食器と料理道具の専門店/おいしいで 笑顔をつくる お手伝い プロキッチン

送料:690円 税込13,000円以上送料無料(沖縄県を除く)

» ブランドから探す

conteのブランドページ

conte
conte

conte

革新的なデザインと高い技術が落とし込まれたconte(コンテ)のキッチンツール。登場以来、多くの料理人たちから注目を集めています。手がけるのはステンレス製品の一大産地として有名な新潟県燕三条にある一菱金属。1970年の創業以来、金属プレスを主軸として生産してきた一菱金属が新たな試みとして誕生させたコンテは、瑞々などのデザインを手がけるプロダクトデザイナーの小野里奈さん、「ひとり問屋」として活動をする日野明子さん、そして一菱金属の江口 広哲さんの3人チームのプロジェクトから開発されました。

コンテ(conte)というネーミングには、たくさんの職人の手、燕の分業の象徴とも言えるコンテナの意味合いが掛けられていて、長く使われ続ける道具でありたいとの願いを込めてつけられています。

conte(コンテ)

当店では取り扱いに先駆けて2021年にオープンしたばかりの『体験型実店舗』でコンテの生みの親である江口さんに商品の説明をしていただきながら、実際に商品を手に取ってその機能美を体感してきました!体験型という名前の通り、店舗の中に独立型のキッチンが造りつけられていて、こしますのオイルポットを使って、どの位置で油を注いで止めてもたれずに油が切れるのに感動したり、こんな使い方もあるよ、と面白いボウルとザルの活用方法も教えて下さったり、終始ワクワクしっぱなしでお話を聞いてきました。


conte(コンテ)


まかないボウル

製菓のボウルをヒントに作られたという「まかないボウル」の他にはない特徴が、ミキシングのしやすい縦型のシルエット。径は小さく深さのあるカタチは、混ぜる・泡立てるの作業をするときにその良さを実感していただけます。径の広いボウルで泡だてをすると中のものが勢いよく飛び散ることがありますが、このまかないボウルなら飛び散りの心配が少なく、さらに手の回転もコンパクトで済むため素早く泡立てることができるのです。

conte(コンテ)

そして、ネーミングのまかない。フチの巻き込みをなくしたデザインから付けられたもので、よくあるフチのくるんとカールした巻き込みをなくすことで、汚れがたまらずいつも清潔。さらに嬉しいことに、フチのそり返りのおかげで、卵液などを注いでも液だれしにくく、注いだ後にたらっと垂れることがありません。どこにも凹凸がない滑らかなデザインは洗い物もしやすいですよ。

conte(コンテ)

底面が小さいけど安定感はどうなの?と思われた方、ご安心ください。 一般的なものより倍以上のステンレスを使って、下から引き延ばして作ることで、重心が下にくるように作られています。作業がしやすい安定感があり、大きなお玉を入れてもカタンっと倒れることはありません。かと言って、手にした時にズシッとした重たさを感じることはなく、手に持って作業をしやすい程よい重さになっています。キッチンでも収納スペースでも場所を取らないコンパクトなカタチ、ボウルとフチの厚みを変えることでスタッキング収納をしても取り出しやすい、見た目以上に容量たっぷり・・・料理が楽しくなる道具とはこういうことなのかもしれません。


まかない丸バット、まかない平ザル

パンチング仕上げの平ザルはメッシュタイプのザルのように網目に食材が入り込んでしまうことがなく、使い終わった後はスポンジでなでるように洗うだけで汚れがスッキリ落とせます。しかも、この平ザルはパンチングの穴が全てが綺麗な正円。水が均一にさーっと流れていく快適さに加え、道具としての美しさも感じさせます。スリムなカタチは場所を取らずに隙間収納が可能です。
conte(コンテ)

スリムに仕上がった丸バットはアイデア次第で用途が広がるアイテムです。切った食材を一時的に置くスペースとして使ったり、フライの衣をつけるときは3つ並べて、時にはプレート代わりとして食卓に出しても。平ザル丸バットともに、フチに巻き込みがないため、汚れや水が溜まらず、洗ったあとはキッチンタオルで拭いてすぐにしまうことができます。
conte(コンテ)

さらに、まかないシリーズは3つのアイテムを組み合わせることで、台所仕事の快適さが飛躍的に増してきます。


組み合わせの使い方例

conte(コンテ)


こします・やくさじ

コンテファンに人気の高いオイルポット、こします。それまで敬遠していた揚げ物調理が身近になったとの声をよく耳にするアイテムです。小ぶりでシンプルなデザインに加え、まかないシリーズ同様にフチの巻き込みがないため、一番厄介な油切れ問題を解消してくれます。本体・こしアミ・蓋の3つからなり、3つのハンドルの位置を合わせ、指で押し上げることで蓋とこしアミが開き、油を注ぐことができます。

conte(コンテ)

少量の油で揚げ物や揚げ焼きをする方、油慣らしをした後の油を戻すとき、勢いよく油を出し過ぎちゃったときは小さい300ml。よく揚げ物をされる方なら大きい700mlがおすすめです。オイルポットとして使わないときは計量カップとしてもお使いいただけます。





conte(コンテ)

何を隠そう、このやくさじ。一本で計る、混ぜる、すくうなど何役もこなす頼もしさ。大さじ15mlと小さじ5mlの2種類があり、どちらもハンドルが長く、スプーン部分を浅めに仕上げています。そのため、半球型の計量スプーンと比較すると味噌や粉物の計量をした際にスプーンに残りにくく、汚れを落としやすいのがポイント。浅めにしてもスプーンとハンドルの角度を調整することで、水平を保ちながら正確な計量ができます。

長いハンドルは計量したあと、そのままお鍋に入れてかき混ぜたり、瓶詰めの調味料を瓶からすくって鍋に移すまでこの一本でまかなえます。ちょっと裏技的な使い方ですが、ハンドルの先端部分を使ってうっかり固まってしまった砂糖などをほぐすときにも出番があります。

conteの商品

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキッチンスタッフ conteのコメント

干ししいたけが浮いてこない!!

干ししいたけが浮いてこない!!

今までさんざん試行錯誤してきた干ししいたけの戻し方問題。水面にラップを密着させてみたり、空き瓶に水と干ししいたけをいれてみたりしてきましたが、ついにこの問題を解決するアイテムに出会いました。コンテのまかないボウル180に1サイズ小さいまかない平ザル130を落とし蓋として使えば、パンチ穴から上部に水を逃がしつつ、程よい重さで浮き上がってくる干ししいたけを押さえられるので、しいたけの全身が水に浸かるのです。これで途中、ひっくり返すけど軽い部分が浮いちゃってイライラすることも無く、硬い部分が残っちゃうという悲しい出来事はなくなりプチストレスから解放されました!

三木
よく食べよく飲む
三木
納豆そばの食器として使ってもいい感じ

納豆そばの食器として使ってもいい感じ

最近、健康のためにほぼ毎日納豆を食べています。納豆をさらに美味しくいただきたいので、色々なレシピで作ってみました。その中、一番好きな組み合わせは今回の納豆そばです。 食器はconteのまかないボール、丸バット、平ザルをセットで使っています。13cmの小さいサイズなので、キッチンだけではなく、食卓に出しても良い感じですね! あと、今回の組み合わせは本当においしいと思いますので、 皆さんにもシェアしたいです!納豆好きの方、是非試してみてください! お蕎麦:1食分 納豆:2パック 黒豆と大豆 もずく酢:1パック 大葉:お好きな量でどうぞ 大根おろし:少し多めにおろした方がいい! 荏胡麻油かオリーブオイル:1さじ  ミニトマトは飾りだけ、他の食材でも大丈夫です。 最後、練りワサビを添え、麺つゆをかけます。 混ぜてから食べましょう!

李
自炊記録つけてます
本当に液だれしない!

本当に液だれしない!

揚げ物はお店で買った方が断然おいしいと長年思っていましたが、揚げたてのおいしさを知ってからは家でも時々揚げものをするようになりました。少ない油で揚げたり、揚げ焼きすることが多いので一般的なオイルポットだと大きすぎで場所をとるからと琺瑯容器をオイルポットとして使っていたので、小さいサイズのあるコンテこしますの取り扱いを待ち望んでいました。サイズ感は理想通りでキッチンを圧迫しないし、使ってみて驚いたのは注ぐときの液だれがしないこと。ポット自体や周りがべたべたしなくて、パーツもすべて簡単に分けて洗いやすく感激です。鉄フライパンの油返しで使うのにもちょうどいいです。

武内
万年料理修行中
武内

conteの注目商品

料理道具

食器

生活雑貨

プロキッチン スタッフ ブログ スタッフの暮らし公開中!
食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチンスタッフのレシピ
オンライン来店のご案内
2022年5月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

営業時間のお知らせ
平日10:00~13:00、14:00~17:00
(電話応対、メール返信、出荷業務)
※土日祝日は休業
※土曜日は出荷業務のみ
TEL:(03)-6219-5621
MAIL:info@prokitchen.co.jp