食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料

» ブランドから探す

iittalaのブランドページ

iittala
iittala

iittala

イッタラは、ガラス吹き職人ピーター・マグナス・アブラハムッソンがガラス工場を設立した1881年に創業しました。アルヴァ・アアルト、ティモ・サルパネヴァ、オイバ・トイッカなどにより製作されたガラス製品は、壮大な大自然からのメッセージを有機的なフォルムで表現し、ひんやりとしたガラスに温かな命を吹き込みました。彼らの作品は年代に関わらず色あせないイッタラの象徴と言えるでしょう。現在ではアート要素の強いガラス製品と並行して、実用性のたかい陶磁器やカトラリー、調理器具などのステンレス製品も手がけています。どのシリーズのアイテムも組みあわせることで美しいハーモニーを奏で、暮らしの各シーンに彩りをそえます。

iittalaのシリーズ

ティーマ/Teema

1952年にカイ・フランクがデザインしたティーマは従来の食器の考え方をくつがえし、日常づかいができる単純でベーシックなものにしようと製作されました。2005年にはリニューアルが行われ、更に使いやすく組み合わせの自由度が高まりました。食洗機、オーブン、電子レンジ、フリーザーに使用でき、プレートにも、ベイクにも、何通りにも使いまわせる機能性はティーマならではのもの。北欧らしいカラーを楽しみながら、気軽に毎日使ってほしいテーブルウェアです。華美な装飾をまとっていないフォルムは現代デザインの古典ともいわれ、食卓のスタンダードとして愛され続けています。

カステヘルミ/Kastehelmi

1964年に若きオイバ・トイッカがデザインしたカステヘルミは、朝露のしずくをイメージした大小さまざまな丸いガラスの粒が規則正しく並び、器全体から宝石のようなまばゆい光を放ちます。ヌータヤルヴィで製造され、廃盤ののちも人気は衰えず、2010年にオイバ・トイッカのデザイナー生活50周年を記念して嬉しい復刻となりました。フィンランドの壮大な大自然を内包するカステヘルミのその姿は、光の加減によって変幻自在に表情をかえていきます。朝日を浴びてキラキラと反射する美しさ、キャンドルの灯りによって内から外へと幻想的な影を放つ美しさ、表情豊かなカステヘルミが暮らしに彩りをそえ、あたたかな炎を灯すかぎりこれからも人々を魅了し続けるでしょう。

カルティオ/Kartio

フィンランド三大デザイナーのひとり、カイ・フランクにより1958年にデザインされました。機能的で美しく、ひたすらシンプルなフォルム、そしてその中にも温かみが感じられるのは北欧デザインならではです。「毎日使える」を考えて作られたカルティオは、非常に口当たりがよく適度な厚みが安定感を生み出しています。氷のような透明感は無鉛ガラスの恩恵で、地球環境への配慮も考慮されています。他の器とも調和し、不思議と料理を選ばないのは、自然の色をそのまま映したようなやさしい発色と凛とした佇まいのせいかもしれません。時代を超えたロングセラーです。

アイノ・アアルト/Aino Aalto

女性デザイナー、アイノ・アアルトにより1932年に発表され、以来イッタラ社の代表的シリーズの1つになっています。湖に広がる水の波紋を連想させる規則正しく付けられたグラスのラインは、神秘的な陰影がデザインのアクセントになっているのに加えて水滴がついていても手が滑りにくく、機能的にも大変優れています。空にかかる虹のように、美しくスタッキングできるのも魅力的です。不朽の名作を暮らしに取り入れる喜びは何ものにもかえがたい至福と言えるでしょう。アイノ・アアルトシリーズは、1936年のミラノ・トリエンナーレにて金賞受賞後、世界中の芸術家、デザイナーに大きな影響を与える傑作となりました。

レンピ/Lempi

「普段の生活にも、特別なセレモニーにも使えるグラス」をコンセプトにスウェーデン出身のデザイナー、マッティ・クレネルによって2012年にデザインされました。レンピの愛らしい独特のフォルムは、機能性とデザイン性の両面からのアプローチにより生まれました。非日常を味わわせてくれる短いステムは安定感があり、丸みのあるグラスの形状はスタッキングを可能に、繊細さを残したグラスの薄さは飲み物を五感で楽しめるなど、グラスの新しい可能性を提案しています。飲み物や用途を限定せずつかえるフレキシブルさも支持されています。レンピは「お気に入り」という意味です。

サルヤトン/Sarjaton

ハッリ・コスキネンやアレクシ・クオッカなど、異ジャンルで活躍する若手デザイナー6人が集結してサルヤトンが誕生しました。彼らは北欧の物作りに不可欠な「伝統」「自然」などの要素をしっかりと練りこみつつ自由で柔軟な発想をスパイスとして落とし込みました。 全く同じピースが存在しないパズルのようなサルヤトンは、同じアイテムでありながらいくつものパターン、質感、カラーバリエーションが混在します。しかしどのアイテムを手にしても自然にまとまり、また北欧プロダクトとのコンビネーションも素晴らしいので、枠にとらわれない自由な使い方をお楽しみいただけます。

オリゴ/Origo

アルゼンチン出身のアルフレッド・ハベリが1999年に発表したマルチストライプが特徴のオリゴは、ラテン語の「中心」を意味します。リリース当初はロールストランドの製品でしたが、イッタラに変わったのちにカラーバリエーションを増やし今に至ります。モダンなシェイプと太さの違う色とりどりのストライプ模様は、斬新さと温かさを兼ね備えテーブルの上でひと際華やかに輝く存在になるはずです。オリゴシリーズは各国のハイセンスなセレクトショップなどで人気を呼び、数々のデザイン賞を受賞しています。

アルヴァ・アアルト コレクション/Alvar Aalto Collection

1936年に建築家アルヴァ・アアルトがフィンランドの湖からインスピレーションを受け、美しい曲線を用いてデザインしたアアルト・ベースは20世紀のフィンランドデザインを代表する作品となりました。現在でも世界的な人気を誇り、ベースとしてもオブジェとしてもインテリアに輝きを与えてくれます。テーブルに放射状の湖を描いてくれるキャンドルホルダーはディナータイムをエレガントに演出してくれます。

キビ/Kivi

フィンランド語で「石」の意味をもつKiviは、イッタラとマリメッコのコラボにより誕生したものです。重厚感のあるガラスのキャンドルホルダーはイッタラならではの深みのある美しい色で染められ、まさに宝石そのもののような華やかな存在感があります。カラーバリエーションも豊富で、ニュートラルなクリアからフィンランドの自然からインスパイアされた情景を感じさせる色まで、わたしたちの目を満足させ、集める楽しみに溢れています。単品でつかっても、好みの色をいくつか並べても色がくすむことなく美しさが引き立ちます。キャンドルを灯したときにまばゆく浮かび上がる綺麗な炎に癒されることでしょう。

サルパネヴァ/Sarpaneva

イッタラの「i」マークをデザインしたティモ・サルパネヴァがデザインを手掛け、デザイナー名「サルパネヴァ」を冠する鉄鋳製の鍋です。フィンランドでは切手のデザインに採用されるほどで、北欧デザインの傑作のひとつとされています。鍋の内側の白いホーロー引きはお手入れがしやすく、また、中の料理を引き立てます。独特の形をした木製ハンドルをつかって蓋をあけるサルパネヴァ特有の使い方は、テーブルでの演出の一つとしても楽しんでいただけるでしょう。鋳物なので効率よく熱を伝える機能もお墨付きです。普段の暮らしに使いやすい3Lサイズです。

エゴ/Ego

エゴはアラビア創立125周年を記念して誕生しました。 彫刻家としても活躍しているステファン・リンドフォースがデザインしたエゴは完璧な造形美と強い個性を放ち、リリースから時を経た今も色褪せず私たちを魅了します。 エゴシリーズは全てのパーツのバランスも完璧です。 カップはソーサーの中に全てが納まり、ソーサーはプレートとしての役割を持ちます。 長く伸びたハンドルはスタッキングを可能にし、どのような人の手にも優しくなじみます。 ギフト、おもてなし、普段使いにと、様々なシーンに寄り添うテーブルウェアです。

タイカ/Taika

Taika(タイカ)には デコラティブな動物や装飾的な植物が描かれた寓話の世界が広がっています。 魔法を掛けたのはフィンランド出身のイラストレーター「クラウス・ハーパニエミ」です。 彼が思い描いた幻想的な世界は繊細なディテール、想像力をかき立てられる色使いが切り柄タッチのグラフィックで表現され、見るものを一瞬にして魔法の世界へと誘います。シンプルなAika(アイカ)シリーズがベースになる事でTaikaの魅力を引き出しデイリー使いにもぴったりなテーブルウェアとなりました。大胆なイラストながら落ち着いた色使いなので、大人の遊び心を満たしてくれるシリーズです。

ツァイッカ/Tsaikka

ツァイッカは1957年にティモ・サルパネヴァによってデザインされました。リリースから50年以上経っても色褪せることのないモダンなグラスとして、今なお多くのファンを魅了し続けています。ツァイッカの特徴は、ガラスとステンレスの異素材を組み合わせている点とステンレスホルダーの美しい細工です。ホルダーは取り外しができるためいつも清潔に使え、温かいドリンクを快適に飲むことができます。また、8の字型のハンドルと繊細なモチーフが施されたホルダー部が幻想的な雰囲気を演出。「視覚」と「実用」の両面にアプローチをしています。家族や友人とのくつろぎのひとときにツァイッカのグラスをどうぞ。

エッセンス/Essence

ワインに造詣が深いアルフレッド・ハベリがデザインしたワイングラスです。あらゆるワインの味や香りを引き出す形状を追求しつつ、可能な限りグラスの種類を厳選し「無駄なものを省き、ワインを楽しむためのデザイン」 として完成したのがエッセンスです。都会的な雰囲気をまとうエッセンスのグラスはボウルのボトムにたっぷりとしたボリュームをもたせ、繊細なステムは上にいくほど細身になっていきます。また、グラスの底を平らにすることでワインの酸化を防いでいます。 ディテールのこだわりもアルフレッド・ハベリならではと言えます。よりデイリーに使えるステムなしのタンブラーもございます。テーブルも気分も華やぐグラスです。

チッテリオ98/Citterio98

1998年、アントニオ・チッテリオによりデザインされたチッテリオ98は、イッタラのLINE UPの中でも大変人気の高いカトラリーシリーズでモダンクラシックとして絶賛されました。特徴的なプロポーションをもつフラットなハンドルはやさしく手になじみ、適度な重さがあるためどなたが使っても快適にお使いいただけます。また、コンパクトにスタッキングすることも可能です。艶のないマット仕上げは傷がつきにくいため長きにわたって愛用でき、普段使いからパーティー、フルコースのディナータイム、リラックスタイムまでどのシーンにもしっかりと寄り添い素敵な時間をもたらしてくれます。

ペーパーナプキン

ペーパーナプキンは可愛らしさの中にも清潔感があり、様々なシーンに華を添えてくれますよ。家族で過ごすリラックスした食事の時間からおもてなしの時間。そして、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそう。

ビトリーニ/Vitriini

新進気鋭の若手女性ガラスデザイナー、アヌ・ペンティネン (Anu Penttinen)によってデザインされました。ビトリーニとはフィンランド語で「ショーケース」を意味します。ビトリーニのトレイは、ウイスキーやワインを保存する樽材としても使われるオーク材で作られています。力強くさまざまな表情をみせる美しい木目が特徴で、天然木ならではの質感が食卓を豊かに演出してくれます。ジャムやバターを載せてテーブルセッティングしたり、和食器に盛りつけたお惣菜も似合うマルチなトレイです。

iittalaの商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ iittalaのコメント

冷たいスープにも

冷たいスープにも

暑い季節になると頻繁に作るビシソワーズを朝食に。今回は牛乳多めのあっさりタイプにしたので、そのままゴクゴクっと飲めるようタンブラーに入れました。シンプルな形のカルティオはお気に入りの色が出るたびに買い足しています。

まるで宝石箱

まるで宝石箱

さくらんぼが出回る季節になりました。さくらんぼが大好きなわたしにとっては、とても嬉しい季節です。水滴のようなきらきらしたカステヘルミのボウルにもりつければ、まるで宝石がぎっしり詰まった宝箱のよう♪見た目もきれいでうれしくなってしまいます。

三木
カスタマーエンゲージメント
三木
副菜の盛り付けにも

副菜の盛り付けにも

洋食はもちろん、お浸しや冷や奴にもよく使います。クリアは他の食器と並べてもバランスが良く、冷菜はさらに涼しげに見えるので夏の食卓には欠かせない器です。色違いも持っていますがクリアの出番が断トツで多いです。

見目
マーケティング
見目
冷麺にも!

冷麺にも!

普段はパスタ用に使っているプレートですが、暑い時期には冷たい麺を盛り付けるときにも大活躍! この日は冷しゃぶと野菜をのせたモリモリざるうどん。たっぷり盛り付けても深めの器なのでつゆもこぼれたりしません。白い器に盛り付けるだけで見た目も涼しげになります。

蟹谷
バイヤー
蟹谷
余白を生かして盛付が出来ます

余白を生かして盛付が出来ます

幸塚のスタッフコメントを見て美味しそうだったので、真似してアスパラ・ポーチドエッグのせを作りました。ちょっと大きいかなと思いつつもエゴに盛り付けてみたら、リム&余白の部分がレストランみたいと自己満足♪ピザやパスタに使うことが多かったエゴですが、他のお料理の盛付にもチャレンジしてみます。

大人っぽいグレーで、大人なサラダ

大人っぽいグレーで、大人なサラダ

カステヘルミはボウルやプレート10cmなど、色々愛用していますが、17cmプレートに選んだのは大人っぽいグレー。これがいい感じで食卓を引き締めてくれます。ケーキのお皿としてもかっこよく決まりますが、最近このお皿によくのせるのが、ハマっているアボガドとパクチーのナムル。お気に入りの器で大好物を食べるとテンションも上がります。

岩谷
エディトリアル&デザイン
岩谷
アイスティーを飲みました

アイスティーを飲みました

埼玉にムーミンバレーができました。その入口にメッツアという北欧雑貨を扱うショッピング施設ができたので行ってみました。アラビアのお店もあって通常は販売のみのようですが期間限定で食事もできるとのこと。ランチは他で食べる予定だったのでお茶だけしました。北欧とはちょっと違うかもしれませんが、湖をみながらアイノ・アアルトで飲むとゆったりとした気分になります。

我が家のパスタ皿

我が家のパスタ皿

パスタ用の器としてどれを買おうか迷っていたときに、サルヤトンシリーズが廃盤になると知って急いで買いました。見た目の容量は少なく見えますが、意外と入ります!むしろ、余白があるので盛り付け上手なお皿です。 この日のパスタは菜の花とあさりのペペロンチーノ。大好きなあさりのスープをたっぷり入れましたが、深さもあるのでパスタとスープが絡んで最後までおいしくいただけました。

蟹谷
バイヤー
蟹谷
カルティオ派

カルティオ派

ずーっと前からカルティオ派。浮気をすることなく少しずつ気に入った色を購入してきました。タンブラーは小さすぎるという人もいますが、わたしにはこのサイズがジャスト飲みきりでちょうどいい。食事の時間にも薬を飲むときも、子ども用にも大きすぎず小さすぎずで使えます。シンプルで小ぶりのタンブラーを器として使うのもわたしは好き。器づかいにする時はクリアが見栄えよしでいいですよ。

北村
エディトリアル&デザイン
北村
スープがメインになる器

スープがメインになる器

いつもはスープカップに入れるスープも、この器に盛り付けるだけでレストランで出てくるような雰囲気に。フチの編みこみ部分が他にないデザインで、お気に入りポイントです。 見た目だけでこんなにおしゃれになるので、特に来客時には重宝しています。最初は普段のパスタ用として家族分だけ買いましたが、来客時にも揃えたくて結果的に6枚買ってしまいました~。

蟹谷
バイヤー
蟹谷

iittalaの注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
2019年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp