食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料(沖縄・離島を除く)

» ブランドから探す

や行のカテゴリページ

や行の商品

プロキッチンスタッフ や行のコメント

氷を入れても溶けにくい!

氷を入れても溶けにくい!

我が家では、夏になると毎週末のお昼ごはんは冷やし中華やざるそば、そうめんなど、冷麺がかかせません。追加用の氷を卓上に出しておくときに、このボウルが大活躍です。事前にボウルを冷やしておけばさらに溶けにくくなりますよ。

蟹谷
MD&バイヤー
蟹谷
定番品はやっぱりいい。

定番品はやっぱりいい。

サイズ感的にデザートや茶わん蒸しなどにもちょうどいいので用途を問わず使っています。口に入れたときのなめらかさ、手に持った時の重みなど、「さすが柳宗理!さすが日本製!」と毎回思います。買った当初のピカピカより使い込んだ今の雰囲気の方が好きなアイテムです。

田島
海外MD
田島
手洗いしたい食器や調理道具の水切りに

手洗いしたい食器や調理道具の水切りに

輝きを保ちたいガラス製品や食洗機を使うことが出来ない漆器など、手洗いする食器や調理道具の水切りにつかってます。ほとんどは食洗機で済ませるので、簡易な水切りを探していました。使わないときは丸めて端に置けるのでスッキリと片付いたキッチンになるところも◎です。

笹間
お客さまサポート
笹間
デザイン性も機能性も合格です

デザイン性も機能性も合格です

このI型ピーラーは果物の皮を剥くように使うのがポイント。特にじゃがいもなどの丸い形のものに威力を発揮し、スルスルと皮を剥くことができます。先端を使えばじゃがいもの芽をとることができるし、余計なパーツがないから汚れが溜まりにくく洗い物だってらっくらく。T型ピーラーと併用して使ってもいいと思います。

北村
エディトリアル&デザイン
北村
重ーいふたでも大丈夫

重ーいふたでも大丈夫

我が家ではごはんをルクルーゼで炊いています。すごくおいしく炊けるのですが、いつも鍋ふたのやり場に困ってました。ふたをとって置いておいて、またふたしようとするときに必ず「アチチ…」。でもこのお玉&鍋ふたスタンドがやってきてからはそんなプチストレスがなくなりました。お玉だけでなく菜箸もおけるのでお鍋の季節にも大活躍です。

武内
お客さまサポート
武内
いろんな用途で使い倒しています

いろんな用途で使い倒しています

我が家では三角コーナーを置かず、生ごみが出る都度袋でギュッと縛ってゴミ箱にいれています。このキッチンスタンドを使う前はビニール袋の支えがなく野菜くずの処理が大変だったので今では料理の時に欠かせない存在です。こどもたちの水筒を乾かしたり、タブレットを立てかけておくのにも使っていて、調理中以外も大活躍です。

武内
お客さまサポート
武内
長~い付き合いのフォークです

長~い付き合いのフォークです

16~17年前、台所用品やインダストリアルデザインに興味を持ち始めた時にお友達にプレゼントしてもらった柳宗理のヒメフォーク。当時(今でも)柳宗理のデザインのものを持つことはちょっとしたステイタスだったように思います。そして、今でも変わらず使いやすく、飽きのこないデザイン、やっぱり柳宗理はすごい!

岩谷
エディトリアル&デザイン
岩谷
デッドスペースを収納スペースに

デッドスペースを収納スペースに

レンジの上に物を置くのが嫌で、でも戸棚とのスペースがもったいないなと思ってました。そんなスペースにぴったりのコレ!まな板ってすぐに使うし乾かしておきたいけど、どこかに立てかけて置くのも邪魔なんですよね。でもこれがあれば、使ってすぐさっとしまってさっと出せます。見た目も場所もスッキリして、キッチンが広くなりました!重めの一枚板のまな板も、縦長のカッティングボードも、ちゃんと支えてくれましたよ。

蟹谷
MD&バイヤー
蟹谷
カフェでも使われていました

カフェでも使われていました

虎ノ門のカフェで注文した、ふわっふわ厚焼き玉子の「たまごサンド」。横に並べられたカトラリーは見覚えのあるフォルム。いつも倉庫で眺めているだけでしたが、手に馴染み使いやすい。フォークの形も可愛くてまさに機能美カトラリー!

中島
エディトリアル&デザイン
中島
絶妙なサイズ感です

絶妙なサイズ感です

和え物やサラダ作り、2人分くらいのホットケーキをつくったりと大活躍してます。大きすぎず、狭い作業スペースにもちょうどよい大きさです。デザイン性が高いのに使いやすく、お手入れもしやすいのでサイズ違いもそろえたいです。

武内
お客さまサポート
武内

や行の注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
2018年7月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp