食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料

» ブランドから探す
武内
カスタマーエンゲージメント 武内

MESSAGE

学生時代はバックパックひとつでヨーロッパを巡ったりと旅行好きですが、現在は2児の育児中でなかなか遠出ができず…(涙)。今はこどもと一緒に遊べるスポットを探して出かけたり、ベビーカーで寝かしつけながらの散歩を楽しんでます。数年後にはこどもと一緒に野外フェスや山登りに挑戦したい!と思いつつも、めっきり落ちた自分の体力を戻すのが目下の課題…。プロキッチンにいるのに料理下手(!)なので百戦錬磨の主婦スタッフ達に教えを請いながら日々の食事作りをしています。

私の愛用マグ

商品コメント

そのまま食卓へも

ごはんのあとに必ずちょっとしたフルーツが必須の我が家。洗って水をきれる家事問屋の盆ざるとまる型トレーが大活躍しています。小泉誠さんデザインなのだそうで、とっても洗練されていてそのままテーブルにだせます。フルーツだけでなく敷紙をしいて揚げ物の器としても使えます。食材を広げて効率良く水切りでき、下ごしらえの道具としても優秀です。

サラダボウルとしても

ちょっとした和え物用に柳宗理のステンレスボール19cmを作っているのですが、ちょっと電子レンジでも使えるボウルがあると便利だと思い、イワキのリップボウル500mlを購入してみました。思ったとおりの使いやすさ。そして、サラダボウルとしても使えて大活躍しています。今日は冬においしい春菊をサラダにしました。

出産祝いにおすすめです

年末年始は久しぶりの集まりがあったり、ベビーの写真入りの年賀状がきたりと出産祝いのことを考える機会が増えますね。出産祝いって何を贈ればいいのか悩みがちですが、そんな時はNUPPUのお食事セットがおすすめです。出産祝いに食器なんて早いかなと思いがちですが、産まれたばかりの時はお母さんは離乳食のことまで頭がまわらないし、時間がたってからプレゼントする場合でもちょうどいいアイテムだと思います。初期の離乳食はまとめて作ってフリージングすることも多いので電子レンジが使える陶器なのもうれしいです。万が一割れてしまっても、保証期間内であれば無償で交換ができます。食洗器もOKなのがお母さんにも優しい。両手で持つタイプのマグや何枚もっていてもうれしいスタイがついているのもおすすめポイントです。

お菓子入れに使っています

秋~冬にかけて、お祭りやハロウィンなどこどもが細々としたお菓子をもらってきます。一度で食べきれない量なので週末に出かけたりするときにもっていくのですが、そんな時に便利なのがスタッシャーです。ビニールのジッパーバッグだとすぐだめになってしまうので、何度も使えて地球に優しい!下茹でしたアスパラやスナップえんどうなどの保存にも使えます。

スタッフ一押しのピーラーです!

今まで夫が独身時代から使っていたセラミック刃ピーラーのユーザーだったのですが、切れ味が悪くなってしまい時々自分の手を切ってしまうように…。スタッフ三木がブログで良さを熱弁していた貝印のに買い替えたところ、明らかに切れ味がちがう!力をいれないでもするするする~っとむけました。もっと早く変えればよかった!今年のベストバイでもスタッフ岩崎がおすすめしています。

かわいい鏡餅です

前までスーパーで買った鏡餅を飾っていた我が家。毎回でるごみやデザインのよさを考えて、今年から中川政七商店の小さな鏡餅飾りを飾っています。てのひらサイズの小さな鏡餅なので、玄関のニッチにも飾れるし保管の時もほとんど場所をとりません。プロキッチンオリジナルの木の四角い小皿の上に置いてかざってもよさそう。

豆皿感覚で使えます

いままでイッタラカステヘルミの10cmプレートをおしょうゆ皿としても使っていましたが、プレートだと浅くておしょうゆがこぼれないか心配でした。幸楽窯の梅の小皿は立ち上がりがあって安心。おしょうゆ皿としてだけではなく、豆皿感覚で普段使いもできます。ハレの日にもぴったり。プロキッチンオリジナルの半月盆と一緒に使うのもおすすめです。

2個いりなので用途別に使えます

おせちはほとんど買っているのですが、甘さを調整できるので栗きんとんはこの数年手作りしています。あと、子どもたちが大好きで結構消費するのと、余っても蒸しパンやお菓子作りにもつかえるので去年からチャレンジしている黒豆。今年はこの鉄茄子をいれて作ってみようと思います。2本入りなのでぬか床にいれっぱなしにしてある1本と白湯を沸かしたり黒豆づくりや砂抜きに使う1本でフル活用しています。

普段使いもしてほしいお重

あまり素敵な写真じゃなくてお恥ずかしいのですが、公園にいった時にいなりずし(味付きおあげを使用)と簡単なおかずをお重につめて持って行きました。見た目ではなく手間重視の内容でしたが、こどもたちには特別感があるようでうれしそうでした。お重はおせちや運動会など、ハレの日に使うイメージでしたがカジュアルにも使おうと思いました。

ヒヤシンス栽培はじめました

こどもたちの保育園で毎年ヒヤシンスを育てているのをみて、いつか我が家でもトライしたいと思いつつ早やうん年。。。とうとう今年は水耕栽培用の球根を買うことができました(いつもやろうやろうと思っている間に時期をのがしていました)。KINTOのアクアカルチャーベースはこのくすんだグレーがインテリアになじみます。上皿を外して切り花を活けるのも楽しみです。

おうちごはん

暮らしのひとコマ