食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料

» ブランドから探す

KINTOのブランドページ

KINTO
KINTO

KINTO

KINTOは1972年に滋賀県彦根市で創業したキッチン&テーブルウェアメーカーです。「使い心地」と「佇まい」このふたつの調和をコンセプトに、作り手と使い手の心を満たすものづくりを目指しています。KINTOのプロダクトが注目を集める理由は、シンプルながらも愛着が湧く親しみやすいデザイン性とより暮らしが快適になる機能性にあります。手がけているLINE UPも幅広く洋食器から和食器、素材はガラス・陶器・プラスティック、そしてシンプル一辺倒ではなくポップなものまで・・・日々にそっと寄り添う生活道具が揃います。また、KINTOではデザイナーとのコラボレーションにも力を入れており、2009年にはグッドデザイン賞も受賞しています。

KINTOのシリーズ

コーヒー&ティー用品

忙しい毎日のリズムを整えてくれる大切なリラックスタイムには優しい丸みを帯びたポットが似合います。ゆっくり丁寧にドリップしたコーヒー、ポットの中で茶葉が花開くティーポット。パーツ類も少なく、くつろぎの時間を邪魔しないデザインになっています。シンプルなデザインですので、どなたにも気に入っていただけます。大切な方へのプレゼントにもお選びください。

テーブルウェア

日々使うものはストレスを感じさせない使い心地はもちろん、手にするたびに気持ちが浮き立つようなデザインのものが理想です。冷蔵庫の中で縦横自在に置け軽くて割れないウォータージャグや360度どこからでも注げるスタイリッシュなカラフェなど、キントーのテーブルウェアはまさにそんなデザイン性と機能性を兼ね備え、暮らしをワンランクアップしてくれるアイテムです。

キッチンウェア

いくらデザインが素敵でも使い勝手が悪ければ長く付き合うことはできません。キントーのキッチンウェアはどのアイテムも細かなディテールにまでこだわりを持って作られているから、自然と暮らしに馴染み手放せない存在になるのです。表面に滑りにくい加工を施したトレイ、載せた料理がおいしそうに見えるプレイスマットなど、どれもずっと使いたくなる快適さです。

タンブラー

アウトドアから街歩き、オフィスや学校などシチュエーションやスタイルを選ばないシンプルなデザインが魅力のトラベルタンブラー。ボトルは真空二重構造で高い保温保冷効果を持ち、内側には匂いや茶渋などの汚れがつきにくいようになっているのでお好きな飲み物を入れることができます。そして何より快適なのは飲みやすさ。傾けると飲み物がすーっと自然に流れてくるのはストレスがなく愛着がわくポイントです。

ベース

花のある暮らしを身近なものにしてくれるキントーの花瓶。ガラスと真鍮プレートで作られたモダンな一輪挿しや植物の根まで美しく観察できるガラス製の花器など、さっと生けるだけで花の魅力を引き出してくれるから、これまで以上に花を飾ることが好きになりそう。また生花だけでなく多肉植物やサボテン、ベランダで育てているハーブなどを飾りたいときにも。インテリア性の高い花瓶はギフトとしても喜ばれます。

KINTOの商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ KINTOのコメント

ヒヤシンス栽培はじめました

ヒヤシンス栽培はじめました

こどもたちの保育園で毎年ヒヤシンスを育てているのをみて、いつか我が家でもトライしたいと思いつつ早やうん年。。。とうとう今年は水耕栽培用の球根を買うことができました(いつもやろうやろうと思っている間に時期をのがしていました)。KINTOのアクアカルチャーベースはこのくすんだグレーがインテリアになじみます。上皿を外して切り花を活けるのも楽しみです。

武内
カスタマーエンゲージメント
武内
憧れの水耕栽培暮らし

憧れの水耕栽培暮らし

冬の窓辺に飾られた、ムスカリやヒヤシンス。日の光に照らされて、ベースの中の水がキラキラ輝く。そんな生活に憧れていました。そして今秋、ついに私も水耕栽培デビューです。上皿が取り外せるため、水の入れ替えも簡単。これなら私にも続けられそうです。ムスカリとヒヤシンス、サイズ違いで並べて栽培中。

中島
バイヤー
中島
水栽培、楽しんでいます

水栽培、楽しんでいます

多肉植物を水栽培するために購入しました。これまでは家にあった小さめの花瓶や空き瓶を使っていたけど、アクアベースカルチャーは上皿部分でしっかりと植物を支えてくれるから、見た目もいいし水の取り換えもしやすい。これからの季節はヒヤシンスなどの球根栽培も気になります。サイズ違いでもうひとつ欲しいなぁと思う今日この頃です。

北村
エディトリアル&デザイン
北村
いいこと尽くめのグラスです

いいこと尽くめのグラスです

夏の結露対策にいいなと思ったダブルウォールグラスですが、寒い季節にも活躍しそうです。夏に作ったジンジャーシロップが余ったので、ホットジンジャーを作ってみました。手に持っても熱くなく、飲み物の温度も冷めにくい!いいこと尽くめです。

岩谷
エディトリアル&デザイン
岩谷
冷え冷えも、熱々もキープしてくれるグラス

冷え冷えも、熱々もキープしてくれるグラス

秋なのにまだ夏日が続く週末に活躍しているビールグラス。まるで飲み物が宙に浮いているような見た目は、お客さんにサーブする時にも驚かれて、思わずにんまり。ボダムのダブルウォールも持っているのですが、KINTOのは、口元が薄く、外側に反っていて飲みやすく口当たりがいいのです。耐熱ガラスなので、冬になったらホットワインも楽しめるな~と計画中です。

夏らしくガラスの器で

夏らしくガラスの器で

夏になるとみょうがとオクラの出番が多くなります。実はこの野菜を好むのは家族の中でわたしだけ。なので、思い切り自分好みの味付けで楽しんでいます。今日はみょうがとオクラの白だし漬け。 涼しげな料理にはやはりガラスの器が似合いますね。キントーのHIBIボウルはうっすらと色が付いていますが、料理を盛りつけると不思議と料理の色に染まるところがお気に入り。

北村
エディトリアル&デザイン
北村
ストレスフリーのティーポット

ストレスフリーのティーポット

ずっとティーポットが欲しいな~と思いつつもハリオのサーバーで頑張っていたので、以前から気になっていたKINTOのティーポットを使ってみることに。フタと一体の茶こしは茶葉が絡まらずに洗えてストレスがなく、持ち手も大きくて持ちやすい!とシンプルな見た目だけじゃない優秀さに心を掴まれました。ただ、あまり傾けるとフタが外れてしまうので、残り少なくなってきたらフタを抑えて注ぐのがよさそうです。

岩崎
エディトリアル&デザイン
岩崎
毎日の食卓に

毎日の食卓に

スイスでおかゆのような見た目の冷やされたミューズリーをよく見かけました。ただ今その食べやすさにハマっています。キントーのボウルのサイズはシリアルにちょうど良い大きさで、毎日使うと食べる量も把握出来るので、カロリー管理もバッチリ。綺麗なガラスボウルは、他の食事の時間にも大活躍です。

笹間
カスタマーエンゲージメント
笹間
子どもにも扱いやすいガラスボウル

子どもにも扱いやすいガラスボウル

子どもが持つにもちょうどいい大きさのボウル。重心がしっかりしているので食べてるときもボウルが動きにくいので食べやすいみたい。 アイスやヨーグルト、フルーツなどのデザート用のボウルとして大活躍です!

蟹谷
バイヤー
蟹谷
夏のデザートが一気にグレードアップ!

夏のデザートが一気にグレードアップ!

ガラスボウルでパープルの色はなかなかありませんが、透明度が高いので入れたものもキラキラと涼しげで、おいしそうにみせてくれます。 市販のアイスを入れるだけで、なんだかちょっと特別なデザートになりました。

蟹谷
バイヤー
蟹谷

KINTOの注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!新着ブログ
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
2019年11月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp