確かなモノ選びを。

きる・おろす・する道具

職人さんが丹精込めて作る銅のおろし金や驚くほど料理のレパートリーが広がるすり鉢など、昔から親しまれてきた道具には職人の技術や道具としての美しさが備わっています。また良い道具と言うのは使い捨てでなくメンテナンスをしながら長く愛用することも。とかく新しいもの、便利なものに目がいきがちですが、廃れず受け継がれてきた古き良きものに目をむけた道具選びはきっと食卓を豊かにしてくれるはずです。

つぶす・まぜる道具

すり潰しや泡立ての作業は料理の仕上がりを左右する大切な工程ですが、意外と手間もかかるもの。そんなときは道具の力を借りて効率をアップしちゃいましょう。プロが愛用する業務用の道具は機能に特化しているため使い勝手がよく、短時間で作業が完成します。また優れた耐久性も備わっており、10年使ってもまだまだ現役なんてことも。

つかむ道具

料理の美味しさを左右するのは盛り付けの美しさが一役買っています。美しく盛り付けられた料理はそれだけで華やかさが増し、目で楽しみながら食事をいただけます。繊細な盛り付けができる盛り付け箸、食卓で料理を取り分ける時は皆が使いやすい竹のトング。用意しておくだけで食事の時間がちょっと豊かになります。

台所道具

古き良き日本の台所道具は、いまなお私たちの暮らしに息づきたくさんの事を気づかせてくれます。職人さんが代々受け継いできた高度な技術や手仕事だからこそ伝わるぬくもり、暮らしの中で見落としがちな季節のうつろいなど、良い道具には伝える力があるのです。もちろん、道具としても優秀でいちど使うと手放せなくなる魅力をもっています。毎日の食卓を豊かで満ちたりた気持ちにしてくれるこだわりの道具を、時間をかけてゆっくりとお選びください。

ざる

昔から日本の台所で活躍してきた竹ざるは、抗菌効果にすぐれ、扱いも簡単。しかも水切れが良く、食材にやさしいのが特徴です。また、水切りざるとしてだけではなく、茹でた蕎麦やお鍋の食材を彩りよく盛り付けて、テーブルの上へ運んでも風情のある雰囲気で使いこなすことができます。作りがしっかりしているので表舞台に出しても美しいのです。

バット・容器

気楽に使えるテフロン加工のバットや調理油から食材の保存までフレキシブルに使えるシンプルな容器など、毎日の台所時間を心地良くしてくれるのはこんな気取りのない道具たちかもしれません。さらに快適を目指すなら同じデザインのもので統一することでキッチンがすっきりすることはもちろん、使い勝手も向上します。

カトラリー

箸はつまむ・挟む・切る・すくうなどをの繊細な動作をこなし、日本人が一番よく使う食事道具とも言われています。美しい木目と木の温もりを残し触れた時に優しさが伝わるもの。太さ・長さ・箸先など自分の好みに合ったもの。これらを大切に選ぶことで食事の楽しさが大きく広がっていくはずです。他にも食卓周りに添えるとキリッと締まる和の小物ございます。

干しかご

「つきじ 常陸屋」オリジナルの干しかごです。手作りならではのこだわりが詰まった干しかごは、日本製の素材を使って製作されています。麻をイメージしたナチュラルな網は漁でつかう網を使い強度や耐久性をもたせ、扇状に縫い付けたファスナーはざるや食材を出し入れしやすいように、と小さなことに目を向けることで、おしゃれで使いやすい国産干しかごが完成しました。干しかごはひとつひとつが手作りで作られているため、干しかごが完成するまでに手間も時間もかかります。作り手のぬくもりや思いがつまったこだわりの干しかごを通じて、干し野菜の楽しさを発見してください。

抜き型・物相型・ライス型

わたしたちは昔から四季折々の風情を暮らしに取り入れることを楽しんできました。それは、食卓でも同じことです。抜き型で抜いた鶴をお碗に忍ばせ、めでたさを演出したり、 物相型で形作ったごはんに桜でんぶや、うぐいす型のにんじんを散らして春の訪れを感じたり、食卓に広がる季節の風景がわたしたちの心を和やかにしてくれます。 また、常陸屋の刻印が入った抜き型は、高い技術をもつ職人さんが丁寧に作っています。繊細な部分もきちんと抜くことができ、しっかりとした造りに感動を覚えるほどです。「カタで抜く」 この一手間が食事に遊びを添え、心を豊かにしてくれると思います。

つきじ常陸屋の商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ つきじ常陸屋のコメント

やっぱり網焼きは最高です!

やっぱり網焼きは最高です!

お餅は今までトースターで焼いていましたが、お正月にたくさん買ったお餅を焼き網で焼いてみました。普段あまりお餅は食べないのですが、この焼き方で焼いたお餅のなんとおいしいこと! トースターよりもちょっと時間はかかりますが、その分カリっと香ばしく、焼いている間にぷく~っと膨れる様子が楽しくて、今ではお餅はこの焼き網で焼くのが定番になりました。 膨らみすぎてトースターの上の電熱部分に触れて焦げることもなくて安心です。ちなみに、高温になるので我が家のコンロで焼く時は高温センサーを解除しています。

蟹谷
冷凍庫はパンだらけ
蟹谷
七草粥のご準備されていますか?

七草粥のご準備されていますか?

真ん中の蕪(すずな)から順番に、すずな/すずしろ/なずな/ごぎょう/はこべら/ほとけのざ/せり。ざっと水で洗い角盆ざるに並べてみました。年明けの気分が高まりますね〜。子どもの頃はお正月明けのお粥には目もくれず「なんでそんなおいしくないものを食べないといけないのかしら」と思っていましたが、近頃はお腹に優しい七草粥がじんわりきてしまうカラダに。無病息災を願っていただきます!

千秋
炊きたて白米が好き
千秋
しっかり働くスグレモノ

しっかり働くスグレモノ

東京築地のつきじ常陸屋の店舗ではいろんな形のたわしが並んでいます。その中から厳選した5種類をプロキッチンではご紹介していますが、なかでも私の定番は「棒付束子 大」です。棕櫚のたわしに木製の棒がついているので、熱いフライパンを洗ったりグラスを洗ったり、棒がついているからこその使い道がありとても便利です。棕櫚の繊維は柔らかいので道具や食器を傷つけにくく、湯呑みの茶しぶ等はきれいに取り除けるというスグレモノです。使ったあとはたわしをよく振って水気を切り、風通しの良いところに掛けてください。

中澤
包丁砥ぎなら私に!
中澤
年末までに包丁を研ぎましょう

年末までに包丁を研ぎましょう

年末はクリスマスや大晦日のごちそう、お節づくりなどでお料理をする時間が長くなる方も多いかと思います。切れ味の良い包丁はお料理の効率がよくなりますので、ぜひ年末のお料理に取り掛かる前に包丁を研ぎましょう。研いだことがない方もコツを覚えてしまえば難しいことはありません。ミクロンDX中仕上砥石はご家庭用の包丁に向いている基本の砥石です。刃こぼれがなければ、この1本で研ぎ上げられますよ。私の包丁は小さなもらいサビがあったのでサビトールで早めにお手入れして、砥石は水平君で平らに直しました。

中澤
包丁砥ぎなら私に!
中澤
栗の下ごしらえが楽になります

栗の下ごしらえが楽になります

小学校の給食で食べた栗ごはんがとてもおいしかったらしく、スーパーで売っているのをみつけたこどもに生栗を購入するようにねだられ、栗の皮むきに初挑戦しました(いままでは炊き込みごはんの素を使ってごまかしていました)。包丁でむくのは絶対大変だと思ったので、栗くり坊主を急いで購入。鬼皮も渋皮も一緒にむけて、思わずおお~っとうなるほど楽に栗の下ごしらえができます。それだけ鋭利な刃なので取りかかる前の取り扱い説明書の熟読は必須です。けがをしないように、栗を持つ手には軍手をはめてのぞむのをおすすめします。栗だけでなく里芋の皮むきにも使えますよ。

武内
万年料理修行中
武内
ケーキクーラーとして

ケーキクーラーとして

私が初めて作ったお菓子は叔母に教えてもらったマドレーヌ。その時に購入したマドレーヌ型で今でもたまに作っては家族に振る舞います。今回は外房の家で獲れたレモンを使い、レモン風味のマドレーヌを作ってみました。卵3個分の材料だと12個焼けるので、こちらの角盆ざるがケーキクーラーとしてぴったりなんです。娘の友達が遊びに来たときには、ペーパーを敷いてお菓子を盛り付け、大皿使いもします。大きいのに軽くて、棚の隙間に立てかけられるので場所も取らず、何かと便利な角盆ざるです。

中島
動物占いは一匹狼
中島
野菜を干してみませんか?

野菜を干してみませんか?

秋から冬にかけては空気が乾燥し、干し野菜に挑戦しやすい季節です。特にしめじ、えのき、舞茸などきのこ類は半日ほど干すだけでも風味が良くなり食感も変わるので、干し野菜初心者の方にもオススメです。干した野菜は炒めたり汁ものに入れたり、炊き込みご飯の具材にするのも良いですね。この日はえのき、大根、にんじんを干しました。私は大根やにんじんを余らせてしまいがちなので、干し野菜にして2度楽しんでいます。

中澤
包丁砥ぎなら私に!
中澤
砥石で包丁研ぎデビュー!

砥石で包丁研ぎデビュー!

包丁研ぎなら中澤さんにアドバイスをもらいながら砥石とスーパートゲールを購入。16年間砥石で研いでいなかった包丁を「今日からはじめる包丁研ぎ」の動画を観ながら見様見真似で研いでみました。「カエリ」を感じるまでに3回研ぎ直しましたが、なんとか試し切りのラップカットも成功し大満足。最後に玉ねぎをスライス。涙が出ません!本当に、びっくり。

千秋
炊きたて白米が好き
千秋
初めての梅干し

初めての梅干し

毎年梅仕事は梅シロップ専門でしたが、毎年梅干しを漬けている従姉妹に影響され、今年は私も挑戦してみました。従姉妹によると赤紫蘇も入れず袋で漬ける方法が簡単との事。初めてなので私もスタッシャーを使い同じようにやってみたところ、ふっくらとした梅干しに仕上がりが出来上がりました! 晴天が続く事を確認し、人生初めての梅干しです。干しかごは3段あるので、ざるに並べた梅を一気に出し入れできるのが良いところ。干しかごの中で揺れる梅干しをわが子のように見守る私です。

中島
動物占いは一匹狼
中島
かわいいカレーライスをいただきました。

かわいいカレーライスをいただきました。

来日6年目ですが、自分でカレーライスを作ることは初めてです。不思議ですよね?(笑) 中国にいる時は日本のカレーが好きでしたが、日本に来てからインドカレー好きになって、ほぼお店で食べるようになりました。最近外食を控えているので、初めて自分でカレーを作ってみました。大成功♪よかったです!いつもチャーハンに使う物相型でライスを型抜きして、黒ゴマも少し撒いて、楽しく美味しく自家製のカレーライスをいただきました。

李
自炊記録つけてます

つきじ常陸屋の注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
オンライン来店のご案内
2022年1月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp