食器と料理道具の専門店/おいしいで 笑顔をつくる お手伝い プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す

WECKのブランドページ

WECK
WECK

WECK

WECKは1900年にドイツで創業したガラスメーカーです。当時より一般の家庭でごく普通につくられる保存食をいかにシンプルに、かつ安全に長期保存できるかについて長年研究をつづけてきました。創立から90年後、手間も時間も加熱も以前より少なくて済むとてもシンプルで安全な密閉法を紹介し、これまでの瓶づめの常識を一新しました。以来、WECKの手法と製品は世界中にひろまったのです。WECKのキャニスターはバリエーションの豊富さもポイントで「キャニスター×蓋」の組み合わせによって様々なシーンに対応します。可愛らしい苺がトレードマークです。

WECKのシリーズ

モールドシェイプ

WECKのスタンダードであるモールドシェイプは、シンプルな形状と豊富なサイズ展開が特徴です。WECKのキャニスターは全てリサイクルガラスを約50~70%使用し脱色剤などを使用していないため、環境にやさしくガラス本来の色である薄緑色をしています。小さめのサイズは薬味や手作りジャムのおすそ分け、ソースなどを入れてアウトドアに持ちだすこともできますし、大きめのサイズには手作り常備菜を保存したり、唐辛子やバジル、タイムなどのスパイス、乾物の保存に最適です。また、WECKならではの煮沸密閉保存により、食品を長期保存することも可能。蓋のバリエーションが豊富で自由に組み合わせてお使いいただけます。

チューリップシェイプ

花のつぼみをイメージした丸みのあるフォルムが愛らしいです。キャニスターの素材には、リサイクルガラスを約50~70%使用し脱色剤などを使用していないため、環境にやさしくガラス本来の色である薄緑色をしています。手作りのプリンやクリップなどの小物を保存する小さめのサイズから、自家製グラノーラや天然酵母、パン粉や小麦粉の保存、梅酒やらっきょう漬けなどに最適な大きなサイズまでどのサイズも用途を限定せず使え、見た目も美しいので見せる収納でキッチンを彩っても素敵です。

ジュースジャー

持ちやすく注ぎやすいボトルタイプのジャーになります。ミネラルウォーターやフレッシュジュース、オリジナルのフレーバーティー、他にも手作りの麺つゆや出汁を入れてテーブルへ運べば、食事の時間がますます楽しくなりそうです。キャニスターの素材には、リサイクルガラスを約50~70%使用し脱色剤などを使用していないため、環境にやさしくガラス本来の色である薄緑色をしています。細身のジャーはスペースを取らず持ち運びができますので、手作りのミネストローネやポタージュスープなどを保存して外で味わうこともできます。WECKならではの煮沸密閉保存により、食品を新鮮なまま長期保存することも可能です。蓋のバリエーションが豊富で自由に組み合わせてお使いいただけます。

ストレート

シンプルなストレートラインが特徴のキャニスターで、シャープなデザインとデッドスペースを作らずに収納できる点が魅力のひとつです。小さなキャニスターはローリエや小さなお菓子を入れたり、大容量サイズは梅酒や果実シロップ作りにおすすめです。他にも自由なアイデアでWECKを暮らしに取り入れてみてください。WECKならではの煮沸密閉保存により、食品を新鮮なまま長期保存することも可能です。蓋のバリエーションが豊富で自由に組み合わせてお使いいただけます。

クワドロ

WECK初の底が四角いスマートなシルエットのクワドロシリーズは、どのサイズも口径Lサイズと広めになっているため、モノの出し入れや詰め替え作業がスムーズ。保存容器としてだけでなく、器として使ってみたり、キッチン雑貨として使ってみたり・・・食品のニオイや色が移りにくく、油汚れも落ちやすいガラス製だから、アイデア次第で使い方がどんどん広がりそうです。

クグロフ

ヨーロッパの伝統的なお菓子、クグロフ型をキャニスターにしたクグロフシリーズ。容器の底に突起状の膨らみを施し、お菓子の型としても、保存容器とも使えるよう、斜めのうねり模様は丸みを帯び控え目になっていますが、型抜きしたお菓子は小さなお花のような愛らしさ。いくつか揃えておくとスイーツ作りの楽しみが膨らみそうです。

グルメシェイプ

WECKのLINE UPの中で一番口径の広いXLサイズのフタ(直径130mm)に対応したモデルです。口径が広いタイプは保存容器としてだけでなく器としても活用できるのが特徴で、ひじき煮やきんぴらごぼうなどの常備菜を保存したり、グラタンやスープ、ティラミスやチーズケーキなどの器としてもお使いいただけます。また、高さを低くすることで煮沸の際に火の通りが早くスピーディーに調理が可能。調理のシーンがさらに豊かなものになるでしょう。キャニスターの素材には、リサイクルガラスを約50~70%使用し脱色剤などを使用していないため、環境にやさしくガラス本来の色である薄緑色をしています。WECKならではの煮沸密閉保存により、食品を新鮮なまま長期保存することが可能です。

デリカテッセン

中央部分のシェイプが印象的なデリカテッセンは、調理に欠かせない塩や砂糖の調味料や小麦粉などの粉ものを保存したり、注ぎやすい形状をいかしてドレッシングなどを入れてテーブルへ出しても新鮮です。また、穴あきタイプの木蓋をセットしてドリンクグラスとしてつかうと可愛らしさが増すデザイン。蓋のセレクトによってバリエーションに富んだ使い方をお楽しみいただけるシリーズです。

フタ・オプションアイテム

WECKのキャニスターをどのように使うかによって、蓋のセレクトが変わってきます。長期保存用の煮沸・脱気をする時に必需品のクリップ&パッキンセット、よく使う調味料などはプラスティックカバーで開け閉めをスムーズに、そして液体の保存にも安心なシリコンキャップなどなど。自分の暮らしにフィットした使い方をお楽しみください。

WECKの商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ WECKのコメント

最初はパッキンでしっかり!

最初はパッキンでしっかり!

今年も梅仕事の季節がやってきましたね。我が家は先日梅シロップを仕込みました。砂糖が溶け切るまでは瓶ごとゆすらなければならないので、パッキン&クリップでしっかり密閉!これなら漏れを気にせず作業できます。飲めるようになったら開け閉めしやすいシリコンキャップに切り替えます。今年は氷砂糖だけでなく金平糖も一緒に入れました。あーかわいい(自己満足)。結局、溶けちゃうんですけどね~。

田島
お買い物は慎重派
田島
清潔に保てるサイズ感が◎

清潔に保てるサイズ感が◎

塩や砂糖の保管、皆さんはどうされてますか?キッチンに出しっぱなしの我が家は、大き目サイズでは使い切る前に容器が汚れてしまう&中身が固まってしまいアウト。密閉タイプは調理中の開け閉めがめんどくさくて脱落。。。と試行錯誤した結果、ウェックをあえてパッキンなしのガラス蓋のみで使う方法に落ち着きました。このサイズならちょうど汚れが気になる頃に中身がなくなるので、その都度洗ってきれいを保てています。ちなみにお塩は広島産姫ひじきの塩(おすすめ!)、砂糖はてんさい糖ですが固まって困るということはありませんよ~。

田島
お買い物は慎重派
田島
開け閉め楽々♪

開け閉め楽々♪

久しぶりに作った自家製梅シロップ。漬け込み時期はガラス蓋&パッキンクリップでしたが、出来上がって開ける回数が多くなると家族から不満が。。。いろいろあるタイプからお手入れが簡単そうだったシリコンキャップを選びました。使ってみると思ったより柔らかいシリコンで開け閉めがとっても楽!食洗機でお手入れできるのもいいですね~。もうすぐなくなりそうなので、冷凍した梅で2回目を漬け込む予定。その時も活躍してくれそうです。

田島
お買い物は慎重派
田島
ヒタヒタでも大丈夫

ヒタヒタでも大丈夫

実山椒の醤油漬けを作りました。いつもはWECKの保存瓶に詰めたらガラス蓋のまま冷蔵庫に保存してるのですが、今回はヒタヒタになるほど入れてしまったため、(購入したまま寝かせていた)シリコンキャップを採用!ホントに漏れないの〜??と半信半疑で装着してみたところ、瓶の縁を巻き込むようにキャップを付けることができるから、逆さまにしても全く漏れませんでした。これなら冷蔵庫の中で他の保存容器とぶつかってもこぼれる心配なしです。買い足し決定。

北村
植物を愛でる日々
北村
ピッタリで感動!

ピッタリで感動!

カレーに使ったニンジンが大きかったから残りをピクルスに。適当に切った後、さて何に入れよう…とガサゴソしたら、ロミさんのジャム作りでおすそ分けしてもらった時のウェックが。なんと長さも量もピッタリで1人感動!量は箸休め用3人×2回分くらい。蓋が少し面倒なのでプラスティックかシリコンの替え蓋を買う予定です。

増田
おおらかなO型
増田
お弁当のソース入れに

お弁当のソース入れに

「からだが野菜を欲してる〜」という時は温野菜メインのサラダ弁当にします。こちらの小ぶりのウェック瓶にドレッシングビネガー、オリーブオイル、塩胡椒、そしてちょっとお醤油をたらし、オリジナルドレッシングを持参。別売りのシリコンキャップを付ければ液ダレしないので安心です。

中島
動物占いは一匹狼
中島
液ダレの心配ご無用

液ダレの心配ご無用

シリコンキャップは液ダレしないのでお弁当のときにも安心。今日のお弁当は温野菜メインのサラダ弁当。食べる直前に蓋をしたまま上下に振ってサラダにたらり。ビタミンチャージ完了です!夏はぶっかけうどんのタレを入れてうどん弁当もいいかしらなんて考えています。

中島
動物占いは一匹狼
中島
スパイスを飾って楽しむ

スパイスを飾って楽しむ

「見て見て!うちで採れたの」と言って手渡されたのは鮮やかな唐辛子。店長の小林から、家庭菜園で育てたものをおすそ分けで頂きました。やったー!ペペロンチーノやアヒージョなど、ピリッとした辛味がたまりません。キッチンの小窓に、スパイス類をまとめて飾って収納していて見た目にも楽しんでます。

幸塚
花も団子も好き!
幸塚
ガラス蓋の活用方法

ガラス蓋の活用方法

ウェックのガラス蓋って新しくシリコンキャップや木の蓋に変えてしまうと余りがちになりませんか?そんな時スタッフ笹間から鉢受けにするといいよと教えてもらいました。早速試してみると思った以上にぴったり!お水をあげる時もイチゴのマークにもホッコリします。行き場を失ったガラス蓋が今では大活躍中です。

岩谷
田舎暮らしを妄想中
岩谷
水出しコーヒーにも

水出しコーヒーにも

在宅での作業時、飲み物を色々準備をするんですが、水出しコーヒーもすっきりした味でお気に入りです。専用の道具もいいですが、夜のうちにお茶パックにコーヒー豆を入れて仕込んでおくと朝には飲み頃に。500mlはサイズ的にも丁度よいです。蓋はシリコンキャップ!倒しても安心です。

岩谷
田舎暮らしを妄想中
岩谷

WECKの注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
オンライン来店のご案内
2022年6月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp