食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料

» ブランドから探す

ARABIAのブランドページ

ARABIA
ARABIA

ARABIA

北欧フィンランドの大自然で育まれたARABIAは、1873年にロールストランド窯の製陶所として創業しました。1945年にカイ・フランクを主任デザイナーに迎えキルタ(ティーマ)を発表したことで、世界的に脚光を集めます。デザイン性・芸術性に優れながらも使い勝手に配慮した実用的な陶器であることがARABIAの特徴で、丸みのあるシェイプ、どっしりとした感触からは心地よい温もりがつたわります。ARABIAではシンプルで多用途につかえる作品だけでなく、ストーリー性がある華やかでアーティスティックな作品も手がけており、オリジナリティー豊かな製品を取りそろえているのもARABIAならではの魅力です。

ARABIAのシリーズ

パラティッシ/Paratiisi

1969年に「フィンランド陶芸界のプリンス」と謳われるビルガー・カイピアイネンのデザインにより製作されました。夏の植物をモチーフにして、青や黄色を多用して描かれた果物と植物のあふれんばかりの力強いエネルギーが、そのままテーブルウェアに落としこまれとても若々しい印象を放ちます。大胆なデザインを独特のタッチで描いています。アイテム毎に少しずつデザインが異なり、豊かな表情を見せてくれるところも魅力的です。何を盛りつけても食材や料理の色を引き立て、テーブルを見事に調和します。まずはメインのプレートから、そして次はマグカップとお気に入りを一つずつ増やしてあなただけの楽園(パラティッシ)をお楽しみください。

ブラック パラティッシ/Black Paratiisi

「フィンランド陶芸界のプリンス」と讃えられたビルガー・カイピアイネンがデザインしたパラティッシシリーズは、1969年に発表されました。 以来、モノトーンのブラックパラティッシは数度の生産中止になりながらも、その人気は衰える事なくたびたび復刻されています。 あたたかなアイボリーの陶肌が引き立つブラックパラティッシは、黒やアイボリーのテーブルウェアとの相性はもちろんの事、赤やオレンジ、ブルーベリー色などお花やフルーツにありそうな色を差し色に使ってコーディネートを楽しめます。上に載せたお料理やお菓子がひときわ映えて美味しそうに見えるのも、このシリーズの人気の理由の一つです。

パープルパラティッシ/Purple Paratiisi

2012年、北欧の老舗百貨店ストックマンの150周年を記念して特別に作られたのがパープルパラティッシシリーズです。パープルパラティッシはこれまでのカラーともブラックともまったく異なる趣をもち、鮮烈なインパクトを放つモチーフはシックなニュアンスカラーでまとめられています。深みのあるむらさき色や艶ややかなオリーブ色をまとったモチーフは水彩画のようなタッチで描かれているため、瑞々しく華やかな雰囲気があります。 他のパラティッシシリーズと組み合わせても上品にまとまり、 料理を引き立て料理と馴染む、テーブルの主役になるシリーズです。

24h アベック/24h Avec

24h Avec はヘイッキ・オルヴォラがデザインした 24h をベースに、KoKoを手掛けたカティ・トゥオミネン=ニーットゥラがデコレーションを施しました。日本では、フィンランドを舞台にした映画「かもめ食堂」の1シーンに登場したことから一躍脚光を浴びました。カティ・トゥオミネン=ニーットゥラは日本の陶芸に造詣が深く、彼女の作品には和の趣を感じさせるものが数多くあります。24h Avecも彼女の作品らしく畳の目のような模様が繊細なタッチで描かれています。シンプルで温かな雰囲気を持つ24h Avecは、和食から洋食まで幅広くお使いいただけるテーブルウェアです。

パストラーリ/Pastoraali

アラビアの装飾デザイナーとして一時代を築いたエステリ・トムラが1965年にデザインしたパストラーリ。パストラーリとはフィンランド語で「牧歌」の意味を持ち、モチーフのベースになっているは古代ギリシャの恋愛物語「ダフニスとクロエ」と言われています。モノクロのデコレーションとブルーのハイライト、そして印象に残る少女と少年を陶器の上に描き、絵画のような作品に仕上げました。2017年、フィンランド独立100周年を記念して発売されたマグをきっかけに再び脚光を浴びているアラビアを代表する人気のシリーズです。

エステリ/Esteri

1973年にARABIA社100周年を記念して一年だけリリースされたエステリが、アイテムを増やしこの度復刻しました。パターンを手掛けたのはアラビア社の装飾デザイナーとして第一線で活躍したエステリ・トムラで、白地に映える鮮やかな青色で描いた大胆な花模様が器全体を彩っています。アラビアの新たなシリーズとして発表された背景には、アラビアに貢献してきたエステリ・トムラへの敬意も込められているそうです。いつまでも色褪せない美しい花々を皆さんの食卓に咲かせてみてはいかがでしょうか。

フィンランド独立100周年

フィンランド独立100周年を迎える2017年、ARABIAから「ARABIA FIN100 MUG」がリリースされました。フィンランドが独立宣言をした1917年から10年ごとに各年代を彩ってきたパターンを1つずつ選出し、マグカップに合うようプリントされています。100年以上の歴史をもつARABIAには多くの人達に愛され続けた名作コレクションが数多く残されており、選出にはアラビアのデザインチームだけでなくファンの好みや動向をリサーチした上、9個のパターンが蘇りました。そして、10個目のパターンとして21世紀におけるアラビアを代表するヘイニ・リータフフタがデザインした新作が2017年に登場。プロキッチンではその中から厳選した5種類をお届けします。

ムーミン/Moomin

原作者トーベ・ヤンソンが描くキャラクターの世界観をそのままに、大人も子供も心が浮き立つムーミンのテーブルウェア。人気のマグは1990年に発売されてからキャラクターデザインのリニューアルを繰り返し、新しいキャラクターの登場や季節限定のマグを発表するなど、ムーミンファンの心を楽しませ続けています。ベースとなっているマグはイッタラ「ティーマ」のもので、マグの中では原画の世界から飛び出してきたキャラクター達が今にも話しかけてきそうなほど愛らしい表情とリアルなポージングで駆け回っています。マグ、グラス共にくつろぎの時間や食事の相棒に、そして大切な方への贈り物にお選びください。

ケト オルヴォッキ/Keto orvokki

2015年、パラティッシをデザインしたビルガー・カイピアイネンの生誕100周年を記念してリリースされました。ケトオルヴォッキとはフィンランド語で「スミレ」の意味をもち、デザインを手掛けたヘイッキ・オルヴォアはパラティッシの中に印象的に描かれている小さなスミレ(三色すみれ)の花をメインモチーフとして選びました。カイピアイネンの瑞々しい感性と、オルヴォアの豊かな想像力が融合した美しいテーブルウェアには、踊るように咲き誇るスミレの花と生命力を感じさせる茎や葉が、情感たっぷりにデザインされています。リラックス感をまとったケトオルヴォッキが素敵な時間をもたらしてくれるでしょう。

ココ/KoKo

2005年にクリスティーナ・リスカ & カティ・トゥオミネン=ニーットゥラの2人が発表したKoKo(ココ)は、これまでのArabiaにはなかったすっきりとしたシェイプデザイン、食卓が賑やかになる明るい色合いが印象的なシリーズです。ディテールにもこだわりが詰まっており、持ちやすさ、バランス、組み合わせの自由さに、KoKoならではの遊び心が感じられます。また、スタッキングをした姿も美しく、コンパクトに収納することができます。同じ色で揃えても、違う色やアイテムでセッティングしても、シンプルなテーブルの差し色として使っても。KoKoの可能性は無限に広がります。

24h トゥオキオ/24h Tuokio

ヘルシンキを拠点に活動をしているヘロリンネ&カッリオの男性ユニットがシンプルな24hをパレットに見立て、濃淡の美しい藍色のパターンを散りばめました。食器のまわりをぐるりと囲むモチーフは使い手の想像力を掻き立て、食事の時間をより楽しいひと時へと導きます。シンプルなデザインなので、和食から洋食まで幅広い料理と相性がよく、見栄えよく盛り付けることができます。Tuokio(トゥオキオ)とはフィンランド語で直訳すると「一瞬、つかの間、瞬間」と訳されます。24時間を意味する24hと一瞬を意味するTuokioを持つテーブルウェアからは、大切なメッセージを受け取ることができるでしょう。

24h

ヘイッキ・オルヴォラによりデザインされたシリーズで、1997年のフランクフルト、アンビエンテ・フェアにおいてデザイン・プラス・アワードを受賞しています。 「いつ、どんな時間でもシンプルにつかえる器」をコンセプトに名づけられた24hは、ネーミングの通り 24h(24時間)どのシチュエーションの食事で使ってもマッチする要素をそなえており、シンプルながらも食卓をやさしく包み込むようなフォルムをもっています。温かみのある乳白色の器は和食から洋食までどんな料理とも相性がよく、ほど良い厚みと手になじむ滑らかなカーブに心地よさを覚えます。デイリーづかいに欠かせないオールマイティなシリーズです。

ARABIAの商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ ARABIAのコメント

おにぎりだけじゃない!

おにぎりだけじゃない!

この器をみると、「かもめ食堂」でも使われていたおにぎりを乗せたくなるのですが、パンにだってもちろん合うんです! 朝食に、あの石原裕次郎が愛したという「葉山旭屋牛肉店」の葉山コロッケと皮パンで、コロッケサンドを作ってみました。素朴なコロッケサンドも爽やかなブルーの器に盛りつけるとちょっとおしゃれな朝食プレートになります!

蟹谷
バイヤー
蟹谷
お刺身の盛り合わせも

お刺身の盛り合わせも

お刺身は買ってきたまま食卓に出すよりうつわに移したいのですが、横長でたくさん盛り付けられるちょうど良いサイズのうつわがあまりないんです。そんな時に思いついたのがサービングプラターです。木のカッティングボードにお刺身は合わないし、衛生的にも心配。陶器なら盛り付けても安心です。

見目
マーケティング
見目
パーティーの主役になります!

パーティーの主役になります!

26cmプレートは我が家には普段使いするのにちょっと大きすぎて出番は少なめですが、ホームパーティーのときなど大人数で食卓を囲むときは大活躍! カラフルで華やかなパラティッシのプレートに、子どもも大人も大好きな唐揚げをワサっと盛り付けてテーブルにドーンと出すだけで見た目も豪華なメインディッシュになります!

蟹谷
バイヤー
蟹谷
本当に使い勝手がいい

本当に使い勝手がいい

パラティッシに山盛りのイチゴ。テーブルがぱっと明るくなります。スープボウルはカラパラとブラパラ合わせて4つ持っています。柄が素敵なのはもちろん、カレーやシチュー、煮物やサラダと本当に使い勝手がいいので、友達のお祝いに送ったことも。ボウルは数個あっても邪魔にならないはず…!

増田
エディトリアル&デザイン
増田
トーストはちょっとはみ出します

トーストはちょっとはみ出します

平日の朝食はパンとトマトと果物が定番化しています。子供はジャム(しかも一口サイズにカットしないと食べない!)、私は残り物でトーストです。時間との闘いの中、手に取るお皿はいつもパラティッシシリーズの16.5cm。トーストにはちょっと小さいけど、準備も片付けもコンパクトにできるこのサイズがありがたい。座って食べる時間はたぶん10分くらいだけど、好きなお皿に元気をもらっています。

増田
エディトリアル&デザイン
増田
ティーカップの定番

ティーカップの定番

我が家では紅茶をいただくときは必ずこのパープルパラティッシィと決めています。 大きさがちょうどいいのと、なんといってもこの淡いパープルの花が上品でティータイムをより一層優雅な時間にしてくれます。 コーヒーはブラックパラティッシ、紅茶はパープルパラティッシ。この組み合わせが我が家では定番です。

蟹谷
バイヤー
蟹谷
ランチョンマットからはみ出さない

ランチョンマットからはみ出さない

「欲しい北欧食器を使ってみました!」企画でわが家にお迎えしたKoKoのオーバルプレート。色々な料理を盛り付けてみましたが、気づけばパスタのお皿が定番に。リムの角度や幅の具合が本当に絶妙で、たくさん盛り付けても少なく盛り付けても美味しそう~に見せてくれます。さらに楕円のお皿は省スペース!この他にサラダとスープが付いても、ランチョンマットからはみ出さずに置けるのも地味に気に入っています。

北村
エディトリアル&デザイン
北村
ソーサーはケーキプレートに!

ソーサーはケーキプレートに!

我が家では、チョコレートケーキとコーヒー、この組み合わせにはブラックパラティッシのコーヒーカップとソーサーをプレートにして使うのが定番! シンプルなケーキにはシックなブラパラがぴったりです。

蟹谷
バイヤー
蟹谷
性別問わずおすすめのムーミンマグ

性別問わずおすすめのムーミンマグ

ぱっと華やかでかわいらしいデザインが多いムーミンマグなのですが、昔から王道かわいい系を選べないあまのじゃくなわたしには、落ち着いたモノトーン基調のこの絵柄がストライクでした。ムーミンだけどキャラもの!という感じがあまりないので、オフィスで使いたい男性にもおすすめです。おしゃれなマグですね!と職場で話題になるかも??

加藤
マーケティング
加藤
口あたりなめらかなスプーン

口あたりなめらかなスプーン

アラビアのムーミンマグも大好きなのですが、隠れた名品はハックマンのカトラリーです。ムーミンにでてくるキャラクターがデザインされているだけでなく、口当たりがとってもいい!こども達用に買いましたが、アイスやヨーグルトを食べる時には自分もこっそり使っています。小さなお子さんがいらっしゃる方へのプレゼントにもいいですよ。

武内
カスタマーエンゲージメント
武内

ARABIAの注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
2019年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp