食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す

iittalaのブランドページ

iittala
iittala

iittala

イッタラは、ガラス吹き職人ピーター・マグナス・アブラハムッソンがガラス工場を設立した1881年に創業しました。アルヴァ・アアルト、ティモ・サルパネヴァ、オイバ・トイッカなどにより製作されたガラス製品は、壮大な大自然からのメッセージを有機的なフォルムで表現し、ひんやりとしたガラスに温かな命を吹き込みました。彼らの作品は年代に関わらず色あせないイッタラの象徴と言えるでしょう。現在ではアート要素の強いガラス製品と並行して、実用性のたかい陶磁器やカトラリー、調理器具などのステンレス製品も手がけています。どのシリーズのアイテムも組みあわせることで美しいハーモニーを奏で、暮らしの各シーンに彩りをそえます。

iittalaのシリーズ

ティーマ/Teema

1952年にカイ・フランクがデザインしたティーマは従来の食器の考え方をくつがえし、日常づかいができる単純でベーシックなものにしようと製作されました。2005年にはリニューアルが行われ、更に使いやすく組み合わせの自由度が高まりました。食洗機、オーブン、電子レンジ、フリーザーに使用でき、プレートにも、ベイクにも、何通りにも使いまわせる機能性はティーマならではのもの。北欧らしいカラーを楽しみながら、気軽に毎日使ってほしいテーブルウェアです。華美な装飾をまとっていないフォルムは現代デザインの古典ともいわれ、食卓のスタンダードとして愛され続けています。

カステヘルミ/Kastehelmi

1964年に若きオイバ・トイッカがデザインしたカステヘルミは、朝露のしずくをイメージした大小さまざまな丸いガラスの粒が規則正しく並び、器全体から宝石のようなまばゆい光を放ちます。ヌータヤルヴィで製造され、廃盤ののちも人気は衰えず、2010年にオイバ・トイッカのデザイナー生活50周年を記念して嬉しい復刻となりました。フィンランドの壮大な大自然を内包するカステヘルミのその姿は、光の加減によって変幻自在に表情をかえていきます。朝日を浴びてキラキラと反射する美しさ、キャンドルの灯りによって内から外へと幻想的な影を放つ美しさ、表情豊かなカステヘルミが暮らしに彩りをそえ、あたたかな炎を灯すかぎりこれからも人々を魅了し続けるでしょう。

カルティオ/Kartio

フィンランド三大デザイナーのひとり、カイ・フランクにより1958年にデザインされました。機能的で美しく、ひたすらシンプルなフォルム、そしてその中にも温かみが感じられるのは北欧デザインならではです。「毎日使える」を考えて作られたカルティオは、非常に口当たりがよく適度な厚みが安定感を生み出しています。氷のような透明感は無鉛ガラスの恩恵で、地球環境への配慮も考慮されています。他の器とも調和し、不思議と料理を選ばないのは、自然の色をそのまま映したようなやさしい発色と凛とした佇まいのせいかもしれません。時代を超えたロングセラーです。

アイノ・アアルト/Aino Aalto

女性デザイナー、アイノ・アアルトにより1932年に発表され、以来イッタラ社の代表的シリーズの1つになっています。湖に広がる水の波紋を連想させる規則正しく付けられたグラスのラインは、神秘的な陰影がデザインのアクセントになっているのに加えて水滴がついていても手が滑りにくく、機能的にも大変優れています。空にかかる虹のように、美しくスタッキングできるのも魅力的です。不朽の名作を暮らしに取り入れる喜びは何ものにもかえがたい至福と言えるでしょう。アイノ・アアルトシリーズは、1936年のミラノ・トリエンナーレにて金賞受賞後、世界中の芸術家、デザイナーに大きな影響を与える傑作となりました。

レンピ/Lempi

「普段の生活にも、特別なセレモニーにも使えるグラス」をコンセプトにスウェーデン出身のデザイナー、マッティ・クレネルによって2012年にデザインされました。レンピの愛らしい独特のフォルムは、機能性とデザイン性の両面からのアプローチにより生まれました。非日常を味わわせてくれる短いステムは安定感があり、丸みのあるグラスの形状はスタッキングを可能に、繊細さを残したグラスの薄さは飲み物を五感で楽しめるなど、グラスの新しい可能性を提案しています。飲み物や用途を限定せずつかえるフレキシブルさも支持されています。レンピは「お気に入り」という意味です。

ラーミ/Raami

イッタラと世界的デザイナー、ジャスパー・モリソンのコラボにより誕生したラーミシリーズ。ラーミとはフィンランド語でフレーム(枠)の意味をもち、テーブルという枠の中で朝食からディナーまで、どんな時にもフィットする新しいダイニングコレクションを作りました。優雅な彩りを添えるワイングラスはシンプルさとエレガントさを組み合わせることで、ワインを存分に楽しみつつディナーの雰囲気を心地よい時間へと誘います。

オリゴ/Origo

アルゼンチン出身のアルフレッド・ハベリが1999年に発表したマルチストライプが特徴のオリゴは、ラテン語の「中心」を意味します。リリース当初はロールストランドの製品でしたが、イッタラに変わったのちにカラーバリエーションを増やし今に至ります。モダンなシェイプと太さの違う色とりどりのストライプ模様は、斬新さと温かさを兼ね備えテーブルの上でひと際華やかに輝く存在になるはずです。オリゴシリーズは各国のハイセンスなセレクトショップなどで人気を呼び、数々のデザイン賞を受賞しています。

タイカ/Taika

Taika(タイカ)には デコラティブな動物や装飾的な植物が描かれた寓話の世界が広がっています。 魔法を掛けたのはフィンランド出身のイラストレーター「クラウス・ハーパニエミ」です。 彼が思い描いた幻想的な世界は繊細なディテール、想像力をかき立てられる色使いが切り柄タッチのグラフィックで表現され、見るものを一瞬にして魔法の世界へと誘います。シンプルなAika(アイカ)シリーズがベースになる事でTaikaの魅力を引き出しデイリー使いにもぴったりなテーブルウェアとなりました。大胆なイラストながら落ち着いた色使いなので、大人の遊び心を満たしてくれるシリーズです。

iittalaの商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ iittalaのコメント

コースターを楽しむグラス

コースターを楽しむグラス

透明感が素敵なデザインのコースターを頂いたので、シンプルなカルティオのクリアと合わせてみました。イメージ通りのさわやかなコーディネートに大満足!暑い季節は見た目から涼しげな雰囲気にするのも大事ですね。

田島
お買い物は慎重派
田島
ハイボールだからこその美しさ

ハイボールだからこその美しさ

カルティオのハイボールはそのサイズ感と重さが気になる方が多い様子。しかし、わたしは無鉛ガラスの美しさを堪能できるハイボールが好みで、ときめく新色がリリースされるたびに少しずつ買い足しています。今のお気に入りカラーは断然エメラルド!濁りのない輝きはまさに宝石のようです。でも、確かに容量は大きめ。そんなときは氷をたっぷりと浮かべて調整しています。

北村
植物を愛でる日々
北村
私のエメラルドコレクション

私のエメラルドコレクション

イッタラのガラスカラーの豊富さに魅了されています。特に深い神秘的なエメラルドは見てるだけでも癒され、テーブルの茶色にも合うお気に入りカラー。カルティオのタンブラーを贈り物でいただいたのをきっかけに、アアルトのベースとハイボールもエメラルドを迎えました。ベランダで育てたミントをハイボールに添えて飲むのが私の休日ルーティンです(笑)

幸塚
花も団子も好き!
幸塚
私にはちょうど良いサイズ感

私にはちょうど良いサイズ感

適量って人それぞれ違いますが、私の適量はアイノのハイボール。小さ過ぎず、大き過ぎずでちょうど良いサイズ感なんです。このボコボコした側面のおかげで結露していてもツルッといきにくくて安心。涼やかなウォーターグリーンのグラスには炭酸の泡がよく似合う!

中島
動物占いは一匹狼
中島
毎朝のヨーグルト用

毎朝のヨーグルト用

免疫力アップのために無糖タイプのヨーグルトに季節のフルーツやジャムで甘さをプラスして、毎朝食べるようにしています。カステヘルミのボウルは我が家のお気に入り・パルテノ1個にちょうどいいサイズ。朝の食卓に欠かせない器です。

田島
お買い物は慎重派
田島
ウォーターグリーン色が涼やか

ウォーターグリーン色が涼やか

イッタラのグラスはカルティオもアイノ・アアルトもカラーバリエーションが豊富なのがうれしいところ。全部同じ色でもいいですが、色違いで人数分揃えるのも素敵です。水の波紋にインスピレーションを得たデザインのアイノ・アアルトのグラスのなかでも沖縄の海の色のようなウォーターグリーンがお気にいりです。

武内
万年料理修行中
武内

iittalaの注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
オンライン来店はじめます!
2021年11月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp