食器と料理道具の専門店/おいしいで 笑顔をつくる お手伝い プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す

つきじ常陸屋のブランドページ

つきじ常陸屋
つきじ常陸屋

つきじ常陸屋

プロキッチンの前身である「つきじ 常陸屋」で取扱いのある厳選した道具の中から、プロキッチンのお客様におすすめしたい選りすぐりの商品をご紹介いたします。「つきじ 常陸屋」では「国産・手づくり」にこだわって商品を選定しています。昔から愛されている道具からは日本の風土、食文化、伝統技術が魂のように込められており、使えば使うほど手になじみ、表情がでてきます。道具の背景にある職人さんや素材のこと、道具が誕生するまでの全ての工程を丁寧に紡いでいきながら、料理に欠かせない道具のことをより多くの方に知っていただきたいと思います。

店舗情報


つきじ常陸屋のシリーズ

こす道具

味噌汁を作るときに欠かせない味噌こしや澄んだ紅茶を楽しめる茶こしなど「濾すための道具」は、網目が丈夫でお手入れしやすいものを選ぶといつも気持ちよくお使いいただけます。手間を惜しまず丁寧に濾すことで、美味しさが格段に増してくるはずです。

すくう道具

揚げ物に使うかす揚げなどの「すくう道具」は用途に合ったサイズ・網目の大きさを選ぶことで、調理がはかどり時短につながります。業務用ならではの細かなサイズ展開、頼もしい機能性は私たちの暮らしの中でもなくてはならない存在になるはず。多く持つものではないからこそ、確かなモノ選びを。

きる・おろす・する道具

職人さんが丹精込めて作る銅のおろし金や驚くほど料理のレパートリーが広がるすり鉢など、昔から親しまれてきた道具には職人の技術や道具としての美しさが備わっています。また良い道具と言うのは使い捨てでなくメンテナンスをしながら長く愛用することも。とかく新しいもの、便利なものに目がいきがちですが、廃れず受け継がれてきた古き良きものに目をむけた道具選びはきっと食卓を豊かにしてくれるはずです。

つぶす・まぜる道具

すり潰しや泡立ての作業は料理の仕上がりを左右する大切な工程ですが、意外と手間もかかるもの。そんなときは道具の力を借りて効率をアップしちゃいましょう。プロが愛用する業務用の道具は機能に特化しているため使い勝手がよく、短時間で作業が完成します。また優れた耐久性も備わっており、10年使ってもまだまだ現役なんてことも。

つかむ道具

料理の美味しさを左右するのは盛り付けの美しさが一役買っています。美しく盛り付けられた料理はそれだけで華やかさが増し、目で楽しみながら食事をいただけます。繊細な盛り付けができる盛り付け箸、食卓で料理を取り分ける時は皆が使いやすい竹のトング。用意しておくだけで食事の時間がちょっと豊かになります。

台所道具

古き良き日本の台所道具は、いまなお私たちの暮らしに息づきたくさんの事を気づかせてくれます。職人さんが代々受け継いできた高度な技術や手仕事だからこそ伝わるぬくもり、暮らしの中で見落としがちな季節のうつろいなど、良い道具には伝える力があるのです。もちろん、道具としても優秀でいちど使うと手放せなくなる魅力をもっています。毎日の食卓を豊かで満ちたりた気持ちにしてくれるこだわりの道具を、時間をかけてゆっくりとお選びください。

ざる

昔から日本の台所で活躍してきた竹ざるは、抗菌効果にすぐれ、扱いも簡単。しかも水切れが良く、食材にやさしいのが特徴です。また、水切りざるとしてだけではなく、茹でた蕎麦やお鍋の食材を彩りよく盛り付けて、テーブルの上へ運んでも風情のある雰囲気で使いこなすことができます。作りがしっかりしているので表舞台に出しても美しいのです。

バット・容器

気楽に使えるテフロン加工のバットや調理油から食材の保存までフレキシブルに使えるシンプルな容器など、毎日の台所時間を心地良くしてくれるのはこんな気取りのない道具たちかもしれません。さらに快適を目指すなら同じデザインのもので統一することでキッチンがすっきりすることはもちろん、使い勝手も向上します。

カトラリー

箸はつまむ・挟む・切る・すくうなどをの繊細な動作をこなし、日本人が一番よく使う食事道具とも言われています。美しい木目と木の温もりを残し触れた時に優しさが伝わるもの。太さ・長さ・箸先など自分の好みに合ったもの。これらを大切に選ぶことで食事の楽しさが大きく広がっていくはずです。他にも食卓周りに添えるとキリッと締まる和の小物ございます。

干しかご

「つきじ 常陸屋」オリジナルの干しかごです。手作りならではのこだわりが詰まった干しかごは、日本製の素材を使って製作されています。麻をイメージしたナチュラルな網は漁でつかう網を使い強度や耐久性をもたせ、扇状に縫い付けたファスナーはざるや食材を出し入れしやすいように、と小さなことに目を向けることで、おしゃれで使いやすい国産干しかごが完成しました。干しかごはひとつひとつが手作りで作られているため、干しかごが完成するまでに手間も時間もかかります。作り手のぬくもりや思いがつまったこだわりの干しかごを通じて、干し野菜の楽しさを発見してください。

抜き型・物相型・ライス型

わたしたちは昔から四季折々の風情を暮らしに取り入れることを楽しんできました。それは、食卓でも同じことです。抜き型で抜いた鶴をお碗に忍ばせ、めでたさを演出したり、 物相型で形作ったごはんに桜でんぶや、うぐいす型のにんじんを散らして春の訪れを感じたり、食卓に広がる季節の風景がわたしたちの心を和やかにしてくれます。 また、常陸屋の刻印が入った抜き型は、高い技術をもつ職人さんが丁寧に作っています。繊細な部分もきちんと抜くことができ、しっかりとした造りに感動を覚えるほどです。「カタで抜く」 この一手間が食事に遊びを添え、心を豊かにしてくれると思います。

つきじ常陸屋の商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ つきじ常陸屋のコメント

葉物野菜を干すのにはこのサイズ

葉物野菜を干すのにはこのサイズ

39cmの角盆ざるはすごく大きく感じますが、一枚でたくさん干すことができ、キャベツや小松菜など葉物を広げても余裕。梅しごとのときも重ねないでもたくさんのせられて、ころころ転がっていくという事態にならないのでストレスレスです。大きいと保管場所に困りそうですが、立てかければ省スペース。我が家の台所の収納は無印良品のユニットシェルフなのですが、奥行きがぴったり収まります。洗いかごとしても使用でき、多用途です。

武内
万年料理修行中
武内
手が汚れないってステキ!

手が汚れないってステキ!

唐揚げ、フライ、焼き魚、手羽先の塩焼きなど、食べる直前にレモンをかけたい食べ物ってありますよね。当然のように素手で絞ってお手拭きやティッシュなどで手を拭いていた一連の流れ。たまたま食事の際に出てきたレモン絞りうぐいすをつかってみたら便利なこと!いままでやっていた絞ってから手を拭くという作業が無意識の中でプチストレスになっていたことに気が付いた私。これは早速うちにもお迎えせねば。

三木
よく食べよく飲む
三木
いつでもゴマスリスリ

いつでもゴマスリスリ

ゴマ好きの我が家は蕎麦、うどん、ラーメンにはもちろんスリスリ、味噌汁やサラダにもなんならスリスリ。お手軽にゴマがいただけるこの「ごますり器 スリッキー」は食卓になくてはならないアイテムです。わざわざすり鉢を出す必要がないので、「あっ!ゴマかけたい!」の時すぐにゴマをいただくことができます。この昭和レトロな見た目もかわいいですよね♪

岩谷
田舎暮らしを妄想中
岩谷
お弁当箱の中の「つばめ」

お弁当箱の中の「つばめ」

つばめが飛来する季節ですね。以前から抜き型を楽しんでみたいと考えていたのですが、梅などの和食でよく見る型は私にハードルが高い?と思い、ワンポイントで使ったら「ウフフ」となれるような【つばめ】を選んでみました。使い方に慣れていないので人参の輪切りが分厚かったですがしっかり綺麗に抜けました。さすが技が光る職人さんの手作り!そして、ご飯の上に飛ばしてみましたよ。これは可愛い〜。いつものお弁当もワンランクUPな気持ちになれました。

千秋
炊きたて白米が好き
千秋
包丁を研ぐ前に砥石のお手入れを。

包丁を研ぐ前に砥石のお手入れを。

砥石を包丁で研ぐと砥石が少しずつ擦り減り、特に砥石の真ん中あたりの減りが早いと思います。水平でない砥石で包丁を研いでしまうと真っすぐな刃がつかないので、せっかく研いだのに切れ味がイマイチだなんてもったいないですね。砥石が減ってきたと感じたら面直し砥石で砥石の表面を水平に直してから包丁を研いでください。面直し砥石を水に浸して、砥石の上を面直し砥石で削ります。包丁を研いだことのある砥石は、表面に研いだ痕や黒ずみがあると思いますので、それらが消えるまでしっかり磨いてください。

中澤
包丁砥ぎなら私に!
中澤
丈夫で、使いやすいあくとり

丈夫で、使いやすいあくとり

うちで月一回ぐらい中華風の煮込み牛スネ肉を作ります。今回は多めに2kgの量を作るので、お肉の湯通しはとても大事です。この時に不可欠の小さな道具は あくとり です。高いものではないですが、日本製で、業務用の使いやすさがあります!引っ越しする前から何年も使っていますが、壊れず長持ちする道具です。煮込み料理好きの方におすすめです。

李
自炊記録つけてます
やっぱり網焼きは最高です!

やっぱり網焼きは最高です!

お餅は今までトースターで焼いていましたが、お正月にたくさん買ったお餅を焼き網で焼いてみました。普段あまりお餅は食べないのですが、この焼き方で焼いたお餅のなんとおいしいこと! トースターよりもちょっと時間はかかりますが、その分カリっと香ばしく、焼いている間にぷく~っと膨れる様子が楽しくて、今ではお餅はこの焼き網で焼くのが定番になりました。 膨らみすぎてトースターの上の電熱部分に触れて焦げることもなくて安心です。ちなみに、高温になるので我が家のコンロで焼く時は高温センサーを解除しています。

蟹谷
冷凍庫はパンだらけ
蟹谷
七草粥のご準備されていますか?

七草粥のご準備されていますか?

真ん中の蕪(すずな)から順番に、すずな/すずしろ/なずな/ごぎょう/はこべら/ほとけのざ/せり。ざっと水で洗い角盆ざるに並べてみました。年明けの気分が高まりますね〜。子どもの頃はお正月明けのお粥には目もくれず「なんでそんなおいしくないものを食べないといけないのかしら」と思っていましたが、近頃はお腹に優しい七草粥がじんわりきてしまうカラダに。無病息災を願っていただきます!

千秋
炊きたて白米が好き
千秋
しっかり働くスグレモノ

しっかり働くスグレモノ

東京築地のつきじ常陸屋の店舗ではいろんな形のたわしが並んでいます。その中から厳選した5種類をプロキッチンではご紹介していますが、なかでも私の定番は「棒付束子 大」です。棕櫚のたわしに木製の棒がついているので、熱いフライパンを洗ったりグラスを洗ったり、棒がついているからこその使い道がありとても便利です。棕櫚の繊維は柔らかいので道具や食器を傷つけにくく、湯呑みの茶しぶ等はきれいに取り除けるというスグレモノです。使ったあとはたわしをよく振って水気を切り、風通しの良いところに掛けてください。

中澤
包丁砥ぎなら私に!
中澤
年末までに包丁を研ぎましょう

年末までに包丁を研ぎましょう

年末はクリスマスや大晦日のごちそう、お節づくりなどでお料理をする時間が長くなる方も多いかと思います。切れ味の良い包丁はお料理の効率がよくなりますので、ぜひ年末のお料理に取り掛かる前に包丁を研ぎましょう。研いだことがない方もコツを覚えてしまえば難しいことはありません。ミクロンDX中仕上砥石はご家庭用の包丁に向いている基本の砥石です。刃こぼれがなければ、この1本で研ぎ上げられますよ。私の包丁は小さなもらいサビがあったのでサビトールで早めにお手入れして、砥石は水平君で平らに直しました。

中澤
包丁砥ぎなら私に!
中澤

つきじ常陸屋の注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
オンライン来店のご案内
2022年6月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp