食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す
かき氷

こどもも大人も楽しい
一緒にかき氷

夏の定番おやつ「かき氷」 今年はシロップから手作りして、 おうちかき氷を楽しみませんか? 子どもと一緒に作れる簡単シロップから、 大人も楽しめるお店のような本格シロップまで、 夏のおやつ時間を楽しみましょう。


番外編:大人が楽しい!ワインかき氷を作ってみました

かき氷

お揃いのエプロンを着けた途端、テンション上がりっぱなし。 「いらっしゃいませ~。どのかき氷にしますか?」 とかき氷屋さんごっこが始まっちゃいました。 リズムよく削られていくふわっふわの氷は、 出来上がるまでのわくわくが詰まってます。 一緒につくると楽しい。

かき氷

フルーツやチョコレートを使ってトッピング。 大好きな動物や家族みんなの顔、どんなお顔ができるかな?

かき氷

自分で作ったかき氷は美味しさも格別。 大きなお口でいただきます。

それでは、料理上手のスタッフ見目が自宅で簡単に作れちゃうシロップをご紹介。大人が楽しめるひと味違ったかき氷シロップもございますので、ぜひ作ってみて下さいね。

【10秒できる】 ゴロゴロいちごミルク

かき氷

果肉がゴロっと入ったいちごジャムにお湯を混ぜるだけでできあがり。定番のいちごシロップはひと手間でワンランクアップ! 器は廣田硝子の雪の花。口の広いレトロなデザインのデザートボールは、これぞかき氷皿!

材料 

粒が大きいいちごジャム
大さじ3
お湯
適量
練乳
適量

作り方

  1. いちごジャムに好みのとろみになるようにお湯を少しずつ入れよく混ぜる。
    1
  2. 器にいちごシロップを少し入れる。氷を削り、途中でいちごシロップをかける。
    2
  3. さらに氷を削りいちごシロップをかける。仕上げに練乳をかける。
    3

【親子で作ろう】 しろくま

かき氷

どんな顔ができるかな?フルーツやチョコレートをトッピングして、親子でオリジナルのしろくま作りを楽しみましょう。廣田硝子 雪の花 フラッペに入れれば、横から見てもまんまるかわいい顔ができますよ。

材料 

フルーツ缶
1缶
麦チョコ
適量
練乳
適量

作り方

  1. 氷を削って形を丸く整える。
    1
  2. 練乳をかける。
    2
  3. フルーツやチョコレートで顔を作る。
    3

【野菜も一緒に】オレンジ&トマト

かき氷

オレンジとトマトの爽やかな酸味が合わさった、彩り鮮やかなシロップ。苦手なトマトも甘いシロップになったら食べれるかも。カステヘルミの宝石のような粒が、かき氷をキラキラ美しくしてくれます。

材料 

オレンジ
1個
ドライトマト
3粒
砂糖
40~50g

作り方

  1. オレンジの皮、薄皮、種をとり、砂糖をまぶしてレンジで3分温める。
    1
  2. カットしたドライトマトを①に入れる。
    2
  3. 器に②を少し入れる。氷を削り、さらに上から②をかける。
    3

【贅沢にアレンジ】  ティラミス

かき氷

プロキッチンスタッフ人気NO.1! 話題のティラミスかき氷。ミルク氷とティラミスの贅沢な組み合わせに心がときめきます。進化系かき氷には白山陶器 平茶わんと合わせて斬新に。同系色のティラミスカラーでまとめると和食器でも違和感なく盛り付けられますよ。

材料 

牛乳製氷カップ
1個
生クリーム
60cc
マスカルポーネ
100g
インスタントコーヒー(アイスコーヒー用)
適量
ココア
適量
砂糖
30~40g

作り方

  1. 製氷カップで牛乳氷を作る
    1
  2. 生クリームに砂糖を入れ泡だて器で角が立つまでまぜ、マスカルポーネを合わせて好みの固さまでまぜる。
    2
  3. 牛乳氷を削る。途中でインスタントコーヒーをかける。
    3
  4. ②をかき氷の上にのせて仕上げにココアをかける。
    4

【大人が楽しむ】 抹茶白玉あずき

かき氷

甘味+旨味+苦味がそろった大人かき氷といえば、抹茶白玉あずき。余白がある和食器に盛り付けるのが◎。重厚感のある馬場商店 たたら 中鉢を使って茶寮のような本格かき氷に。

材料 

抹茶
大さじ2
お湯
少々
砂糖
20g
粒あん
100g
白玉
6個

作り方

  1. 抹茶と砂糖を合わせてお湯で溶く。
    1
  2. 氷を削り、途中で抹茶シロップをかけ、さらに氷を削り抹茶シロップをかける。
    2
  3. 白玉と粒あんをそえる。
    3

みんなでワイワイかき氷パーティーに

かき氷

友達を呼んでみんなでワイワイかき氷パーティー、そんな時は使い捨ての紙食器wasara。手に持っても氷の冷たさを感じないので、大盛りかき氷ができますよ。紙の特性を活かし外側に好きな絵を書いて、オリジナルの器を作ると楽しみも倍増しそう。