食器と料理道具の専門店/自分らしく暮らしをみがく プロキッチン

送料:540円 税込10,800円以上送料無料

» ブランドから探す
包丁の選び方

これで解決!
「包丁の選び方」

毎日の調理に欠かすことができない“切る作業”をこなす包丁。皆さんは自分の手に合った扱いやすい包丁を使っていますか?しかし、いざ包丁を買い替えようとしても売り場には三徳、刺身、出刃、牛刀。材質もステンレスや鋼など多種多様な包丁が並び、どれを選んでいいのか迷います。そこで、プロキッチンでは家庭料理を作るときに揃えておきたい基本の包丁をセレクトしてご紹介。包丁の種類、特徴などを知れば自分と相性のよい包丁が見つかるはずです。包丁は一度購入すると買い替えのタイミングがなかなか難しいものなので、この機会にご自宅の包丁を総点検してみましょう。

三徳包丁 ミソノ
三徳包丁
三徳包丁

オールマイティーな包丁といえば、この三徳包丁。社内の事前アンケートでもほぼ全員がよく使う包丁として三徳をあげていました。三徳は菜切り包丁と牛刀の切先を組み合わせた、いいとこどりの包丁で安定感のある使い心地が人気。刃の幅が広く食材を限定せずひと通りの切る作業をこなすことができる万能は、はじめの一本に選ぶ人が多いほど。とにかく出番の多い包丁なので、多少値段が高くてもとことんこだわって選んでほしい包丁です。

見目グローバルの三徳包丁が刃こぼれしていたのでオススメされたミソノに買い換えました。決め手のポイントは重さです。黒い柄は見た目の重厚感があるので重いのかなと思っていましたが実際使ってみると重すぎず、軽すぎずのほどよい重さです。力を入れずにすっと刃が入り、適度な重さがトントントンと千切りもリズムよく切ることができます。疲れず、安定感のある絶妙な重さのバランスが手に馴染みが良く、ずっと前から使っていたかなと思うくらい初めから使いやすさを感じました。プロの料理人に愛用者が多いのが納得できる1本です。

笹間何種類かの包丁を持っていて、刺身や出刃はその都度使いますが、ほとんど三徳で済ませています。あまり軽いものより、適度な重みのあるもの、刃が固くて安心感のあるものが相性が良いなと感じてます。先日嫁いだ娘には、ミソノの三徳とペティナイフを持たせました。まずはこの2本を使って、自分に合った包丁を探してくれたらいいなと思ってます。

牛刀 ダイク DYK
牛刀
牛刀

洋包丁を代表する牛刀は名前から肉専用と思われがちですが、三徳のように肉・魚・野菜を切ることができる守備範囲の広い包丁です。最近では三徳と並んではじめの一本に選ぶ人が増えています。三徳に比べ刃が長く反っているため、牛肉の塊肉を押し切りにしたり、お刺身を引くのにも向いています。また鋭利な刃先を使って肉の筋切りをしたり、魚の下ごしらえをこなすことも。まな板は包丁の長さに合わせて選ぶことが大切なポイントです。

田島牛刀とペティとパン切り包丁の3本を使ってます。果物やお弁当のおかずなどちょっとしたものを切るときはペティで、その他のものは全て牛刀を使います。私は長さがあるほうが使いやすいので、キャベツの千切りから肉や魚まで全てこれ一本です!木柄はいいなと思いますが、お手入れや衛生面が不安なので食洗機に使えるステンレスの一体型を選んでます。

菜切り
菜切り
菜切り

昔ながらの和包丁で、主に野菜を刻むのに適しています。刃の形は尖りのない四角形で刃が薄く幅広いのが特徴。玉ねぎのみじん切りやキャベツの千切り、かさのある白菜などを切るとこれまで経験した事のない快適さを実感できるはず。まさにトントントンと軽快な音を立てながら野菜を刻んでいきます。また刃に厚みがないため大根のかつらむきもスムーズに切ることができますよ。三徳包丁や牛刀、ペティナイフを揃え、次のステップに移りたい人にもおすすめの包丁です。

中島野菜を切ることが多いので、菜切り包丁は欠かせません。キッチンに立つとまず菜切りで白菜、大根など野菜をザクザク切り分けます。嫁入り道具で母からもらったノーブランドの菜切りがあまりにも使い勝手が良かったので、志津刃物の菜切りを購入。刃が薄くて軽いのでとっても扱いやすいと感じました。見た目も好みでお気に入りの一本です。

ペティナイフ
ペティナイフ
ペティナイフ

ペティナイフは洋包丁の牛刀を小さくしたもの。 刃が短くコンパクトなため手の動きがダイレクトに伝わり、野菜や果物の皮むきや飾り切りなどの細かな作業が得意です。果物ナイフというイメージがありますが、使ってみると意外に小回りが利き多用途に活躍できる包丁で、手の小さな方はメインの包丁として使っている人も多いです。活用度の高いペティナイフはお気に入りを一本揃えておきましょう。

三木私が感動したペティはミソノ。玉ねぎが一番分かりやすいのですが、いままでで一番細かくみじん切りできました。玉ねぎのスライスも本当に薄く切れるのでスライスオニオン食べる頻度が上がりました!ちなみに、玉ねぎもそうですが、特におすすめしたいのはネギのみじん切り。つぶさず切れるのでおいしさも違いますよ!!

北村手が小さいので小回りが利くペティをよく手に取ります。シャープナーでこまめに手入れをしてると切れ味の良さがキープできるので、肉でも野菜でも切りにくさを感じることはありません。柳宗理のグリップは滑らないデザインだし、一体型は汚れの付着を気にしなくていいのでお気に入り。でも、たまに三徳を使うとやっぱり安定感があって切りやすいと実は思っています。

用途に合わせて使い分け

プロキッチンが提案する包丁の揃え方は「三徳包丁」、「牛刀」、「菜切り包丁」、「ペティナイフ」の4本です。一般的には菜切り包丁はあまり馴染みのない形かもしれませんが、野菜好きの方にはぜひ足していただきたい包丁です。用途に合わせて自在に使い分けると手際がよく作業がはかどり、完成した料理の見た目や食感がグンと良くなりますよ。毎日使うものだからこそ、これぞ!という一本を選んでいただきたいと思います。そして、愛用している包丁は買った時の切れ味を保つためにこまめに研ぐことをお忘れなく。


けど、やっぱりどの包丁を選んでいいの?と言う方にはミソノの包丁がおすすめ。ミソノの包丁は質実剛健タイプで使いやすさ、手入れのしやすさ、価格、全てにおいて満足度の高い包丁です。作りも非常に美しく高級感がありプロキッチンがいま一番プッシュしたい包丁ブランドなんです。そんなイチオシの包丁を皆さんにも試していただきたいと思い、
5/10(金)12:30~5/29日(水)9:59まで
ミソノ全アイテムを10%OFFでご紹介させていただきます!

プロキッチンスタッフも大絶賛!買って後悔することのない包丁です。ぜひお試しくださいね。